浴衣姿の妻を中学生たちに弄ばせる興奮と期待

この体験談は約 5 分で読めます。

8月2日、携帯に連絡が入った。

『また、会えませんか?今度地元のお祭りがあるんです。小さな祭りですが、花火も上がって結構盛り上がりますよ。是非、彩さんと一緒に・・・』

妻に聞いてみると2つ返事でOKだった。

「祭りに行くんだから浴衣よね」

「まぁそうだけど、荷物多くなるよ」

「こんな浴衣を着た私見たくない?」

涼しげな黄色い浴衣。
生地も薄く透けそうな感じだが、夜に着れば分からないか?

8月4日、祭り当日に温泉宿に予約を入れ、現地に向け車を走らせた。
宿に到着したのは、午後3時を回っていただろうか?
妻と私は部屋に入るとすぐに温泉に入り、祭りに行く準備をした。
妻は、真新しい浴衣に袖を通そうとしていたので、「下着の跡がかっこ悪いから着けない方がいいじゃない?」と言ってみた。

「そうかしら?」

妻はちょっと考えながらも、「そうね!」と言って下着を外した。
帯を巻き、浴衣姿の妻はいっそう美しく見えた。
まだ明るい日差しに薄っすらだが透けている様に見える。

「透けてない?」

「大丈夫だよ。日が沈めば透けたりしないから」

そんな言葉に安心したのか、妻は念入りに化粧を始めていた。
ストレートの長い髪を上げると、これまた色っぽい!

日も沈みはじめ、時刻は6時を過ぎていた。
妻と私は彼らに連絡を取り、近くの公園で待ち合わせをした。
公園は多くの人で混み合っていたが、私達を見つけた彼ら(中学生)が手を振って近寄って来た。

「来てくれて嬉しいです」

彼らは妻の姿に見入っている感じだった。

「いや~こっちこそ誘ってくれて・・・」

「こっちに良い場所あるんで行きましょう」

彼らの後を追う様に人を掻き分け進んだ。
そこは公園の一角で、遊具だろうか、階段の様になっていて椅子代わりにちょうどいい場所だった。
向かい側に川が流れ、その中央部辺りから花火が打ち上げられると言う。
彼らが見つけた穴場なのか、絶好の場所だった。
場所をキープしていたのか、辺りには人気も無く静まり返っていた。

私は一番下の段に座り、妻が高い方が良いと上の方に座る。
中学生たちがその間と妻の横に座るのが分かった。

「これどうぞ!」

そう言って手渡されたべっこう飴を褒張りながら花火の打ち上げを待っていると、ヒュ~ン・・・ド~ンと一発の花火が真上で開花した。

「うわ~凄い迫力!」

妻が驚いた声で言った。

「ここ、最高の場所でしょ!」

その後、連続で花火が打ち上げられ、辺りには大きな音が鳴り響き、みんな花火に夢中になった。

「あっ、駄目よ」

花火の音に混じって微かに声が聞えた。

「え~、んっ、あ~・・・」

妻の声だった。
そっと後ろを振り向くと、花火の明かりに妻が照らされ、浴衣の上から手で触られているのが見えた。
一段下に座る中学生は、足元から手を伸ばし妻の浴衣の裾に這わせていた。

「あ~ん、もう、感じちゃうでしょ!」

浴衣は乱れ始め、胸元は緩み、半分おっぱいが露出した。
彼らはそんな妻の胸を揉み、さらに曝け出させる。
帯の紐も解かれ、もう前が丸見えになると、中学生は胸に口を近づけた。
チュパチュパと音を立てながら吸うのが分かった。
妻はハァハァ息を荒らしながら感じている。

妻の露出癖から始まった私達の行為は、ついにここまで来てしまった。
中学生に犯される妻に興奮している私。
股間を熱くしながら、妻が中学生に弄ばれる姿を見つめていた。

もう中学生は私が何も言わない事を知っているんだろう。
我を忘れて妻の体を堪能し始めていた。
M字開脚した妻の股に顔を埋め、マンコを舐めながら、「凄ぇ凄ぇ」と連呼する男の子。
短パンの股間部はもう大きくそそり立っていて、妻はそんな中学生の股間を手で擦り、そして口に咥えた。

