裸族で過ごす熟年夫婦の変態生活が娘夫婦まで巻き込んで

この体験談は約 7 分で読めます。

この話は、私と妻が倦怠期を乗り越えるためにやった変態的な行為がエスカレートしてしまった果てに起こってしまった出来事です。

私は正和(48歳)と言います。
妻は由美子(43歳)で、主婦をしています。
私たちには有紀(22歳)という一人娘がいるのですが、昨年、短大生時代にバイト先で知り合ったと隆久君(28歳)と結婚し、娘夫婦は新居を構え、私たち夫婦2人での生活が始まりました。

もともと夫婦仲は良く、娘が高校生の頃も妻と毎晩のようにセックスしていたのですが、娘から「受験前なのに!」とクレームを受けてしまうくらいでした。
娘に叱られたことで、急速に行為の回数が減ってしまい、いつしかセックスレスになっていったのです。

そんな私たちですが、娘が出て行き2人だけの生活が始まり、お互いなんとなく再び前のような生活に戻りたいような気持ちが高まってきました。
完全なセックスレスになって2年が過ぎていて、私の中では、もう普通にセックスがしたいというだけではない欲望が膨れ上がっていたのです。
それを妻に打ち明けました。

私「由美子。実は相談があって。2人っきりになったことだし、以前のように由美子と毎日エッチなことしたいんだけど。でも普通にエッチするだけじゃなくて、もっと変わったことというか、刺激的なことがしたいんだ」

妻「あなたったら・・・。どんなこと考えてるの?一応聞いてあげるけど」

私「でも聞いたら、由美子、俺のこと嫌いになるんじゃないのか?」

妻「いいじゃない?聞くだけだし。やるとは言ってないよ!」

私「じゃあ言うけど。お互い2人でいる間は部屋の中では一切服を着ないで過ごすってのを考えたんだけど。要は裸になるってこと。もちろん下着もなし。お互い見せ合うことで興奮して気持ちも若返るだろうし、俺、たぶん由美子の裸を見たいし、毎日でもまだできると思うんだ!」

妻「うーん。恥ずかしいような気もするけど、2人の時だけだもんね!私もあなたのチンチンを見たい時にいつでも見れるんだったら見てみたいな!私もずっと乳首立っちゃうかもね?」

そういうことで私たち夫婦は毎日、2人でいる時間に限って裸になる生活を始めました。
私が仕事から帰宅してから、食事中も、居間でテレビを見ている時間も、もちろん寝室で寝ている時間も。
由美子の裸を見るのは2年ぶりだったのですが、年のせいもあり若干ぽっちゃりしてしまっていました。
もちろん私も同じで、メタボ体型になっていました。
それでも私たちは毎日のように、お互いの身体を弄び、新婚に戻ったようにいちゃついていました。

そのうち、お互いに体型を元に戻そうと、2人一緒にジムに通い始めました。
どうせ見てもらうのなら、もっと見せたい体型になろうと、お互いに頑張りました。
私のほうはお腹のメタボ体型が治まり、腹筋が少し割れるくらいになりました。
妻の由美子も腰の括れができて、もともと大きなおっぱいも、なんだかサイズアップしたように見えました。
本人に聞いたところ、EカップからGカップまでサイズアップしたらしいのです。
おっぱいは残して、その周りがきゅっと締まったのが一番の理由のようでした。

私たち夫婦の性欲は順調に復活し、というか前よりも旺盛になり、ネットで調べてバイアグラを大量購入し、今ではセックスが夫婦の日課になるくらいになっています。

「あなたの立派なチンチンで毎日いっぱい奥まで突いてもらって由美子は幸せです!由美子がチンチン好きの変態な女になるまで、毎日いっぱい突きまくって!!」

由美子もそんなことをセックスの最中に言うまでになりました。

そんな私たちですが、ゴールデンウィークのある日。
娘の有紀から、隆久君と一緒に帰省すると妻に連絡が入りました。
それも翌日に帰省すると言います。

その日、私が帰宅すると、妻から娘のことを告げられました。
私は翌日から3連休だったので、特に問題ないけどと返事したのですが、妻から相談されました。

妻「今話している時間もそうだけど、私たち毎日裸で過ごしてるでしょ?明日には有紀たちが来るけど、あなたどうするの?」

私「あぁ、そうだね。有紀たちびっくりするだろうね。いや、軽蔑されるかも?でも私たち夫婦のことは2人で決めたことだし、俺は見てもらっていいと思うよ!もちろん俺から経緯は説明するよ!」

妻「じゃあ私の裸を隆久さんに見られちゃうのね!恥ずかしいけど、あなたがそうなら私もがんばろうかな?」

私「なんだそれ?もしかしたら隆久君が由美子の裸に興奮して、ひょっとしたら俺以外のチンチンを食べれると思ってるの?」

妻「そんな!由美子はあなたのチンチンだけがいいの!ホントよ!」

私「じゃあ、俺のチンチンの好きなところ、言ってみろよ!」

妻「そんなこと言わせるの?もう・・・。じゃあ、とっても長くて私の1番奥のほうまで当たるところ。チンチンのエラがすっごく張っていて、中で動くたびに擦れて気持ちいいところ。私の裸を見てるだけで反応していつも勃起させてくれるところ。・・・もういいでしょ」

私「そんな程度なのか?」

妻「違うわ!あと・・・私をいっぱい突いて、私のことを何度もイカせてくれるところ。あと、あと、毎日勃起させてくれて元気なところ。もう、全部!全部好きなの!」

私「由美子はここ数ヶ月で本当にスケベで変態な女になったね!そんな由美子が好きだよ!今夜はいっぱい気持ちよくしてあげるよ!」

その日の夜は、いつもは1回のところを2回、由美子の中で射精しました。
もちろん、さっきは妻にそう言ったものの、本当に明日、娘夫婦の前で、いつも通りに裸で過ごしていいのか決めかねていました。

