同級生の美人の母親を脅して・前編

この体験談は約 11 分で読めます。

嘘みたいな話なんだけど、俺の初体験って、14歳のときに37歳のオバサンとだったんだわ。
今から10年近く前のことなんだけど。
ちなみに相手は俺の友人、っていうか同級生の母親だった。

その同級生ってのはヒロキって名前だった。
ヒロキはジャニーズ系の顔をしてて、結構女の子にモテるやつだった。
まあ中学生の時って悪いやつほど人気があったから、そいつも悪ぶっていた。
だけどそいつの姉ちゃんは中学の生徒会役員をやってから学区トップの高校に行った、いわば才色兼備の女の子だったし、聞けば奴の親父さんは結構名の通った企業の役員だった。
ヒロキ自身、頭は悪くなかったから、顔が良くて成績も良くて血筋も良けりゃ、モテるのも当たり前だな。
しかし(みなさまの反感を買うのは覚悟の上だが)、成績は俺のほうが良かった。
それがどうもヒロキにとって面白くなかったらしい。

そんなヒロキと俺は同じ塾に通っていた。
あれは中学3年のゴールデンウィーク明けのことだった。
その月のテストで、たまたま俺が塾の実力テストで断トツトップの成績を取ってしまった。
まあ総合成績ではいつも俺のほうがヒロキより上にいたのだが、このテストではヒロキが得意としている数学でも圧倒的な差をつけてしまったことが、ヒロキの怒りに火を注いだようだった。

ヒロキは塾が終わると、帰りかけの俺を呼び止めて因縁をつけ始めた。
正直、ものすごく怖かった。
まじで小便を漏らしそうだった。
他の生徒たちは関わり避けるようにそそくさと帰っちゃうし、一部残ってた女の子たちはジャニーズ系のヒロキの悪ぶりに目がハートになってるし。
誰も先生とか大人を呼んだり、止めたりしてくれない。
ヒロキも女の子の視線があるから余計勢いだって俺の胸倉を掴んだり、膝で軽く蹴りを入れたりしてくる。
俺、恥ずかしいけど、泣いちゃったよ。
今から思えば、あのとき泣き喚いて許しを請えばよかったんだろうな。
そうすればヒロキのプライドも満たせて丸く収まったんだ。

だけど俺、怖くて怖くて逃げ出しちゃったんだ。
陸上部で足も速かったから逃げ切れると思った。
だけど腰がすっかり抜けてたんで、思うほど早く走れなかった。
それに逃げた方角も悪かった。
まっすぐ塾の教室に戻って先生に助けを求めればよかったのに、俺は自分の自転車に向かって走った。
そして震える手で鍵を差し込み、跨がろうとした瞬間に追いつかれた。
ヒロキはすっかり逆上してて、信じられないことに俺に飛び蹴りを食らわせやがった。
そのとき俺は右腕を骨折しちまった。
気がついたときは病院だった。
怖さと痛みとショックで、蹴りを食らった瞬間に気を失ってたらしい。
ごめんなみんな、話が長くて。

俺、それからしばらく学校に行けなかったんだ。
そりゃそうだよな、折れた右腕はズキズキ痛むし、同級生に言われなき暴行を受けてトラウマ状態になってたし。
とにかく俺の母親はカンカンに怒って、ヒロキの件を警察沙汰にすると息巻いていた。
そりゃそうだよな、喧嘩して腕を折ったのならともかく、これは一方的な暴行だから。
それに息子が登校拒否を起こすし。
ヒロキの母親が何度も電話してきたり菓子折りを持ってきたりしても門前払いというか、俺の目から見てもすごく邪険にあしらって謝罪を受け入れる素振りも見せなかった。
ヒロキの母親は、そりゃもう必死だった。
毎日のように俺の家に電話を寄こしたり謝罪に来たり。
無理もない、警察沙汰になったら成績優秀な自慢の息子の高校進学は間違いなくパア。
下手すりゃ有名企業で役員をやってる旦那だってただじゃ済まない。

