個室居酒屋でフェラ抜きしてくれたエロいOL

この体験談は約 4 分で読めます。

19歳の春、自分は浪人も終わりようやく大学生になった。
当時は付き合っていた彼女はいなくて、同年代のセフレをネットで探しては、セックスだけする関係を続けていた。

そんなある日、塾でお世話になったチューター石井さん(仮名、25歳)と都内の大きな書店で偶然再会した。
向こうも休日だったらしく、「久しぶりー」と気さくに声を掛けてくれた。

石井さんは165センチとやや長身で、肉付きはいいが決して太ってはいない。
綾瀬はるかと何かのAV女優を足したような容姿だったので、浪人中から印象的な女性だった。

僕は当時、第一志望に落ちてしまい、第二志望の大学に通っていたので、少々鬱屈した日々を送っていた。
そんなこともあったので、やや強気に「暇ならちょっと話せます?」と誘ってみたら、「いいよ!」と乗ってくれた。
その日は食事だけしてメールを交換しただけで終わった。

しかしそれから僕たちは1日数回メールをするようになった。
話のメインは僕の大学への不満。
しかし、本当は言ってはいけないんだけど、もう生徒じゃないからと前置きした上で、実は石井さんも僕と同じ大学出身だという事を明かしてくれた。
それからというもの、定期的に大学のアドバイスを聞いてくれたり、一緒に夕飯を食べに行ったりする関係になった。

僕はある日、思い切って、「石井さんに彼氏できたら会ったりもできなくなるねー。それはいやだなー」と言ってみた。

すると石井さんは、「じゃあ彼氏になってよ」と僕の微妙な告白をOKしてくれた。

付き合ってみると、石井さんはとても性欲の強い女性だということがわかった。
付き合って最初のデートで僕らはペッティングとオーラルセックスをした。
それは個室の居酒屋だった。
その直前に石井さんと僕は初めてキス(石井さんはディープまでしてきた)したのだけれど、「タカヒロとエッチしたいけど、今日は生理中だからごめん」ということで、夕飯だけ一緒に食べれれば僕は満足だという事を伝えた。

個室の居酒屋に入り、2人とも酒は弱いのであまり飲まずに料理だけ頼んだ。
しばらくすると僕はやっぱり興奮してきてしまい、石井さんの乳房を揉みながらキスを迫った。
すると石井さんは、「上脱ごうか?」と言ってきた。
僕がお願いすると石井さんは(仕事帰りだったので)スーツとシャツとキャミソールを脱いだ。
石井さんの二の腕は程よい肉付きで、僕は本当に興奮した。
お腹周りにも女性らしい丸みと膨らみがあった。
ブラを外すと、巨乳ではないがボリュームのある豊かな乳房が揺れながら出てきた(石井さん曰くDカップ)。
乳輪は褐色を帯び、乳首は硬く隆起していた。
それは僕がまだ見たことのない大人の女性の体型だった。
よく観ると腋毛も脱毛されているようだ(石井さんは美容外科で脱毛していたらしい)。
僕は彼女の乳首を吸いながら思った。

(すごい、これが大人の女性だ!)

確かに6歳年上という事もあるが、同世代とは違う。
高校時代や浪人中に見てきた同い年の女の子は(確かに乳房の小さな女の子と付き合うことが多かったが)、まだ身体が完成されていないせいか、所々歪な形をしていたことを思い出した。
毛の処理も雑で、興醒めしたことも何度かあった。

しかし石井さんは違った。
僕は石井さんの乳房から顔を離すと、次に石井さんが僕の勃起したペニスを服の上から弄ってきた。

「イカせてあげる」

石井さんはパンツと下着を脱がして僕のペニスを取り出して、上下に擦った。

「すごーい、太くておっきいね」
「そう?前の彼氏のは?」

「包茎でちっちゃかったよ、タカヒロのはズル剥けだね」
「そう・・・」

僕は頭の中が真っ白だった。
石井さんの手つきが完璧なのだ。
気持ちよすぎる!!!

「ねぇ、口でイクのと手でイクの、どっちにする?」

石井さんが尋ねてきたので僕は、「口でお願いします」とお願いした。
石井さんは初め、ペニスの周囲、亀頭を丁寧に舐めていき、そしてペニスを口に入れてしゃぶり始めた。
全身が感電したように震えた。

「だめだよ、まだイッちゃ」

石井さんはそう言いながら、丁寧に、時に激しく、僕のペニスを咥えて上下運動を加えた。
僕がイキそうになると石井さんは口元を緩めてくれた。
それを繰り返すこと5分。

「石井さん。もう出ちゃうよ」

「いいよ、あたしのお口に出しなさい」

そう言って上下運動を速めた。
石井さんはたくさん唾液を出しながら僕のペニスを強めにしゃぶり、上下運動の速度を速めた。

「石井さん、イク・・・ああああ」

僕は石井さんの口の中に大量の精子を放出した。
石井さんは口の中の精子をおしぼりに出して、「ヤバい、ちょっと飲んじゃったかも。タカヒロ若いからたくさん出るねー」と余裕の表情だった。
(同世代の子は、大体フェラでむせる)

僕は石井さんのエロさに驚いたが、これはまだ序の口だった・・・。