帰国子女一家はヌーディストだった

この体験談は約 3 分で読めます。

中学に入って間もなく、俺の学級に帰国子女が転入してきた。
健一という男で、4歳ぐらいの頃からアメリカに渡り、親の仕事の都合で日本に帰って来たのだとか。
アメリカ暮らしということで日本語の使い方が少しぎこちなかったため、彼と席が近くだった俺が日本語解説役として、彼に日本語を教えてやった。
そういうことがあって、彼とは仲が良くなった。

初めて健一の家に行ったのは1学期末の定期テストの時。
前回のテストの時と同様、英語と国語を交換条件に勉強を教えてもらうことになった。
テスト期間中ということで部活は休みで、夕方ぐらいまで家にお邪魔して勉強をすることになった。

「なんだ、ウチから遠くないじゃん」

意外と近所だったことに驚いた。
家の中に入るとキャラクターものの靴があった。
サイズからすると小学生ぐらいだろうかと思いつつ健一の部屋に上がった。
テキストとノートを広げて、互いに勉強をすることになった。

その後20分ぐらいして、トントンとノックの音がした。
健一が「はーい」と言うとドアが開く。
次の瞬間、俺の視界に全裸の少女の姿が飛び込んできた。
小学校の中~高学年くらいだろうか。
健一との話の内容からすると『由美』という妹らしい。

でもなぜに裸なのか。
俺はそればかり考えていた。

彼女は俺の視線など気にせず、兄と話をしていた。
胸やあそこを隠すこともない。
数分して2人の話が終わり、由美は部屋を出る。
きょとんとしている俺に健一は、「アメリカではいつもああだったから」と言った。

つまり、健一一家はヌーディストだった。
(今は“ナチュリスト”とかって言うらしいが)
健一たちはアメリカの西海岸に住んでいて、ビーチが近くにあったらしい。
それで、一度行ったのをきっかけに、外出を除いては全裸で生活するようになっていたのだとか。

健一はその経緯のようなものを家族アルバムを開いて解説してくれた。
そこにはビーチで全裸になってはしゃぐ一家の写真があった。

「これは誰?」と俺が指差すと、「姉ちゃん」と答えてくれた。

そのアルバムは俺にとってエロ本と同じだった。
いや、モザイク抜きということを考えると、そこらのエロ本よりも刺激的だった。
親父さんと健一はともかく、お母さん、お姉さん、由美の3者3様の裸は、見ててハァハァしてしまった。
特にお姉さん!
女子高生ぐらいだろうか。
胸も豊満で、スタイル抜群という言葉がぴったりだった。

結局、その日はほとんどアルバム鑑賞で終わってしまい、勉強ができなかった。
そして俺はこっそり、健一の目を盗んでお姉さんと由美のツーショット写真を抜き取っていた。
健一の部屋を出て帰ろうとしたとき、遠目にスラっとした女性が見えた。
もちろん服は着ていない。
後ろ姿だからお尻しか見れなかったが、それだけでドキドキしてしまった。
生で見る女の裸は、ちらっとでもエロビデオの何倍も興奮した。

その日くすねてきた写真は、かなり長い間、夜のお供として活用させてもらった。

タイトルとURLをコピーしました