旦那とセックスレスな妹に求められて・・・。

この体験談は約 4 分で読めます。

私は48歳です。
妻は5年ほど前に乳癌で亡くなってしまい、2人でやっていた喫茶店を1人でどうやっていこうか悩んでいた3年前、よく店に来てくれる40歳くらいのとても魅力的なお客さん(M子さん)に、思い切って声をかけてみました。

「都合のいい時間だけで結構ですから、店を手伝ってくれませんか?」

彼女もご主人を半年ほど前に亡くされて職を探しているところだったので、即OKしてくれました。
フルタイムでやってくれてすごく助かって、私も頑張って仕事をしました。
彼女の魅力に惹かれてか常連客も増えて店は順調でした。

彼女と結ばれるのに時間はかかりませんでした。
彼女には19歳の息子と17歳の娘がいるので、その子たちが独立するまでは、私たちも結婚という形はとらない約束。
だからまだ同居はしていません。

一方、私には3つ下の妹がいます。
名前はアキ。
20年前にサラリーマンと結婚しましたが、子供はできませんでした。
そのせいか10年ほど前から夫婦仲は悪く、夫婦喧嘩をしては私の家に愚痴をこぼしに来て、1~2日ほど泊まっていくことを繰り返していました。
両親がいた頃は、説得されて夫のもとへ帰っていっていましたが、今は長い時には1週間もいることがあります。
妹は私とM子とのことは承知で、将来の結婚については大賛成していてくれます。

昨日の夜、久しぶりに妹が来て、「もう帰らない、離婚する」と息巻いていました。
私はやれやれまたかと思いましたが、ともかく妹の愚痴を聞いてやりました。
今回は決意が固そうで、なかなか私の言うことに耳を貸そうとしませんでした。
私はM子との愛の巣である家に妹が居座ってしまったら困るなと思いましたが、「とりあえず今夜は泊ってていいから、もう風呂に入って寝ろ」と言っておきました。

夜11時頃、私も風呂から上がり、寝る前のいつもの寝酒タイム。
ウイスキーの水割りをリビングのソファーでテレビを見ながらチビチビやっていると妹が来て、「眠れない、私にも飲ませて」と言います。
しばらく飲んでいると、妹が意を決したように話し始めました。

「お兄ちゃんはいいわね。エッチする相手がいるから。私は旦那とはもう何年もしていないの。女だってしたい時はあるのよ。私、この頃すごくしたいって思うことが多いの。でも旦那に迫っても全然相手にしてくれないの。だからわざと旦那の横で自分でしてやったことがあるわ。その時に旦那が言った言葉は絶対許せない。私のことを『淫乱』って言ったのよ」

私は妹の言葉に少々ビックリしました。

「『淫乱』はひどいな。確かに女は40代が一番やりたい盛りだって言うからな」

「ねえ、お兄ちゃん覚えてる。私が6年生の頃までお兄ちゃんと一緒にお風呂に入ってたでしょう。ある時、お兄ちゃんがオチンチン大きくして、私のアソコに擦り付けたことがあったの。その時、私、すごく気持ち良かった。もっとして欲しいって思った。子供なのに感じちゃうなんて、私っておませさんだったんだね」

「そうか。お前も覚えていたか。俺もはっきり覚えてるよ。なにせ初めて精子を出した日だったからな。でもそれ以来、一緒に入らなくなっちゃったんだよな」

「ねえ、お兄ちゃん、お願い。今からあの時みたいにして。気持ちよくなりたいの。ずっとお兄ちゃんにして欲しいって思ってたの。いいでしょ?お願い。私、本当はM子さんが羨ましくて仕方がない。M子さんと同じように私にもして欲しいって、もう何年も思い続けているの。イヤ?」

妹は私に太ももを押し付けるように座って、パジャマの上から握ってきました。
その時にはもう、私の息子ははち切れんばかりになっていました。

「嬉しい。もうこんなになってる。私のために大きくしてくれてるんだよね。しゃぶってもいい?」

パジャマを脱がすと、スッポリと根本まで飲み込んでくれたんです。
しばらくジュボジュボやってもらっているとイキそうになってきたので、慌ててストップさせました。
妹はニッと笑い、「私のも舐めて気持ちよくして」と自分でパジャマを脱いで全裸になりました。
ソファーに横になり、足を思いっきり広げて、自分の指でマンコを広げて私を潤んだ目で見つめます。

「いっぱい舐めて吸って、お願い、お兄ちゃん」

私は妹のマンコにかぶりついてしまいました。
舌を丸めて膣穴をレロレロすると、つゆが舌に乗ってきて、それを音を立てて吸い込んでやると、「ヒィー」とよがり声をあげました。
舌を広げてマンコ全体を下から上にベロンと舐め上げてやると、「ハァー」と大きく息を吐き出しています。
クリをレロレロするとマンコをぐっとせり出すようにして、舌にグリグリと押し付けてきて、より強い刺激を求めているかのようでした。

「お兄ちゃん、もう入れて」

私も一刻も早く入れたくなっていました。
なんと興奮させる言葉でしょう。
妹の足を肩に担ぐと、一気に根元まで挿し込みました。
しばらくご無沙汰だったせいか、入口も奥もキツくてすごい快感でした。

「ああ~、すご~い、大きい~。お兄ちゃん嬉しい。キスして、お兄ちゃんの唾を飲ませて」

2人とも極度の興奮状態でした。

「アキ、お前のマンコはすごく締りがいいよ。最高だ。俺、もうイキそうだ。いいか?イクよ。中で出すぞ」

「いいよ、イって。私もイク。いっぱい出して!いっぱい子宮にかけて!」

絶叫して果てました。

その後、少し寝てはまた何度もしました。
妹は、溜まっていた性欲をすべて吐き出したかのようでした。
不思議とM子に対して悪いとか、近親相姦をしてしまった背徳感はありませんでした。
妹は私とのセックスで最高のオーガズムを感じたようで、もう私以外とはやらないと言っています。
M子と妹を満足させなければいけないので、これからが大変そうです。

タイトルとURLをコピーしました