ヒロキの母親は、重役夫人という肩書きにしては鼻につくようなところもなく、至って常識的な、なぜこの母親からあんな乱暴な息子ができたんだろうと思うような、そんな女だった。
だが、さすがにいいところの奥様だけあって、俺の母親のように年相応に太ったりすることもなく、そこはかとなく上品さも漂っていた。
ジャニーズ系のヒロキの母親ということもあって、紺野美沙子に似た美貌だったせいもあったかも知れない。

とにかくヒロキの母親の必死だったことは、事件から10日以上も、毎日のように家に謝罪に来たことからもわかる。
たとえインターホンで追い払われても、毎日毎日懲りずにやって来た。
家の母親も次第に軟化してきて、「息子がヒロキ君を許すのであれば」と言うようになってきた。
だけど俺は許すつもりはさらさらなかった。
だって、そうだろ?
一方的に暴力を振るわれて、腕まで折られて。
正直、少年院にでも行ってほしかった。
そうじゃなきゃ、とてもじゃないが怖くて学校になんか行けなかった。

2週間ほど経って、だいぶ容態が安定してくると俺の母親は安心したらしく、長いこと休みを取っていたパートに戻った。
弟も小学校に行ってしまうので、俺は日中1人でテレビを見たり勉強したりしながら家で時間を潰していた。
そんなとき、ヒロキの母親が家にやって来た。
俺の母親が、「息子がヒロキ君を許すのであれば」と言ったので、そこに希望を見出してヒロキの母親は、なんとか俺にコンタクトを取ろうとしていたらしい。
ヒロキを許すつもりなどさらさらない俺は、これまでヒロキの母親と会うことはおろか電話やインターホンで話すことも頑なに拒み続けてきたが、その日、とうとう俺はヒロキの母親と会うことにした。

ちなみにヒロキの母親が来たとき、俺はテレビを見ていた。
その番組は火曜サスペンス劇場かなんかの再放送で、たまたま女がレイプされているシーンだった。
だから俺のチンポは激しくおっ勃っていた。
そのレイプシーンってのは、女が男に押し倒されたあと、女の切なげな表情がどアップになり、続けて女の手が激しく男の背を掻き毟る画面があり、切り替わったときはすでに事が終わり、呆然と女が立ち上がるシーン。
要は、中学生が見たい女の裸が全く見られないシーンだった。
チンポは勃つには勃ったが、どうにも俺は欲求不満だった。

ヒロキの母親に会ったのは、そのときが初めてだった。
息を呑んだよ。
だって美人なんだもん。
同じ母親でも、こんなにも違うのかって驚きもしたし、情けなくも思った。
同時に無理もないかって思った。
だってあのジャニーズ系のヒロキの母親なんだし、あの美人なヒロキのお姉さんの母親なんだし。
言っておくけど、別に俺はヒロキの母親に変なことをするつもりでヒロキの母親を家に入れたわけじゃない。
ただ退屈の最中だったし、ヒロキの母親に散々悪口を言ってやることで少しでもすっとするかなって、ただそんな風に思ってた。
だけど、この美人の母親を見たとき、ちょうどテレビでレイプされてたのが酒井和歌子っていう女優で、この母親と同じ年頃だったってこともあって、ものすごく甘い衝撃が下腹部に走った。

ヒロキの母親は、ピンクのシャツの上に白いカーディガンを羽織り、やはり白のスカートを穿いていた。
家に招じ入れると、甘やかな香水の匂いが俺の鼻腔を刺激し、ズキンと甘い衝撃が再び俺の下腹部に走った。

「どうぞ中へお入りください」

玄関の鍵を掛けながら、俺はヒロキの母親をリビングに通した。
前を歩くヒロキの母親のスカートに浮かび上がるむっちりとしたヒップの肉感に、またもやズキンとなった。
リビングに入ると、ヒロキの母親はソファーにも座らず、菓子折りをそっと押し出すと、中学生の俺に土下座して、「この度のこと、本当に申し訳ございませんでした」と額を絨毯に擦りつけた。
俺は憮然として、「申し訳ないも何もこれを見てくださいよ」とギプスをはめた右腕を突き出して、「僕、絶対ヒロキを許しませんから」と言ってやった。
ヒロキの母親は必死な目で俺を見つめて、「ごめんなさい、許してください」と再び頭を垂れた。