翌朝。
お互い何も相談しないまま。普通に裸で朝食をとり、掃除や片付けをして娘夫婦を迎える準備をしました。
そうしているうちに娘から電話が入りました。
最寄りの駅まで来たらしく、そこからタクシーで20分くらい。
もう娘夫婦は、すぐそこまで来ているのです。

私「由美子どうする?今なら間に合うぞ!俺は決めたから!でも由美子が嫌なら合わせるから」

妻「私はあなたに従います!だって、私たちのいつも通りでしょ?これが。・・・それに私・・・」

私「隆久君に裸を見られると思って興奮してるんだろ?俺にはわかるよ。いつもと違うぞ!由美子!ほら、脚広げて見せてよ!あそこに指入れて確認してあげるから!」

妻「だめよ!そんなの!あっっっ、だめぇ!!」

私「すごく濡れてるぞ!どういうことなんだ?」

妻はこの後に起こることを想像して興奮しているようでした。
そして・・・。

娘「お母さん!帰ってきたよ!」

玄関先に有紀の声がしました。

妻「お帰り!2人とも疲れたでしょ!中へどうぞ!」

由美子は裸のままで玄関先へ行きました。

娘「お母さん!何やってるの?服着てよ!どういうことよ!」

有紀の反応は当然です。

妻「何言ってるの?普通よ!入ってきなさい!」

こうなってくると妻だけを晒し者にはできません。

私「よく帰ってきたね!入ってゆっくりしなさい!」

私も娘夫婦を裸で出迎えました。

娘「お父さんまでどういうことよ!おかしいでしょ!」

私「お母さんと2人で決めたことだ!おかしくないぞ!こうしてから2人仲良くなって、毎日が楽しいんだ!誰にも迷惑かけてないだろ!」

娘「じゃあ、今日くらいは普通にしてよ!」

私「だからこうして普通にしてるんだ!」

まるで話が噛み合いません。
いや、娘のほうが正しい反応でしょう。
それでも、みんなで居間に進み、ソファーに座りました。

私「こうしてから本当にお母さんと仲良くなったんだよ。お互い見られるから体型まで気にするようになって、今ではジムに通って鍛えているんだ!身体も元気になったし、いいことばかりなんだ!」

娘「そうじゃなくて、普通におかしいでしょってこと。そういうのは勝手だけど、隆久さんも一緒なのよ!」

私「隆久君はどうだ?君も一緒に、今だけでもやってみるか?」

娘「ちょっとお父さん、誘わないでよ!」

さっきからずっと黙っていた隆久君。
でも私は、隆久君の微かな反応を見抜いていました。
この異常な状況に対してか、妻の裸を見たからか、明らかに隆久君の下半身は反応していたんです。

隆久君「一緒にできるかはちょっと・・・。でも、そうやって仲良くされているのは羨ましいです!」

妻「あら、嬉しいわ!そう言ってもらえて!できたら隆久さんもお父さんみたいにして欲しいけど・・・。仕方ないわね、お父さん、やっぱり2人だけの趣味だし」

すると隆久君がすっと立ち上がりました。

隆久君「わかりました!僕も同じように服を脱ぎます。これこそ裸の付き合いということで」

私「そうか!でも妻が興奮しちゃうかもね?昨日から気になってみたいだし」

妻「あなた!そんなこと言わなくていいでしょ?」

隆久君「そんな!お義母さん、すごくきれいですよ!さっきから僕・・・」

妻「なに?ひょっとして私の身体で興奮してくれてるの?その興奮した身体を早く見せて!」

隆久君は慌てた感じで1枚ずつ脱いで、最後の下着まで脱いでしまいました。
もちろん隆久君のチンチンは興奮して勃起して、先走りの精液が亀頭を濡らしていました。

娘「隆久まで何やってるのよ!もう」

妻「すっごく立派じゃない!隆久さんすごいわよ!想像通りよ!」

私「最後は有紀だけか。・・・どうする?」

娘「するわけないでしょ!」

当然の拒否です。
しかし、有紀も微かに興奮しているのがわかりました。
両脚を微妙に擦りつけ、手で触りたそうにしていました。
すると妻が思いもよらない秘密を暴露したのです。

妻「隆久さん、たぶん知らないでしょうから教えとくけど。有紀とお父さん。すごく仲いいのよ。中学まで一緒にお風呂に入ってたんだから!」

隆久君「中学までですか?!」

妻「最後はいつだったっけ?つい最近よね?」

私「そうだな。隆久君を私たちに紹介したいと言って有紀が帰省してきた時。もう最後かもしれないと思って、私から有紀を誘ってお風呂に入ったんだ。有紀もあの時は後から入ってきて、1時間くらいかな・・・。長いお風呂だったな」

娘「やっ、やめてよ、お父さん。そのことは・・・」

私「隆久君が裸になってお母さんが興奮してるんだ!有紀も裸を見せてくれよ!お父さんも、もっと興奮したいんだ!有紀はお母さんに似て、すごくきれいな女性になった。しかもその巨乳!本当にお母さんのいいところが遺伝してよかったよ!有紀!いいだろ!さっきからお前だって興奮してるじゃないか!」

すると有紀も黙って立ち上がると、観念したかのように服を脱ぎ始めました。
そして、ついに4人とも裸になったんです。
その瞬間、妻は隆久君の前に座り込み、チンチンを美味しそうに咥え込みました。
私も有紀のおっぱいを久々にいただくことにしました。
こうして、お互いにパートナーを交換して、セックスが始まったんです。
いつにない興奮が身体を4人を狂わせていきました・・・。

さて、今度の夏休みは、どうなることか・・・。