騎乗位でイッてしまった塾のおばさん先生

この体験談は約 4 分で読めます。

俺の初体験は中学の時、相手は塾講師のおばさんだった。
体格はちょっとぽっちゃりで、松下由樹とか夏川結衣みたいな感じ。
顔は猫っぽい感じで、とにかくすごく優しかった。
今は俺も30歳を越えて、色々な女性と経験してきたが、忘れられない思い出のひとつだ。

その時、おばさんは30歳、数学を教えていた。
俺のクラスは10人くらいの少人数。
長机に1人ずつ座って、分からないところや個別指導があれば講師が隣に座って教えてくれる、そんなスタイル。
俺はいつも一番後ろに座っていた。
分からないことがあるとおばさんが隣に座って教えてくれていたが、いつからか俺の太股に手を置いて体を密着させて教えるようになっていた。
おばさんはいつもいい匂いをさせていたので嫌じゃなかった。

何気に他の生徒とは密着度が違うとわかったのは、同じクラスの女の子が、「渡部先生って明君を教えるときだけ、なんか近づきじゃない」と言ってきた時からだった。
今までそんな事も気にしてなかっただけに、急に気になり始めた。
隣に座ってきた時、ドキッとしながらもよく見ると、その日の服は、本を見るために屈みこむと胸の谷間がくっきりと見え、先っぽまで見えるんじゃないかと思うくらい広く開いた服だった。

ふくよかな白い胸が目に飛び込んできた。
性に対して興味津々の男子中学生なら股間が硬直するのは当たり前。
その時まで、おばさんを異性としては見てなかっただけに、それ以来はことさらに異性として見るようになった。

中1の夏、郊外にある塾所有の教室で1週間泊りがけの夏期講習があった。
朝6時起床、8時から12時まで授業、昼食後は運動の時間と昼寝&自習時間、夕食後19時から22時まで授業という結構ハードスケジュールな夏期講習だった。

最終日、勉強の疲れを忘れて花火大会が行なわれた。
ひとしきり遊んだ後、部屋へ帰る途中で渡部先生に呼び止められた。

「明君、ちょっといい?」

タンクトップにホットパンツの渡部先生。

「はい、なんでしょ?」

俺は胸の谷間を凝視した。

「勉強どう?分からないところはない?」

「えっ、あ、はい。今のところ大丈夫です。たぶん」

いつものいい匂いが胸の谷間から匂ってくるみたいだった。

「すごくいい匂いがしますね。僕、先生の匂い大好きです」

「そう?嗅いでみる?」

そう言うと先生は胸の谷間を俺の鼻先に持ってきた。
甘い香りが鼻先をくすぐり、先生の胸の谷間に鼻先が当たって柔らかさを感じた。

「触ってもいいわよ?」

先生は俺の手を持ち、脇の間から胸へと滑り込ませて触らせてくれた。

「誰にも言っちゃだめよ。これは先生と明君だけの秘密」

「は、はい」

「じゃあこれもね」

軽く唇にキスをされた。
初めて女性の胸を触り、キスをされて心臓がバクバクした。

「じゃあ勉強しっかりね」

そう言うと先生は、みんなのいる所へ向かった。
俺はそのまま部屋に帰ったが、手の感触を思い出すと興奮して眠れなかった。

それから先生の顔を見るたびに、その時のことを思い出して、数学だけ成績が伸びなくなった。
さすがに先生も心苦しくなったのか、休みの日に個人的に家に教えに来てくれることになった。
母親は大喜びで、「うちのバカ息子が悪いのにそこまでしてもらって」と恐縮してた。

先生は勉強の前は必ずキスをしてくれるようになった。
そして徐々にキスもハードになり、舌を入れてくるのに時間はかからなかった。
俺の舌を吸い、舌を絡ませてくる先生。
息子は自然と硬直していた。
先生はそれを楽しむように言ってきた。

「明君、オナニーするの?」

「えっ?何それ?」

俺は本当にその時までオナニーを知らなかった。

「そうなんだぁ、じゃあ大変だ、先生が抜いてあげようか?」

「大変」とか「抜く」とかとか言われても本当に意味がわからず、とりあえず「は、はい」と返事をするしかなかった。
すると先生はズボンを脱がしはじめ、パンツをズリ下ろされた。
硬直した息子が直立不動で立っていた。

椅子に座っている俺の股間に顔を埋めて息子をしゃぶり始めた先生を見てビックリした。
唾液が玉まで垂れてくると、なんだかお漏らししたように気持ち悪かったが、先生のヌメヌメした舌で舐め回される気持ちよさに我慢できず、俺は先生の口の中に勢いよく発射した。
先生は音を立て飲み干した。

「自分でしちゃだめよ。先生がしてあげるからね」

それ以来、先生が来ると抜く、という日が続いた。

中2の夏休み、いつものように自宅に来た先生。
夏期講習のため、俺だけ残して父方の葬式に出かけた両親は、先生に「息子をよろしく」と伝言して行った。

先生は朝からうちに来て、朝ごはんを作ってくれて、朝から勉強を教えてくれた。
昼は少し休憩。
先生と2人で近くのスーパーに買出しに出かけ、夕食の下ごしらえを手伝いながら2人で夕食を作った。
食後、風呂に入るという時、先生が「背中を流してあげる」と言って無理やり入ってきた。
バスタオルを巻いて入ってきた先生だが、すぐにバスタオルを外すと、先生の股間には綺麗に逆三角形になった陰毛があった。

先生に背中を流してもらった後、一緒に湯船に浸かっていると先生の手が俺の手を持ち、乳房へと促した。
自分の手を俺の手に被せて乳房を揉みしだき、悶えながら感じていた。
俺は何もわからないままされるがままだった。
次第に我慢できなくなったのか、先生は俺の手をマンコへと導き、胸のときと同じように指を重ねてマンコの中へ入れ、激しく動かし始めた。
先生の膣の中はお風呂より温かく、ねっとりとしていた。
しばらくして、ビクッとしたと思うとグッタリとなり、沈みそうになる先生。
慌てて後ろから支えると意識を戻った先生が、「ゴメン、イッちゃった」と言った。
当時の俺にはまったく意味が判らなかった。

風呂から上がり、2人でベッドに入った。
わからないことを聞くと、先生は色々と教えてくれた。
女性がイクこと、濡れること、感じること。
どうしたらいいか、どうしちゃいけないか、どこが感じるか、などなど。

69でチンポをしゃぶり始めた先生はマンコを押し付けてきた。
舐めるように言われ、必死で舐めた。
騎乗位から硬直したチンポをマンコへ滑り込ませるように挿入すると、ゆっくりと腰を動かしはじめ、しばらくすると体を震わせてグッタリと倒れ込んだ。
イッたようだった。
俺はその時、イカなかった。
それに気づいた先生が、「ゴメン、先にイッちゃった」と言うと、硬直したままのチンポをしゃぶって抜いてくれた。

それから高校に入って彼女が出来ても先生との関係は続いた。

タイトルとURLをコピーしました