「許してくださいって、どうしてヒロキが謝りに来ないんですか?どうしておばさん1人なんですか?ヒロキには謝る気がないってことなんでしょ?」

そう言ってやると、ヒロキの母親は、一瞬ぐっと詰まった。

「だったら僕、絶対許したくないな。受験だっていう大切な時期に右腕を折られちゃって。僕、ヒロキのこと絶対許さない。あんなやつ少年院にでも入っちゃえばいいんだ」みたいなことを言ってやったと思う。

ヒロキの母親は、「ごめんなさい、ごめんなさい」と繰り返すばかり。
昔から口だけは達者だったから、俺はここぞとばかり言ってやった。

「おばさんね、簡単にごめんなさいって言うけど、僕、何にもしてないのに腕を折られちゃったんですよ。ものすごく痛いんですよ。鉛筆が握れなくって勉強もままならないし、この受験の大事なときにどうしてくれるんですか!」

よくそんなことが言えたと思う。
ヒロキの母親は頭を垂れたままでいる。
冷静になってみれば滑稽な情景だろう。
大の大人が中学生に怒られてるんだから。
ま、それも可愛い息子の将来と大切な旦那のことを考えて、とにかく嵐の過ぎ去るのを待とうとする女の打算だったんだろうな。
そのときの俺はガキだったから、そこまでは判らなかった。
ただ、女優みたいにきれいな女が、俺の怒りをごもっともと大人しく耐えてるのがたまらなく快感だった。
しかもそれが、あのヒロキの母親なんだぜ?

「右手が使えないと色々と大変なんですよ。トイレでお尻を拭くのだって上手くいかないし、ご飯を食べるのだってひと苦労だし」

俺はごくんと生唾飲み込んだ。
そして一気に言ってやった。

「それにマスターベーションだってできないし」

それまで大人しく下を向いて俺の言葉を聞いていたヒロキの母親が、ぎょっとしたように顔を上げた。
そのときの表情は、こたえられないくらいにいい顔だった。

「マスターベーションですよ、マスターベーション」

おばさんとはいえ美人の前でこんな卑猥な言葉を口にして、俺の心臓もバクバク鳴ってたのを覚えている。
心臓の鼓動が聞こえてくるほどで、それにあわせて右腕もズキズキと痛んだ。

「おばさんは女だからわかんないだろうけど、僕らみたいな思春期の男の子って大変なんですよ。1日に2度も3度もマスターベーションしないと精液が溜まって、苦しくて苦しくてたまんないんですよ」

思いもよらぬ生々しい言葉にヒロキの母親の視線が泳ぐ。

「ヒロキだってね」

俺は追い討ちをかけるつもりで言ってやった。

「きっと毎日やってますよ、マスターベーション」

しかし息子の名前を出したのは失敗だった。
泳いでた目が急に吊り上がり、「ふざけないで!」と、どんとテーブルを激しく両手で叩いた。
正直、ビビった。
すんげー怖かった。
やっぱりこまっしゃくれてても、そこはまだガキじゃん?
だから大人に怒鳴られると怖いわけよ。
しかも、俺をあんな目に遭わせたヒロキの、ぶち切れてたときの目に似てるわけよ。
女の怒気に俺のチンポは一気に萎んだもん。
下手したらあのまま形勢逆転して、俺はヒロキと和解せざるを得なかったんだろうな。
でも、あのとき「ごめんなさい」と言いかけた俺の脆い心を支える幸運が起こった。
身を乗り出したヒロキの母親のブラウスのボタンの隙間から、ベージュ色のブラが見えたんだ。
そこは中学生だから、生まれて初めて見る生ブラに萎えてたチンポが一気に勃起して、俺は崩れかけてた心を立て直すと、「ふざけてなんかいませんよ」と、言ってやった。

