カギを失くした隣家の男の子とエッチなお遊び

この体験談は約 4 分で読めます。

大学時代の話です。

その日、学校から帰ると、隣家の男の子がドアの前で座っていました。
不審に思い声をかけました。

「こんな所でどうしたの?」

「うん・・・鍵を失くしちゃったの」

「家の人は何時に帰ってくるの?」

「お母さんは6時過ぎ・・・」

「じゃあお母さんが帰ってくるまで、お姉ちゃんの家で待ってようよ。ずっとこんな所にいたら熱中症になるよ」

真夏日の暑さから逃れられると思ったのか男の子は笑顔で頷きました。
鍵を失くして家に入れないから母親が帰ってくるまで待っているとのこと。

「名前、教えてくれる?」

隣家とはいえ、引越し後一度も交流もないので、名前も知りません。

「マサト」

「年はいくつ?」

「12」

「鍵、どこで失くしたか覚えてないの?」

「うん・・・」

「まぁいいや。部屋入ろ」

「うん・・・」

部屋の中に入ると蒸し蒸しとした暑さが広がっていました。

「あつぅ~、今、エアコン入れるね」

ここでちょっと小細工をしました。
エアコンの温度を高めに設定。

「あれ~?エアコン調子悪いみたいだね・・・暑かったら服を脱いでいいからね。お姉ちゃんも脱ぐし」

そう言うと私は少年の目の前で下着姿になりました。
マサト君も最初は戸惑っていましたが、暑さには勝てずパンイチに。

「ごめん、やっぱり暑いわ~、全部脱いでいい?」

「えっ?うん・・・」

キョトンとしてこっちを見ているマサト君の目の前でブラとショーツを脱ぎ捨てました。
目のやり場に困っている様子です。

「ん?どうしたの?おっぱい見てもいいんだよ。っていうか~、お姉ちゃんだけ裸なのずるくない?マサト君もパンツ脱いじゃえ」

そう言って強引にパンツを脱がしました。

「あ~隠さない~、ほら、手どけて!」

マサト君が直立状態になると、股間はお腹に張り付くように上を向いていました。

「お姉ちゃんの裸を見てチンチン大きくなっちゃったのかな?」

「うん・・・」

「お姉ちゃんの裸を見れて嬉しい?」

「うん・・・」

「本当?可愛い~。ねぇ、おっぱい触っていいよ」

マサト君の手を取り、おっぱいを触らせました。

「ほら、揉んでごらん」

言われるがままに、ぎこちない手つきで揉みだすマサト君。

「乳首も触って・・・」

乳首を摘むマサト君。
たまらず抱き締めると、汗が混じり合い凄く興奮してきました。
有無を言わさず唇を奪いました。
そしてマサト君の体中にキスと舐め上げ攻撃。

「あっ・・・ん・・・ん・・・」

小刻みに震えるマサト君。
玉袋を舌で転がします。

「あっ!」

そう言ったかと思うと、すごい勢いでマサト君のおチンチンから精子が飛び出しました!

ビュッ!!

「可愛い~。玉舐められただけですご~」

マサト君のお腹の上に飛び散った精子を全て舐め取り、おチンチンに残った精子も吸い出しました。
マサト君は一度出したくらいじゃ、まったく収まらないようで、おチンチンは以前お腹にへばり付くように勃起したままです。

「ねぇマサト君、お姉ちゃんのおまんこ舐めてくれる?」

ソファーに座り足を広げました。

「うん・・・」

マサト君は跪くと私の股間に顔を埋めました。
たどたどしい舌使いでペロペロと舐めはじめました。

「そうそう、気持ちいいよ・・・もっといっぱい舐めて」

ハァハァと荒い息遣いで舐め続けるマサト君。

「ほら、おまんこビチョビチョでしょ?女の子は気持ちよくなるとこうなるの」

目の前で指を入れて見せてあげました。

「マサト君も指を入れてみて・・・」

恐る恐る指を入れるマサト君。

「もっと奥まで入れて・・・そう、出し入れして・・・」

言われるがまま指を出し入れするマサト君。
横からマサト君のおチンチンを見ると苦しそうにピクンピクンしていました。

「お姉ちゃんがまた気持ちよくしてあげる」

マサト君を寝かせてシックスナインの体勢に。

「マサト君も舐めてね・・・」

「うん・・・」

お腹に張り付いたおチンチンを口に含みました。

「はぅぅ・・・」

悶え声が聞こえた後にマサト君が私の股間を舐め返しました。

「あぁん・・・」

必死になって舐めてくるマサト君。
あまりの可愛さに愛しさが込み上げてきました。
マサト君のおチンチンの皮を舌で捲り、恥垢を舐め取りました。

「痛い、痛いよ、お姉ちゃん」

マサト君にはまだ刺激が強すぎたようでした。
大人しく皮を戻し、皮の上から舐め上げました。
3~4回舐めあげると・・・。

「うぅ・・・あっ!」

そんな声と共に私の口の中に精子を放出しました。
2回目とは思えないすごい勢いで喉の奥にぶつかりました。
出された精子を飲み干し、マサト君のおチンチンをタオルで拭いてあげました。

「ねぇマサト君、明日は学校お休みでしょ?」

「うん」

「明日もお姉ちゃんとエッチなことして遊ぼうか?」

「うん!」

「じゃあ10時に来て。待ってるからね」

「うん」

その日の夜は、どんな事をしようか考えてなかなか寝付けませんでした。

タイトルとURLをコピーしました