クンニもフェラもしたことがないと言う28歳の人妻と

この体験談は約 5 分で読めます。

彼女の名前はK子という。
パートをしている。
身長は157、8センチぐらい。
乳、尻とも結構大きく、いい身体をしている。

職場ではパート同士の揉めことがよくあり、俺は聞き役をしていた。
ある日、元気がなさそうだったので、「大丈夫?」と聞いた。
これがきっかけで、よく話すようになった。

しかし、しばらくしてK子は、私とよく話すという理由でイジメにあい、休むようになった。
電話をして、近くの神社の境内で18時に会うことになった。
境内のベンチで話した。
K子は28歳で、とても早くに結婚し小4の子供がいた。

「大丈夫?」と聞いた一言で、私をやさしい男だと思ったらしい。
仕事のこと、子供のこと、旦那のこと等、色々話してるうちに、なぜそんな話になったのかわからないが、エッチしても感じることもなく、エッチ自体あまりしないという話になった。

「若いし、人妻で、いい身体をしているのに、勿体無いね」と言うと、顔を赤くして下を向いた。

そっと手を肩にまわし、ゆっくりキスをした。
こういうことは初めてらしく、それだけでK子は、もう何が何だかわからないという感じになった。
少し強く抱き締めてキスをすると、K子は舌を絡めてきて小さく喘ぐような声を出した。
5分くらい強く弱くキスをし、セーターの裾から手を入れて乳を触った。
ブラジャーの中へ手を入れて直接触ると、喘ぎ声は大きくなり身をよじって手を離そうとする。
また強く抱き締め、舌を深く入れ思いっきりキスをした。

K子も強く抱きついてきて、「好き」と言った。
早くに結婚しているので他の男との付き合いもなく、境内で旦那でもない人とキスをしていることに余計興奮したのだと思う。
このときはこれ以上は何もせず、明日から仕事に来るように言い、次の休みに会う約束をした。

次の休み、約束通り待ち合わせして会った。
一度キスをして乳も触っているので、K子はニコニコしながら手を繋いできた。
喫茶店でコーヒーを飲んだ後、当然、K子もそのつもりで来ていると思いラブホへ行った。

強く抱き、舌を絡め、乳を揉みながら服を脱がしていった。
自分からも脱いだが、パンティに手をかけると生理だと言う。
ベッドに横たわり、キスをしたり乳を軽く噛んだり、パンティの上から擦ったりしたが、入れようとはしなかった。
何がどうなるか分からないもので、ほとんど全裸でいるのに入れようとしないのが非常に新鮮で、すごいと思ったらしい。
旦那はしたくなると、生理でも何でも自分の都合だけで入れて、出したら終わりらしい。

また、次の休みに会った。
生理は終わっていて、全裸で強く抱き締めた。
風呂に入り湯船の中でアソコに手を当てると、K子はさすがにビクッとした。
手を当てて淫汁があまりに多いので驚き、そのことをK子に言うと、自分でもなんでこんなに出るのかわからないと言った。
旦那とするときは、痛いぐらいでほとんど出ないとも言った。

ベッドでキスをし乳を舐め、だんだん下へ行く。
K子の身体に力が入り、緊張しているのがよく分かった。
陰毛はかなり濃く、少し足を開くと淫汁が流れていた。
そっと舐めとった。
クリの周りをゆくっり舐めていると、淫汁は際限なく流れてきた。
クリを舐める。

しばらく舐めていたがK子はピクリとも動かない。
強く弱く噛んだり舐めたりしながらK子に、「辛抱しなくても動いたらいいよ」と言うと、切れたように動き出した。
旦那とは、しても感じていないので、今の感覚が何かわからず、自分で自分に戸惑っているようだった。
信じられないことだが、舐められたこともなくフェラもしたことがないという。
舐めても動きの鈍い理由が分かった。

