成り行きで彼女の妹の処女をもらった

この体験談は約 3 分で読めます。

俺は大学3年。
付き合って5年になる彼女がいて、久しぶりに彼女の家に遊びに行った。
呼び鈴を鳴らし、中から出てきたのは彼女の妹のマーちゃんだった。

「やぁ、お姉さんは?」

「リョウ兄さん久しぶり、3年ぶりかな?」

「そうだね」

「今、お姉ちゃんは出かけてるよ。今は私だけ」

「今帰ってきたの?制服だけど」

「ちょっと前に帰ってたけどくつろいでた」

「じゃあまた出直してくるかな」

「いいよ、入って。ちょうど暇だったから、なんか話そうよ」

「うん、わかった」

俺は家の中に入れてもらった。

「着替えてくるから待ってて」

そう言うとマーちゃんは2階に走っていった。
20分くらいしてようやく下りてきた。

「長かったね」

「うん、ちょっとね」

「や~、それにしても大きくなったね」

「まぁね~」

「女の子らしくなって」

「もともと女の子らしかったでしょ?」

「ははは、悪い悪い」

雑談を始めた。

「ところで何年生になった?」

「高1だよ」

「そうかー。もう彼氏とかできた?」

「まだ募集中」

「へ~、可愛いのにな~」

「もし作るとしたら、お姉ちゃんよりかっこいい彼氏を作るの」

「お姉ちゃんよりって・・・俺のことか?」

「うん、そうだよ」

「そんなはっきり言うなよ」

色んな話をした。
学校の話や恋の話。

「マーちゃんの胸、大きいね」

「もう、そんなとこ見ないでよ」

エロい話もした。

「触らせてよ」

「お姉ちゃんのを触ったら?」

「もう触ったことあるから、比べてみるんだよ」

「もしかしてお姉ちゃんとセックスしたことあるの?」

「さぁね。マーちゃんが知らなくてもいいよ、そんなこと」

「その顔はあるんでしょ?いいな~」

「え?やってみたいの?」

「興味はあるかな」

「じゃあやってみようよ」

「え~、リョウ兄さんと?」

「俺とじゃダメ?」

「そんなことないけど・・・お姉ちゃんに怒られるよ」

「大丈夫だって」

俺はマーちゃんを押し倒した。
そして服の上から胸を揉んだ。

「柔らかいね」

「そう?」

「服捲っていい?」

「・・・うん」

俺はマーちゃんの服をめくった。
可愛いピンクのブラが見えた。
俺はブラを上にずらし胸を直接揉んだ。
右の胸を揉みながら左の胸を舐めた。
乳首を摘んだり舌で転がしたりした。

「下、行こうか?」

俺はマーちゃんのスカートとパンツを同時に脱がした。

「可愛いマンコだね」

「も~、意地悪」

「まだあんまり生えてないんだね」

俺はマーちゃんのマンコを指で弄って濡らした。

「ほら、濡れてきたよ」

「あぁ~」

「そろそろ入れるよ」

ズボンとパンツを脱ぎ、マーちゃんのマンコに挿入しようとしたら手で拒まれた。

「そんなことしたらお姉ちゃんに怒られるよ」

「大丈夫。バレなければいいんだから」

「うん。分かった」

俺はマーちゃんに挿入した。

「痛い?痛かったら言ってね」

俺はゆっくり腰を振った。

「いた、いたいた」

「痛い?」

「我慢する」

「我慢できなかったら言ってな」

「うん」

徐々に激しさを増していった。

「ああああああ」

「気持ちいい?」

「うん」

「出るよ」

「中に出したらお姉ちゃんにバレるよ」

「それもそうだな」

俺はマーちゃんから抜き、顔にぶっかけた。

「あぁ気持ちよかった。マーちゃん、ティッシュで顔拭きな」

「うん」

後片付けをして服を整えた。

「もちろんわかってるよね?」

「お姉ちゃんには言わないから」

「ごめんな、マーちゃんの初体験がお姉さんの彼氏で」

「ううん、リョウ兄さんでよかったよ」

「それってどういう意味?」

「秘密」

「あっそう」

それからしばらくして彼女が帰ってきた。

タイトルとURLをコピーしました