「いいですか、僕、もう2週間もマスターベーションをしてないんですよ。ヒロキ君が毎日やってるマスターベーションを2週間も!わかります?苦しくて苦しくって、もう気が狂いそうなんですよ!」

まあ2週間やってないってのは嘘だけど。
左手は使えるんで、できないことはなかった。
ただ俺はうつ伏せオナニー派だったんで、右手を吊ってるとうつ伏せオナニーができないんで、いまいち満足しきれてなかったのは事実だ。

ま、そんなことはどうでもよくて、ヒロキの母親は上品な顔面を紅潮させ、細く形のいい唇をプルプル震わせて、「いい加減にしてっ!」と床を踏み鳴らして立ち上がった。
一瞬びくってしちゃったけど、でもすぐにふてくされた態度をとってやった。

「あっそう!じゃあもういいよ!警察に言ってやる!なんだよ、人の腕を折っておいてさ!謝りに来たって言うから、俺がどんなに大変かを話したのに、『ごめんなさい』も言わずに逆ギレするし!もういいよ、帰ってよ!」

我ながら、中学生のくせによくぞここまでできたと思う。
昔から営業向きだったんだな、きっと。
俺がそう言うと、怒りに赤らんでた顔がすっと青白くなり、「ごめんなさい、それだけは堪忍して・・・」と、へたり込むように崩れ落ちた。

「警察には言わないで、許してください、ごめんなさい・・・」

このとき俺の脊髄を駆け上ったゾクゾク感が、君たちにわかるかな。
ヒロキの母親の白いうなじを見ながら、俺は直感的にこの女を屈服させたことを、こみ上げる快感として感じた。

「僕ね、ヒロキ君のことは許せないんだ。殺したいくらい憎んでる。でもそれ以上に、とっても今、苦しいんだ。それをおばさんが助けてくれるんだったら、ヒロキ君のこと許してもいいな。っていうか許せないけど、警察に言うのは我慢する」

そう言って俺は立ち上がった。
その瞬間、くらっと貧血の目眩がした。
自分がとんでもないことしてるっていう罪悪感もあったし、何より体中の血液があそこに集中しちゃってたから。
そのぶん俺のチンポはギンギンで、部屋着のズボンがもっこりとテントを張っていた。
ヒロキの母親は息を呑むと、唇を噛み締めて視線を逸らした。
俺は荒い呼吸していたと思う。

「ほら、おばさん、こんなに苦しいんだ。助けてくれたら我慢するって約束するよ」

その瞬間、ヒロキの母親の目から涙が頬を伝った。
ショックだったんだろうな、自分の息子と同じ歳のガキに性欲を満たすよう要求されるなんて。
無理もない、自分の息子と同じガキだからこそ、のこのこと2人きりの家に上がり込んで来たんだろうから。

ヒロキの母親は意を決したように、震える手を俺の股間に伸ばしてきた。
そして繊細なタッチで、俺の硬くなったチンポを亀頭からタマタマのところまで、ズボンの上からさわっと撫でた。

「はぅ」

俺は腰砕けになった。
なにしろ生まれて初めて他人に、それも美人な女に触られるんだ、電流に似た快感が脳髄を走った。
今から思えば、ヒロキの母親はさすがに大人の女だったと思う。
このあとも何人かの女にチンポを触れられたが、あのときの手つきのような快感を覚えることはなかった。
男の体を知り尽くした熟女ならではの触れ方だったんだろう。
きっと、あと三擦りもされれば、あえなく俺はズボンの中に精液を撒き散らしたに違いない。

俺は再びソファに戻った。
せっかくのチャンスを、たった三擦りで終わらすつもりはない。
平静を装って俺はこんなことを言ってやった。

「おばさんって、全然男の子のことわかってないね。おばさん、男ってただチンポを擦ったらそれだけで射精すると思ってるでしょ。マスターベーションって、自分でチンポを擦るだけだと思ってるでしょ?」