丁寧にクリを舐めたり指で刺激を与えたりし続けていると、「フェラをしたい」と言いだした。
もちろん初めて口に入れるので、勃起しているのを見て、「こんな大きなもの入るかな」と言った。
K子は喉につかえるほど奥まで含み、顔を上げて嬉しそうな表情をした。
このとき、この女をもっと狂わせて、自分から「入れて入れて」と言わせてやろうと思った。

舐めた後、「入れるよ」と言うとコックリ頷き、「中で出して」と言った。

(えっ?)と思ったが、卵管を閉じているので妊娠はしないと言う。

K子のオマンコは淫汁が溢れ、本当に気持ちいい。
思いっきり奥まで突っ込み、激しく突きまくった。
K子は「大きい、大きい」と叫び、突かれている感覚に酔っているようだった。
この若さで狂うことを知らないなんて・・・、変に愛おしく思った。

K子は「奥に当たる、奥に当たる・・・詰まってる」と言いながら、感じてるというよりは、アソコの中の刺激に耐えれないといった感じで、何度も頭を左右に振った。
ジュクジュク、ピチャピチャと音がして、K子はより一層興奮していった。
あまりの濡れ方にK子は、「なんで、なんで?」と言いながら、激しく抱きついてきた。
こんなに淫汁の出るのが自分でも信じられず、半分戸惑い、半分喜ぶという感じだった。

「出すよ」と言うと大きく頷き、オマンコを押し付けるようにした。

何度も何度も突いた。

「出して、早く出して」

K子は哀願するように言った。
ドクドクと勢いよくK子の中に出した。
オマンコの中で感じるのか、「出てる、出てる」と言いながらK子は涙を流した。
しばらくして抜いた。
ザーメンと淫汁の混じったのが流れ出てきた。
タオルをそっと当て、拭いた。
K子はオマンコを拭いてもらうということも初めてで、顔を赤らめた。
愛おしく、柔らかく、抱くと恥ずかしそうに目を伏せながら、抱きついてきた。

「嬉しい」

K子は小さな声でつぶやいた。
しばらくして身体を起こし、チンポを握ると、「綺麗にするね」と言って口に咥えた。

「フェラもしたことがないのに」と言うと、「これは特別よ」とチンポをギュッと握り、嬉しそうに言った。

風呂に入り、湯船の中でオマンコを触ると淫汁が流れていた。

「すごいね」と言うと、K子は恥ずかしげに嬉しそうに俯いた。
キスをし、乳首、アソコなど体中を舐めた。

「こんなに丁寧に、優しくセックスをしたことがない」と言う。

セックスの快感そのものよりもムードに酔っているようだった。

風呂から出てすぐに「舐めるよ」と言うと、K子は今度は大きく足を広げた。
少しは感じていたので、強く、弱く、そっと噛んだり、指で擦ったり、指を入れながらクリを強く吸ったりした。
だんだん感じるようになってきた。
初めのことを思えば、一日で信じられないくらい積極的になった。

「よかった?」と聞くと、「こんな感じになったことがなく、こんなにいいものとは思はなかった」と言った。

「もっと感じるようになるし、狂ったようになるから」と言うと、「うん」と大きく頷いた。

その日は朝から夕方まで抱き続け、4回出した。
K子は、だんだん大胆になってきて、自分でもそれが嬉しいらしく、「舐めて、舐めて」と言い、またフェラも進んでするようになった。

「すごい進歩だね」と言うと、本当に嬉しそうに頷き、抱きついてきた。

4回終わった後、K子は「少し疲れた」と言った。
ベッドの上で全裸でアソコをジュクジュクにしながら、「また、出てる」と言い、ニコニコしながらも動こうとはしなかった。

「旦那とするときも全裸だろう?」と言うと、「全裸でやったことはない、パンティを脱ぐだけのときもある」と言った。

「これから会うときは全裸以外は考えられないよ」と言うと、嬉しそうだった。

K子に感想を聞くと、「アソコが流れるほど濡れて、舐められてるときの気持ちよさ、アソコにチンポが入ってきて奥を突かれて詰まっている感じは最高で、旦那と比べて太くて長いので、エッチしたっていう気がする」と満足そうに話し、「また、したい」と言った。