妻を抱きたいと懇願していた友人夫婦と温泉旅行

この体験談は約 4 分で読めます。

古くからの友人から、「お前の嫁さんを抱きたい」と何度も言われていました。
気が進まないので聞き流していたのですが、結婚して20年が過ぎたことによるマンネリ化、年齢からかオチンチンに力強さが無くなってしまったこと、嫁も昔は好きモノだったのに最近は誘ってこなくなっていたので友人の話に乗ることにしました。

うちの嫁はポッチャリタイプで、友人の嫁はスリム。
性格も嫁は大人しい方だが友人の嫁は社交的、人に接する仕事をしているからセンスも磨かれている。
お互いに結婚前から知っているので、一度4人で旅行しようと持ちかけ、高校と中学の子供に留守番させて一台の車で温泉に出かけました。

温泉に着き、友人夫婦の部屋で食事をする約束をして、お互いの部屋に入ってから嫁を部屋風呂に誘うと「OK」の返事。
風呂でお互いに体を洗い、オマンコを触ると洪水状態。
久しくエッチしていなかったので出発の時から期待していたとのこと。

「風呂は狭いから、今晩ゆっくりエッチしよう」

そう言って触るのをやめると、「もう少し触って」とおねだり。
それを我慢させ、風呂から上がってくつろいでいると体を触ってきて、「夜まで待たないとダメ?」とかなりのエッチモード。

「今だと慌ただしいし、今やると夜は立たないよ」と言って我慢させました。

食事の時間になって、友人の部屋に行く前に嫁がトイレに入ったので、用意しておいた催淫クリームを指につけ、出てきた嫁を抱き寄せてキスをしながらオマンコを刺激するように塗りました。
何も知らない嫁は喜んで股を開いて触らせてくれました。
旅館に入ってからの嫁の様子を見てると催淫クリームは必要ないかもと思いつつ、友人との計画通り準備を整えました。
実は催淫クリームは友人が用意したもので、かなり効果のあるものらしいのです。

そして友人の部屋でビールを飲みながら食事をしていたのですが、友人が「恵子さん(嫁の名前)いつも顔に出ないのに、今日は顔が赤いね」と言います。
横を見ると確かに顔が上気しているのか赤くなっています。

嫁「温泉に入ったからかなあ。いつまでも体の冷めない温泉みたい」

しかし明らかに興奮して上気しているように見える。
酒が進むにつれ、友人の話が下ネタになり、お互いの夫婦生活にまで及んでいった。
友人の嫁も今回の計画を知っているので積極的に話に乗ってくる。

友人「旅行の前にベトナム出張があったから2週間はしてないな。今日は久しぶりのエッチなんだ」

俺「出張が無くても2週間以上エッチしてないよな」

嫁「じゃあ今夜は私もたっぷり可愛がってもらおうかな」

こんな会話があった後・・・。

友人「それなら一緒にエッチビデオ観るか?いいもの持って来たんだけど」

友人嫁「恵子さんも一緒に観ましょうよ。面白いわよ」

友人の嫁に誘われて断れないと思ったのか、嫁も「OK」の返事。
後で聞いた話では、ビデオを観るより早く部屋に戻ってエッチしたかったそうです。
友人から聞いていた話では、催淫クリームを塗るだけでもムズムズするのに、酒を飲んで血液の流れが良くなると我慢できなくなるそうです。
嫁はすぐにでもオチンチンが欲しかったはずです。

仲居さんを呼んでテーブルを片付けてもらい、お互いの夫婦が並んでビデオ鑑賞が始まりました。
ビデオの中身はSM物で、女性がいたぶられている物。
ビデオの中でも催淫クリームのようなものが出てきて、女性がおねだりしています。
嫁の手を握ると、手は汗ばみ息が弾んでいます。
膝を崩し、かかとをオマンコに当てているように見えます。
そしてゆっくり腰を動かして、どうやらオナニーしているようです。
横を見ると、友人夫婦はキスをしながらお互いの下半身を触っている様子。

俺「横を見てみろ、あいつら触りっこしてるよ」

嫁は横目で見ると、いきなり握っていた俺の手を自分の股間に持っていき、手を離して俺のオチンチンを触ってきた。

嫁「部屋に帰ろう。もう我慢できない」

俺「途中はまずいよ。終わるまで待てよ」

嫁「イヤ、もう待てない。お願い早く帰ってこれを入れて」

最近元気の無かったオチンチンも、このシチュエーションに硬くなっていた。
もちろん俺もすぐにでも始めたかったが、それでは計画通りには行かなくなってしまう。
横を見ると友人の嫁の浴衣が乱れ、友人がオッパイに吸い付いている。
友人の嫁の手は友人のトランクスの中に入っており、もう二人はビデオを観ていない。
俺は嫁を倒し、上に乗ってオッパイに吸い付いた。
そしてパンティに手を入れると今までに無いくらいの濡れようで、パンティまで染みができるほど濡れていた。
友人夫婦は友人の方が横になりフェラを始めていた。
俺は知っていたが、友人のオチンチンは俺よりはるかにデカい。

俺「おい、俺のもフェラをしてくれ」

嫁は横を見てから俺のトランクスに手を掛けたが、一瞬友人のオチンチンで目が止まったように見えた。

俺「アイツのデカいだろう。入れてもらったらどうだ?」

嫁「イヤ、あなたのでいい。もう部屋に帰ろうよ」

嫁の言葉が聞こえたようで、友人夫婦はエッチを始めた。
友人の嫁は大きな声で快感を訴えている。

友人嫁「いいわ、凄い。すぐにイッちゃう。もうダメ、ダメイッちゃう」

嫁を見ると自分でパンティを脱ぎ、俺に跨がってきた。

俺「おいアイツらが見てるぞ。いいのか?」

嫁「もうダメ、我慢できない。あの人たちも見せてくれたから、もういい」

いきなり嫁が腰を落として来て合体。
友人が寄ってきて嫁のオッパイを揉み始めたが、嫁は何も言わずに任せている。
そして声もだんだん大きくなってきた。

友人「おい、チェンジしようぜ」

俺「恵子、抱いてもらえ」

嫁「イヤ、恥ずかしい」

ここまで来てもまだ拒否する嫁。
友人が立ち上がり、嫁の顔にオチンチンを持っていった。
そして頭を押さえると、拒みもせずに咥えてしまった。

友人「大きいだろ?」

嫁が頷く。

友人「恵子さん、入れさせてよ」

嫁「あなた・・・いいの?」

ついに嫁が受け入れる気になった。
嫁が横になり、友人の大きなモノが挿入されていった。
俺は嫁の顔を見ながらオッパイを揉んだ。

俺「気持ちいいか?」

嫁「大きい、気持ちいい。あなた凄いの、ごめんなさい、イッちゃう」

友人の嫁を見ると、こちらに足を広げてオナニーしていた。

友人嫁「大樹(俺)さんも私を抱いて」

このようにして計画は上手くいった。
部屋に帰ったのは午前2時半だった。
もちろん部屋でも嫁に迫られ、嫁を抱いた・・・かな?
(催淫クリームの効果がまだ残っていたんだろうか?)
嫁と二人になると萎えてしまって、お互いが最後までイクことは無かった。
嫁だけは最後に指でイカせてやりました。