実際はその通りなんだが、俺はただチンポ擦ってもらうだけじゃ嫌だった。
今思い返せば、紺野美佐子似の美熟女が横据わりで白い太ももをスカートから覗かせて、涙ながらにチンポしごいてくれれば、もうそれだけで十分満足なんだが。
それ以上を望んだあのときの俺は贅沢だったかな?
本当は口からでまかせなんだけど、こんなことを言ってやった。

「男の子はね、ただおちんちん擦るだけじゃだめなの。男の人がなんでエロ本を買うかわかる?男の人はね、おちんちん擦るだけじゃなくって、エッチなものを見て初めて射精できるの。だからヒロキ君もエロ本、持ってるでしょ?」

本当に適当なこと言ったなと思うけど、ヒロキの母親が力なく首を振ったところを見ると、やっぱりヒロキの奴、エロ本を持ってたんだな。

「僕だってマスターベーションをするときは、エロ本見てからするんだよ。わかる?だからおばさん、僕のおちんちん擦ってくれるのはありがたいんだけど、でもエッチなのを見たいな。そうじゃないと射精できないんだもん」

ヒロキの母親は勘違いしたらしい。

「・・・えっと、それはどこにあるの?」

「は?」

「えっと、あの、その、いかがわしい本・・・」

ふんと俺は鼻で笑った。

「本よりもエッチなものを見たいなぁ」

よくわからず、ただ不安げなヒロキの母親に、こう言ってやった。

「おばさんのパンティが見たいなぁ」

はっと目を見開いたヒロキの母親の凄艶な美しさ、みんなにも見せてやりたい。

「ふ、ふざけないで」

顔を微かに振りながら、ヒロキの母親が言う。

「いやよ・・・そんなの絶対に嫌」

ヒロキの母親にしてみれば、ここはひとつ目を瞑ってガキのちんぽをしごけば一件落着とでも踏んでたんだろうな。
そうはいかねえよ。

「おばさん、僕にパンティを見せるか、それともヒロキ君のことを警察に話すか、どっちかなんだよ。おばさんがパンティ見せない、それだったら僕は今から警察に行く、それだけのことなんだよ」

「どうして・・・?」

ヒロキの母親瞳からぽろぽろと涙がこぼれる。

「◯◯君って学級委員もやってるいい子なんでしょ?それなのにどうして?」

「うっせぇなあっ!」

俺はわざと大声を出した。
ヒロキの母親がびくっとした。

「ババア、てめぇ、勘違いしてるんじゃねぇか?言っとくけど、てめぇなんか俺から見りゃあ、ババアだよ!いいか?お前の息子は俺の腕を折ったんだぞ?傷害だぞ?本来なら警察沙汰だぞ?言っとくけど、俺はてめぇみたいなババアのパンティなんて、これっぽちも見たくねぇんだよ」

ヒロキの母親はすすり泣きを始めた。
良家の深窓の奥様ともあろう人が、ここまで罵られたことなんてなかっただろう。
俺は鼻血が吹き出るかと思ったよ。
心臓が口から飛び出すかと思ったよ。
でも、そんな素振りは押し殺した。
そして続けた。

「おいババア、なんだよその言い草はよぉ。リョウコちゃん(ヒロキの姉)ならともかく、俺はババアで我慢してやるって言ってるんだぜ。なのにその言い草はねぇえだろうよ」

「わかったわよぉ!」

やけくそ気味にヒロキの母親が言葉を吐き出した。
そして悔しそうに、涙で肩を震わせながら言った。

「私の・・・見てください・・・」

お前ら、想像してみてくれ。
紺野美沙子似の女が、泣きながら唇をかみ締めながら、自分で白いロングスカートを捲り上げてるんだぜ。
白いスカートにも負けないくらい白くてむっちりした太ももが微かに震え、捲り上げられた豊かなスカートの生地の襞の奥にベージュ色のデルタがあるんだぜ。
しかも黒い陰毛が微かに透けて見えてる。
俺は思わず左手を股間に持っていって、ハアハア言いながら擦ってた。
ベージュ色のおばさん下着ってところが、なんとも言えずエロティックだった。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました