俺の人生を変えたセクキャバ

この体験談は約 5 分で読めます。

あれは7年ほど前、セクキャバ全盛期の頃だった。
俺はバイト先のおっさんらと休憩中に雑談をしていた。
当時、俺は大学2年ぐらいで童貞であった。
彼女無し=年齢で、初セックスは彼女がいいと思っていた。
おっさんらは全員妻子ありだったが、もう嫁は飽きた状態で、まあ当然の如く俺の童貞は弄り倒されていた。
そして事件は起きた。

「次の給料が出たらセクキャバに行こう」

おっさんが言い出したのである。
なぜそういう流れになったかというと、おっさんはどこからか、『セクキャバが流行っている、とても楽しいらしい』という噂を聞きつけてきたのである。
そして童貞の俺が見知らぬおっぱいを触った後の感想を聞きたかったようである。

俺は風俗なんて下衆の行くところだと思っていたので全力で断った。
しかしおっさんらと言うのは基本的に強面の上に挑発が得意なのである。
最終的に行くだけ行って文句垂れてやろう、そうすればもう誘ってこなくなるだろうと思ったのです。

場所は大阪。
汚いおっさんがたくさんいるのである。
その中でも汚いビルにあるセクキャバに入った。

「ちょっと今混んでるので少々お待ちください」とのこと。

初めての俺は心臓がドクドク言っていた。
内容は大体聞いていた。
椅子に座ると女の子が来てちょろっと喋っておっぱいを揉むって。
どんな女の子が来るのか判らなかったし、俺は生のおっぱいを初めて見る準備がなかなか出来なかった。

とその時、「お次のお客様どうぞ」と言われた。

もうどうでも良くなって、半ば投げやりな気分で店に入って行った。
当時流行も終わりかけていたユーロビートが爆音で鳴っていた。
爆音が鳴る中、ボーイの兄さんに席まで連れて行かれる。
大声で飲み物を聞かれたので烏龍茶にした。
飲み放題だったが、あんなとこで飲みまくるやついるのかとか思ってたら女の子が来た。
めちゃくちゃ可愛い。
薄いドレスのような服を身に纏っていました。
その子は横に座りながら俺に名刺を渡してきた。

「◯◯です」

音がうるさすぎて聞こえない。
というか女の子が可愛すぎる。
当時、セクキャバというものがあまり認知されてなかったのか、普通のキャバクラと思って働いたらセクキャバだったということが多々あったみたい。

(今からこの子のおっぱいを見れるのか・・・。いや、そんなはずないだろ・・・)

とか思っていたら・・・。

「お兄さん、この店初めて?」と耳元で聞こえた。

そう耳元で言いながら俺の両足を跨いで膝の上に座ったのである。
俺のミニチンポと女の子のオマンコが服を挟んでぶつかっていた。
ミニチンポを大きくした俺は気が動転した。
どうしていいのか判らなかった。

「あうあうあ」

童貞の俺はどうしていいのかわからなくてテンパっていた。

するとキスをされた。
もちろんファーストキスである。
俺は思わず女の子を抱き締めてしまった。
なぜならファーストキスなのに口の中に舌が入って来てうねうね動くのだ。
その上、女の子は甘くていい匂いがする。
甘い匂いを嗅ぎながらお互いの舌を絡ませた。
もはやチンポは感覚が無くなっていた。
そうこうしているうちに女の子がキスを止めて耳元で囁いた。

「耳とか舐められたこと無いでしょ?」

返事をする間もなく俺の耳を丁寧にねぶりだした。
ピチャピチャピチャピチャ。

(気持ちよすぎる、てか死ぬ)

耳を舐められながら俺は思った。
カップルはこんな気持ちいいことをしてたのかと。
今まで女の子と遊んだことはあったが、やっぱりこれやん、こんなことしないと意味ないんじゃん、もっと早く知るべきだったと後悔した。
こんな事する生活と比べれば、女のいない暮らしなんて修行も良いとこじゃねか。

ピチャピチャ。

音を立てながら俺の耳を舐め、女の子はよだれが落ちそうになると舐め取った。
いつまでも耳を舐めているわけにはいかないので、女の子は舐めるのを止めて耳元で、「おっぱい触って」って言いながら俺の手を服の上からおっぱいに当てた。
俺は目がチカチカした。
初めてのおっぱいは服の上からだったけどめちゃくちゃ柔らかかった。
ちょっと揉み揉みしている間、女の子はまたディープキスをしてきた。
とにかくいい匂いで本当に溶けてしまうんじゃないかと思うような。

そして何を思ったのか、俺は自分からキスを止めて口を開けた。
今思えば完全な暴走である。
女の子は俺の顔を両手で持って、俺の口の中に唾液を落とした。
恐らく俺のパンツは我慢汗でベタベタになっていた。
俺が唾液を飲んだのを見て女の子は嬉しかったのか可愛く笑った。
今思えばSっぽかった気がする。

女の子は自分から服を脱ぎだした。
ブラジャーは当然の如くつけていなくて少しがっかりしたが、初めて見たおっぱいはとても綺麗で、乳首は綺麗なピンク色をしていた。
大きさはDカップぐらいか。
正直わからないが『ザ・おっぱい』という形をしていた。

女の子がまた耳元で、「触っていいよ」と言う。

今度は乳首を触ってみた。
ビクッ。
女の子の体に力が入った。
風俗は女が感じるフリをすると言うのは聞いていたが、初めての俺には演技かどうか判らなかった。
というか反応がリアル過ぎて、(これ本当に感じてるんじゃないか!?)と思った。
これが今まで以上に興奮した俺が乳首を触るたびに女の子は小さく悶えた。
わかりやすく言うとピンクローターを当てたような反応。

そして女の子とディープキスをしながらおっぱいを揉んでいると、なぜかチンポに刺激を感じた。
女の子は自分のお尻の下を通して俺のチンポをズボンの上から揉み揉みしていた。

(なんやねん!これセックスと違うのか!!これでもセックスでは無いのか!)

イキそうになるのを堪えながら唾液を交換し合った。
すると女の子はキスをするのを止めてまた耳元で・・・。

「おっぱい舐めていいよ」

俺は貪った。
女の子の柔らかいおっぱい、甘い匂いを吸い込みながら楽しんだ。
女の子は乳首を舐められながら、時々声を漏らしながら無理な姿勢から俺の耳を舐め回した。

俺はこの子とセックスしている!
これは正しくセックスじゃないか!
天国じゃないかこれは!
こんな気持ちのいいことを俺は今まで知らなかったのか!

現実世界から遠くへ行っていた俺は急に肩を叩かれた。

「延長どうしましょう?」

ボーイである。
さっきまで遠くの世界へ行っていたのに急に現実に戻される。
それがセクキャバ。
延長したかったが、お金がいくらかかるのか判らなかったのとシステムがよく判らなかったので断った。

女の子は、「また来てね」と笑顔で席を離れていった。
その瞬間とても悲しい気持ちになった。
どうやら俺はこのわずか15分間の間にこの子を本気で好きになってしまっていた。
そして15分で悲しい別れを経験したのだ。

俺は決してこの子のことを忘れないでおこう。
そして絶対にまた来よう!

家の帰り道、衣服に着いた女の子の甘い香水の匂いを嗅いで切ない気持ちになった。
その日はその衣服に着いた香水の匂いを嗅ぎながら女の子のことを思い出してオナニーをして寝た。

この一番最初の風俗体験で人生変わってしまった。
そして性癖がいっぱい出来た。