憧れの先輩の肛門が目の前でもりもり動いて・・・。

この体験談は約 3 分で読めます。

僕が独身時代に住んでいたのは男子寮だったんだけど、ロビーが広くてソファーとかがあったんで、社内の飲み会とかによく使われてたんだ。
そういう時にはトイレは男子トイレしかないので、女子社員とかもみんなでって感じで使ってたんだ。

ある週末の深夜、普通に寮に帰ってくると憧れの先輩がいたんだよね。
今からスノーボードに行くんで寮で誰かと待ち合わせしているらしい。
その先輩ってのが、本当に何でうちの会社にいるのかが不思議なくらいの美人で、俺的には乙葉にそっくりだと思ってた。
ちょっとぽっちゃりなんだけど、お目々パッチリの童顔な上にすんげえナイスバディで、いつも制服の下から見える体のラインを目で追ってしまってたんだよね。
屈んだ時のぴたっと張り付いたお尻のラインなんて、昼飯の時に目が釘付けになって、食べてるもの落としちゃうほど。

部屋に帰ってからちょっと過ごした後にトイレに行きたくなって、大の方に入ってたんだ。
大はとっくに終わったんだけど、誰かが残していった漫画があったんでそれを読み耽ってた。
そしたらパタパタって人の入ってくる音がして、「それでねー」なんて喋りながら2人で個室にそれぞれ入っていったんだけど、完全にさっきロビーで見た先輩の声!!!
個室は3つしかないんだけど、一番奥に入っていた俺に全く気付いてない模様。

「絶対にご飯食べた後、お腹壊しちゃうんだよねー」

「じゃぁ、こういう時は大変でしょ?」

「だから出発前にトイレに絶対行っとくんだけどね」

話の内容から察するに・・・。

(憧れの先輩がお腹壊してる?ってことは・・・?)

もう心臓バクバクでした。
もうどうにも抑えきれなくなって、トイレの床に頭擦りつけて隣のトイレを覗いてました!!
いつも綺麗に掃除してくれてる掃除のおばちゃんに大感謝!!

声から隣は憧れの先輩だと分かっていたんだが、ぱっと覗くと目の前に、あの憧れに憧れたおっきなお尻が丸出しで、ほんとすぐ目の前に大迫力で広がっていた!!
隣のトイレは和式で、ちょうどこっちにお尻を向ける方向。
むっちりしたお尻はぱっくり開かれて、ケツの穴が目の前に、本当にすぐ目の前に丸見えになってました!

(こ、これが憧れの先輩の肛門か!)

あまりの事に大興奮でした。
すると・・・、その肛門がもりもりっと動いて、水のような大がチャーッと出てくるではないですか!

(ふ~ん、お尻に伝って出ていくんだなぁ・・・)なんてじっくり観察出来る距離!!

明るいトイレのせいか、肛門のシワから動きまで完全に丸見え。
でもあそこは陰毛しか見えない。

(くそー、もうちょっと腰を上げてくれたら・・・)

そう思っていたら、紙を拭く時にちょっと腰を上げてくれたおかげで、その前のヒダヒダまで見えちゃいました!!
下痢なせいか、先輩の連れの方が出て行った後も、「もうちょっと待ってね!」なんて言いながらトイレで格闘してたんで、5分くらい堪能させていただきました。

今まで生きてきた中で最高に興奮した体験でした。