生徒の母親を寝取ることに興奮を覚えた高校教師

この体験談は約 6 分で読めます。

俺は大学を卒業後、私立高校の数学教師になった。
1年後、学生時代から付き合っている1つ下の後輩が卒業し、帰郷するのと同時に別れた。
新幹線の駅で彼女を見送り、トボトボうなだれて歩いているところを生徒の母親、京香さんに見られたらしい。
PTAの会合の後、その京香さんに呼び止められ、その時のことを聞かれたので、正直に恋人と別れたと言った。
その夜、京香さんに誘われ関係を持ってしまった。

京香さんは38歳で長い黒髪のスレンダー美人だ。
年齢より若々しい人だ。
久しぶりの女体に興奮して貪った。
京香さんは、「あん、あん」と可愛く喘ぐ方で魅力的だった。

「若いから激しいのね。主人のモノより長くていいわー」と言われた。

それ以来、俺は京香さんと定期的に逢うようになった。

その日、京香さんは急用ができたらしく、同じPTA役員の亜矢さんが来た。
俺は焦った。
亜矢さんは、「京香さんの代わりよ。行きましょう」と言って、ホテルへ入った。

「若い先生と浮気できるって聞いて、私も混ぜてもらったの」

亜矢さんは44歳で京香さんより肉付きがいい。
亜矢さんは騎乗位が好きで、「ぐあ~、ぐあ~」と呻くワイルドなセックスをする方だった。

「主人より硬いわ。やっぱり若いっていいわー」と言われた。

京香さんにしても亜矢さんにしても、ご主人と比べる発言をしていたことが印象深くて、他人の奥様を寝取ることへの興味が湧いてきた。

俺は京香さんをメインに、たくさんの生徒の母親と関係を持った。
一番美人の京香さんとは、最低でも週1回は体を重ねた。
亜矢さんは月に2、3回といったところだ。
俺は28歳までの5年間に、50人くらいの母親と関係した。
京香さんとだけは子供が卒業した後も関係が続いた。
50人のうち半分は1回の火遊びで終わったが、子供が卒業するまで関係を続けた方もかなりいた。
他人の奥さんを寝盗る快感が麻薬のように止められなくなっていた。
高校教師というと、どうしても女子生徒と関係を持つ人が多そうだが、俺はまだ誰のものにもなっていない女子生徒には全く興味がなかった。

27歳の時、ついに同僚の真紀と関係してしまった。
彼女は職員室で俺の隣で32歳、結婚3年目の英語教師だ。
電車が止まってしまった日だ。
俺は真紀さんを車に乗せて送っていくことにしたが、その車内であるアニメビデオの話題になった。
真紀さんは俺の部屋に立ち寄り、借りたいアニメビデオを物色していた。
その時、真紀さんは無修正の裏ビデオを見つけた。

「これってエッチなビデオ?」

「あっ!だめですよ、そこは!」

「このあたり全部そうなの?うわーエッチー」

「もう真紀さん、勘弁してくださいよ」

「ねえ、これ見せて」

「早く帰らないと旦那さんが心配しますから」

「彼、今日出張だから帰ってこないんだ。見せてよ。じゃないとみんなに言っちゃうぞ(笑)」

仕方がないのでご鑑賞いただいた。
真紀さん完全にエロモードだった。

「なんかエッチな気分になっちゃった」

「こんなの見るからです」

「あれ!おっきくなってるー。ねえ、しちゃおうか?」

俺は真紀さんを押し倒し、股間を攻めた。

「あはーん、あーん」

すっかりその気になってるので、下半身だけ脱いで入れた。

「あひゃー、いい、いい、ひいー」

普段の凛々しい真紀さんとは思えない乱れよう。
俺は真紀さんの顔に思いっきり射精した。
その後、真紀さんは、ご主人の出張のたび俺のアパートに来て、裏ビデオを鑑賞して俺に抱かれて、毎回大乱れして帰るようになった。

ある日、俺のアパートでは誰かに見られるとまずいからと、郊外のホテルに行った。
シャワーを浴びて全裸で交わった。
真紀さんの裸体は、人妻とはいえまだ子供を産んでないので、崩れのない綺麗なプロポーションだった。
初めて前戯からはじめる本格的なセックス。
クンニでは、「おあー、おあー」と喘ぎ、入れてかき回せば「ギャンギャン」喚いて乱れまくった。
他人の可愛い奥さんを抱いていると思うと興奮も最高潮。
俺がイキそうだと言っているのに真紀さんはしがみついたまま離れず、俺は真紀さんの体内に大量に射精してしまった。

「まずいよ、真紀さん」

「ああ・・・今日は本当にまずいかもしれない。どうしよう・・・私、あなたに夢中になっちゃって、愛する人に抱かれている錯覚を・・・ああ・・・」

結局、真紀さんは妊娠してしまった。
その後すぐに4泊の出張から帰ってきた旦那さんと中出しでセックスしたらしいが、確率的には俺のほうが高いらしい。
早く中絶すべきだったが、俺と真紀さんの血液型が同じだったため、決断を鈍らせて手遅れになった。
真紀さんは、このまま旦那との子として育てると言った。
実際、生まれたばかりの頃はどちらが父親か分からないだろうが、成長と共に次第にどちらかに似てくるだろう。

俺は高校教師から同資本系列の塾講師へ転職した。
28歳のときだ。
このまま真紀さんの隣にはいられない・・・。

この塾の勤務は変則的で、基本的に平日が午後3時から10時まで、土曜日が午後1時から10時まで、日曜日が午後1時から8時までだ。
俺の休みは月曜日と火曜日。
平日の日中、比較的時間に余裕のある俺は、専業主婦を相手に不倫を楽しんでいた。
水曜日から金曜日の午前9時から11時頃には日替わりで幼稚園ママを頂いていた。
20代後半から30代前半の素敵なママがたくさん俺に身体を開いてくれる。
月曜日と火曜日は40代の熟れたお母さんを頂いている。
高校教師時代の反省から、塾の生徒の母親や同僚には手を出さないようにした。
塾講師になって5年、俺も32歳になったが結婚する気は全くない。
すでに関係した人妻は軽く100人を超えている。
もっとも人妻以外は学生時代の3人しかいないのだが・・・。

長い付き合いになっている人妻が2人いる。
美雪(40歳)と、加奈(32歳)だ。
美雪も加奈も週1回会う仲だ。
この2人とは4年になる。
正確に言うと美雪は元人妻で2年前に離婚したが、俺との不倫が原因ではない。
旦那のDVだった。
別居中に俺と出会った。
美雪には、栞ちゃんという16歳で高2の娘がいる。

加奈は俺と同い年で気が合う女だ。
旦那はバツ3の49歳で、今はセックスが月1となり、加奈は身体を持て余している。
普通にセックスを楽しむ間柄だ。
一方バツイチの美雪は40歳とは思えない童顔だ。
離婚して旦那のものでなくなったが、あまりの可愛さに俺が夢中になってしまった。

本当は許されないのだが、美雪の娘の栞ちゃんには塾に内緒で家庭教師のバイトをしている。
商業高校の生徒だが数学が苦手なのは致命的だ。
電算処理のための表計算ソフトのプログラムを教えていた。

ある日、美雪とのセックス現場を栞ちゃんに見られた。
栞ちゃんは期末テストが終わって遊びに出かけたので、俺は美雪のベッドで昼間から楽しんでいた。

「あん、あん、いいー」と遠慮なく喘いでいたところに栞ちゃんが早々と帰ってきてしまったのだ。

ベッドの足元側に寝室のドアがある。
栞ちゃんは俺たちの結合部分を間近で見てしまった。
親のセックスを見たのはショックだろう。
栞ちゃんは、「勝手に開けてごめんなさい」と走って出ていってしまった。
俺はその場で美雪にプロポーズしたが、受けてもらえないどころか別れ話を切り出された。

美雪に呼ばれた。
栞ちゃんが俯いたまま口を開いた。

「先生はママのことが好きなの?」

「うん。好きだ」

「そうなんだ・・・」

そう言って栞ちゃんが泣き出した。

「私ね、先生のこと好きだったんだ」

予想外の展開に言葉が出なかった。
栞ちゃんは客見的に見て可愛い。
母娘で可愛い。
誰のものでもない女子生徒に興味がなかった俺は、そういえば美雪もすでに旦那のものではないのに好きになっていた。
俺は、「大人は高校生とは付き合えないんだよ」とお茶を濁した。

美雪以外のセフレママは2、3人が残っているだけで、もう増やすことはしていない。
いや、美雪はすでにセフレではない。
俺は可愛い美雪を諦めれなかった。
しかしもう1人、諦めていない女がいた。
栞ちゃんが地元の金融機関に就職を決めた。

「高校卒業しました。社会人になりました。付き合ってください」

栞ちゃんに告られた。
誤魔化していたツケが回ってきた。
栞ちゃんはまだ18歳、俺は34歳だ。
美雪は42歳だが童顔なので見かけは俺とそう変わらない。

「栞はあなたが好き、あなたは私が好きなのね。私は栞に幸せになって欲しい。思いがグルグル回ってる。ねえ、栞と一緒になってくれない?そして3人で暮らしましょう。時々なら私を抱いてもいいわよ。栞には言って聞かせるから。これならみんなの思いが叶うでしょ?」

俺は栞と2年付き合ったが、栞を一度も抱かずに結婚した。
20歳の花嫁は処女だった。
俺は36歳、義母は44歳。
披露宴では、栞の同僚の男たちの刺さるような視線を浴びた。
きっと36歳のおっさんに20歳の栞が散々汚されたとでも思っているのだろう。

俺は栞と美雪の3人で新婚初夜を迎えた。
俺と栞の初めての営みを美雪がハイビジョンで撮影した。

「いったあああー」

栞と俺は初めて一つになった。
夫婦になった初めての夜だ。

俺は37歳になった。
もう全ての人妻と関係を断った。
今、栞は妊娠3ヶ月だ。
来年、俺は父親になる。
美雪は45歳でおばあちゃんだ。
今後、俺は栞と美雪を愛して生きようと思う。

タイトルとURLをコピーしました