「あっ、駄目だ!イク!」

咥えてすぐに彼は妻の口に放出した様だった。

「すみません!」

「いいのよ」

入れ替わるように次の男の子がチンチンを妻の口に近づけると、妻はそっと口に含み頬張った。
そんな中、妻が四つん這いになると、後ろからマンコに入れようと、別の男の子がチンチンを宛てがった。
妻は、受け入れる様に手でチンチンを握り、マンコにそっと誘導した。
成長途中のチンチンは、ヌルッとしたマンコの中に根元まで吸い込まれた。

「温かいし、ギューギュー締め付けてきて気持ちいいよ」

「アン、もっとグイグイ出し入れして・・・」

チンチンが小さい事もあったが、Mな妻は怒声が飛び交うような激しい抜き挿しが欲しかったんだろう。
満足出来てないのがはっきり分かった。

「お尻をビシビシ叩きながらグイグイ押しこんでごらん」

思わず中学生にアドバイスをしていた。
中学生もビックリした様子だったが、私の言葉に従い、お尻をビシッと叩くと、「あ~いい、もっとお願い!!!」と妻が声を漏らした。

「今日は君達を楽しませてあげるよ。花火のお礼」

キョトンとした顔で私を見つめていたが、ほっとしたのか妻の体をビシビシ叩き始め、「ほら!もっと腰使うんだ!」とSっぽい言葉を妻に浴びせ始めた。
他の子たちもそれに倣って、「さぁ舐めな!チンチン欲しいんだろ」とチンチンを突き出す。
妻はぺロぺロと美味しそうに舐めていた。

「うっ、イキそう・・・」

挿入していた子がそう言ってブルッと体を震わせると、「出しちゃったよ~」と私の顔を見てきた。

「大丈夫だよ!中にドンドン出しても」

笑顔で答えると、安心したのか彼はハァ~と大きく深呼吸した。
それからも彼らは代わる代わる妻のマンコに小さいチンチンを入れていたが、数回出し入れしただけで皆イッてしまった。
これでは妻も満足出来ないだろうと思い、持参してきたSM道具を彼らのもとに出して・・・。

「これ使ってごらん。もっと喜ぶぞ!」

彼らは物珍しそうに道具を眺めていた。
バイブ、ローター、ムチ・・・。
恐らく全て初めて見る道具だろう。
1人がバイブを掴むと妻のマンコにそっと押し当てた。
ヌルヌルしたマンコはすぐにでも受け入れる準備が出来ていた。
スッと入り、スイッチON。

ウィ~ン!ウィ~ン!

音を立てながらうねるバイブに妻は腰をくねらせた。
面白半分にローターをお尻の穴に入れる彼らだったが、望んでいたのは妻以上に私だったと思う。

体をロープで縛り、バイブとローターのコントローラーも太股に固定して落ちない様にした。
首には首輪を付け、妻に浴衣を羽織らせて公園から出て、露店に買い物に出掛けることにした。
不自然に腰を揺らしながら、妻がゆっくりと彼らに引かれる様に歩いていた。
少し遅れて私は後について行った。

公園から200m位歩くと、露店が立ち並ぶメイン通りに出た。
祭り客で混雑するその中を顔を赤らめながら妻が歩く。
フランクフルトを買って妻に渡す彼ら。
口に咥えると凄くいやらしく見える。
彼らもニヤニヤしながら妻のお尻の辺りを触っている。
妻のぎこちない動きに、何人かの男達が振り向く素振りを見せていた。

ずっとバイブのスイッチを入れられ、もうイキそうな妻が彼らに訴えるが、彼らは気付くことなく妻を容赦なく歩かせる。
もう我慢の限界が来て、ついにその場で妻は立ち止まり、腰を下げてヒクヒクとしていた。

「どうした?行くぞ!」

彼らは妻を立ち上がらせると、横道に逸れて暗闇に消えて行った。
後を追って行くと、露店の陰でチンチンを出して妻に咥えさせる者、浴衣を捲り上げてバックから入れようとする者が居た。
妻はハァハァ喘ぎながらバイブを外してチンチンを受け入れていた。

気付けば花火の音もしなくなり、祭りは終わりを迎えていた。
横道から本道に出た時には多くの人が帰路に就いていた。
彼らと別れホテルに着いた時には、妻はぐったりとベッドに横になった。
浴衣を捲ると、マンコからは大量の精液が垂れ、太股まで汚していた。