子宮を破壊するようなハードセックスに恐怖した

この体験談は約 4 分で読めます。

子供の頃、近所に寂れた廃墟があった。
小学生の時は怖くて廃墟に近づかなったけど、中学生になると、友達同士で廃墟で肝試しに行くのが流行った。

自分で言うのもなんだけど、中高とかなり荒れていて不良だった時代があった。
親に似たかもしれない。
お袋はかなりの悪で親父以外にも男がいて、家に呼んではやりまくってた。
俺も学校から勝手に帰ったりした。
お袋がやってるところを何度も見ているが、親父と別の男ではお袋の動きや声が全然違った。

前置きが長くなったが、ある日の夜中に家を出て、仲間と廃墟に向かった。
一番幽霊が出るという2時頃を目掛けて。
結局何事もなく帰ったんだけど、俺はその廃墟でエロ本を見つけたから、仲間には黙って次の日に取りに行った。

次の日、明るい内は人目に着くから、同じ時間に行こうとしたが寝てしまい、3時くらいに目が覚めた。
1回に下りてリビングの前を通ると、相変わらずお袋は他の男とやっていた。
おかげでリビングのソファーのバネはおかしくなっている。

俺は構わず家を出て廃墟に行った。
少し奥まで行くと左に部屋があり、その角にある木の箱の後ろにエロ本は落ちていた。
すると奥から、ガタッと結構でかめの音が聞こえた。
特にビビリもせず、なんの音か確認しに行った。
すると月明かりの中、2人の人が立っていた。
なんか取っ組み合いをしているように見えた。
最初は喧嘩かと思ったが、(でもこんなところで?)と疑問に思った。

目が慣れてくると、その逆だというのがわかった。
2人は抱き合ってキスをしている。
それもあっちに行ったりこっちに行ったりしながら。

(なんだ?)

2人はすでに裸で、女は結構スタイルが良く見えた。
男の方は、中学生だった俺から見たら、とんでもなくデカいチンコだったのが強く印象に残っている。

キスをして暴れまわっていたが女が、男を突き飛ばすと顔に跨がって男のを掴み、自分のに押し付けて腰を振りまくっていた。
男は女の胸を揉みまくり、乳首をめっちゃ引っ張っていた。
女の乳首ってあんなに伸びるんだと思った。
女は「あー!あー!」言いながら腰を振りまくっている。
男が女を横に突き飛ばすと、今度は男が跨がり、女の口にチンコを入れて腰を振りまくっている。
女も頭を振りながら自分で足を広げて自分でしている。
男が女の口に腰を突き出して根元まで入れると、女は「おぇおぇ」とゲロを吐きそうになっていた。

男が立ち上がると女も立ち上がった。
すぐに女がケツを向けると後ろから羽交い締めにされ、男が一気に入れた。
凄い音がした。
バンッ!みたいな音がしたと思ったら、凄い速さでバンバン鳴りまくっていた。
その音に紛れて女の叫び声が聞こえる。

「ぎゃぁ!あぁ!ぐぁ!」

AVでも聞いたことない声。
女は散々突かれまくって足がガクガクで倒れそうになっていたが、男が羽交い締めで突きまくっていたからどうにも出来ない。
男は、「奥さん、出すぞ」と言って中に出した。
女も叫んだまま、ただひたすら突かれ中に出されていた。

(「奥さん」って・・・女は人妻かよ)と思った。

男が出し終わると女は男を倒してフェラを始めた。
しかもアナルにも指を入れて、めちゃめちゃに動かしていた。
そして女が跨がり、バンと腰を落として入れると、男の腰を掴んで腰を振り始めた。
男も女の腰を掴んで腰を振りまくる。
女は叫んだまま。
男も叫んでるって言った方がいいかもしれない。

そして2発目の中出し。
終わると女がまたフェラチオをしながらアナルに指を入れて掻き回す。
そして入れる。
今度は、入れて舐めて入れて舐めてを繰り返し、正常位で中出し。
そのまま腰を振り続けて、また中出し。
男がなんかの上に座ると、女がそのデカいチンコをデカい胸で挟んで叫んだ。

「2年間、旦那としないで待ったんだから、もっと出して」

そう言って胸を上下に振りまくった。
男は女の口に入れ、女の頭を凄い速さで振り始めた。
女はそんな事をされながらも胸を振りまくる。

気付けば外は若干明るくなっていて、はっきり中が見えた。
そこで気付いた。
床には、かなりデカいバイブが2つあった。
また「おぇ」と聞こえた。
男が女の頭を自分のチンコに押し付けていた。
女は自分の胸に顔を埋める感じになっていた。
そして女を突き飛ばすと、男はバイブを2本拾って女に渡した。
そして女の背中が床から離れるくらい足を持ち上げ、女のケツを椅子にするかのように跨がって入れた。
女は「ひー!」と言いながら2本のバイブをフェラしている。
そして1本を男に渡すと、男と女は相手のケツにバイブを突っ込んだ。
途端に男と女は絶叫した。

「うおっ!おおっ!」

「ぎぃぃ!ああっ!」

2人ともバイブを握り締めて高速で出し入れする。
男の腰も速くなる。
そして男はそのまま中に出した。
それでもバイブを動かすと、女が「まだ!まだ!」と叫ぶ。
男は再び動き、また出す。

俺はもう恐怖だった。
初めてお袋のセックスを見た時もそうだったが、お袋くらいの激しさはAVでたまに見る。
でも、その男と女のセックスは体を破壊するようなやり方で、狂っているとしか思えなかった。
俺はエロ本も拾わずにその場を後にした。

俺はあの日以来、セックスが怖くなり、彼女にも手を出せなくなって振られた。
お袋がしていても見れなくなった。
あのおぞましい叫び声と、子宮を破壊するようなハードなSMセックスが、いまだに頭から離れない。

タイトルとURLをコピーしました