マドンナ的な役員秘書はウブな処女だった

この体験談は約 4 分で読めます。

約30年前、私は当時、会社の中で海外営業グループにいて、主に米国を担当していた。
海外出張も度々経験していた。
本社役員が海外へ出張する際には、出張スケジュールから色んなことまで、その地域を担当する者がハンドルしていた。
現地とのアレンジはもとより、役員秘書との密接なコンタクトも欠かせない仕事であった。

よくコンタクトしていた役員秘書がいた。
当時25歳だった彼女は、秘書の中でもマドンナ的存在であった。
当時、私は独身、そして会社人間になりかけの時代。
だんだんとその秘書のことが私の脳裏にこびりつくようになってきた。

会社の中では、ほとんど誰も秘書には手を出さないし、高嶺の花でもあった。
その点、私は恵まれていた。
役員に出張スケジュールなどを報告するたびに秘書と連絡を取り合った。

ある日、思い切ってデートに誘ってみた。
結果はOKだった。
役員スケジュール並に彼女とのデートスケジュールを作成し、見せた。
車で富士五湖へのドライブ。
行程、予定時間、昼食の場所、帰りの行程、夕食、それに彼女の自宅近くに到着する予定時間など、まさに仕事同様のスケジュール表だった。
彼女は驚くと同時に感心していた。

当日、私が車で迎えに行き、ドライブを楽しんだ。
彼女とはこれまでも何度か役員にコンタクトする際に話していたので、すぐに打ち解けて車内では話が弾んだ。
昼食が終わる頃には、はたから見ると恋人同士のように見えた(と思っている)。

帰り際、どうしても彼女を自分のものにしたかった。
しばらく車内で沈黙が続いた。
綺麗な海岸で駐車した。
二人で海を見ながら肩をそっと抱き寄せた。
彼女は特に拒否する様子でもなかった。
それで思い切って唇を奪った。
彼女びっくりして抵抗しようとしたが、男の力には敵わなかった。
強引にキスをして抱き寄せた。
彼女は抵抗をやめた。
その後、自宅近くに送っていった。

二度目のデートのとき、前回と異なったコースをドライブした。
山の頂上近くに車を停めて、二人で肩を寄せ合いながら話をしていたとき、ふと会話が途切れた。
抱き寄せてキスをして、夏だったので、薄着している上からバストを揉んだ。
周りには誰もいなかったので、意を決してスカートの中に手を入れていった。
パンスト越しにパンティの上からそっと割れ目に沿って指を動かした。
彼女は黙って目を閉じていた。

やがてパンティの上部から手を入れて、彼女の敏感なところを直に触った。
もう割れ目はヌルヌルしていた。
指を膣の中に入れてかき混ぜた。
彼女は声を出し始めた。
しかし、周りに人の気配を感じたので、そこでやめて車を動かした。

どうしても先ほどの余韻が残っていたので、黙ってモーテルに入っていった。
彼女は少しボーっとしていたようで気がつかなかった。
部屋に半ば強引に連れて行き、ベッドに座らせるように促しながら抱き締めた。

「どうしても君が欲しい」

そう言うと黙っていた。
スカートの中に手を入れながら抱き締めた。
もう膣の周りはびしょびしょの状態だった。
私はパンストとパンティを脱がした。
若干抵抗された。
でも続行した。

両足を開くと、綺麗なサーモンピンクの割れ目が見えた。
彼女は「恥ずかしい」と言いながら両手で顔を覆った。
まだウブなんだと感動しながら、そっとクリを舐めた。
ピクッと彼女の身体が反応した。
独特の匂いのするオマンコだった。
この匂いが心地良く、また興奮させた。

愛撫を続けて、どうしてもペニスを入れたくなり、挿入しようとしたら彼女が慌てて腰を引いた。
訳を聞くと・・・。

「恥ずかしい、まだ経験ないの」

彼女が小声で言った。
私は嬉しくなり、「大丈夫、優しくするから、いつかは経験しなければならないんだから」などと訳のわからないことを言いながら、彼女のオマンコにペニスを挿入していった。

ものすごい締りだった。
やっとのことで半分程挿入した。
周りはビチョビチョに濡れているのだが、膣奥へは入っていかない。
彼女は歯を食いしばっていた。
私は腰を使って半ば強引に進んだ。
急に抵抗がなくなり、膣奥深く入ってしまった。

でもそこから、ものすごい締め付けが私のペニスを襲った。
もう耐えられないくらいの締め付け。
たまらず彼女の膣奥深く出してしまった。

しまった、と思ってももう遅い。
彼女も中に出したのがわかったらしく、「どうして出したの?今日は危険日なのに・・・」と涙ぐんで言われた。
私は、「君が可愛くて、処女だったから、つい嬉しくなって出してしまった。必ず責任を取るから」と言って慰めた。

そのあと、彼女を愛撫して痛みが取れた頃、何度も挿入して放出した。
たぶん4~5回は中出したと記憶している。
彼女のオマンコを存分に堪能してペニスを抜くと、ピンク色の精液がドロッと流れ出してきた。
ペニスは鮮血で赤く染まっていた。