社会科見学で児童を引率中にお尻の穴まで弄られました

この体験談は約 5 分で読めます。

「みんな順番に乗ってね」

(まったく永田先生ったら、電車が混むことを考えてなかったわね)

子どもたちをまだラッシュが終わっていない電車に乗り込ませながら、私はそんなことを思ってたんです。
その日は地元の博物館へ社会科見学。
例年はバスで行ってたのですが、今年から『公共の場でのマナーを子どもたち身につけさせるため』という理由から電車で行くことになりました。

(それにしたって、こんな混む時間にすることないじゃない)

高学年とはいえ、まだまだ子どもの5年生。
比較的空いているドアから乗り遅れのないように子どもたち乗り込ませながら、この計画を立てた永田先生を恨んでました。

「ほらほら、急がないとドアが閉まるわよ」

ホームに子どもたちが残っていないのを確認して私も乗り込みました。
私の周りには10人の子どもたち。

「せんせー、すごく混んでるね」

「そうね。みんな仕事に行く時間だからね」

「せんせー、たかしくんがお菓子食べてるよ」

「こら、たかしくん、みんなの迷惑になるでしょ」

乗客たちの白い目。
ドアが閉まる直前、私の後ろに男の人が乗り込み、電車が動き出しました。

「きゃっ」

「どうしたの?せんせー?」

「あ・・・なんでもないの」

(やだ・・・痴漢)

痴漢は、私が子どもたちとの対応で振り向けないのをいいことに、スカートの上からお尻全体を撫で回してきました。

(ちょっと・・・やめて)

子ども「せんせー、あのね・・・せんせー?」

私「・・・あ、何?」

痴漢「先生、いいお尻してるな」

(えっ!)

子ども「博物館って恐竜の化石があるんでしょー。恐竜って・・・」

(やめて、お願い)

男はスカートのスリットに指をかけ、捲り上げてきたんです。
目の前に子どもたちがいるので声をあげることもできません。
スカートの前が上がらないように前を押さえなければならないので、男の手を止めることもできません。
フレアスカートの後ろはすっかり捲れ上がってしまいました。

私「いやっ!」

子ども「・・・せんせ。どうしたの?」

痴漢「せんせーは今、お尻を剥き出しにされてるのw」

(いや・・・助けて)

男は下着の上から大きさを確かめるようにひとしきり触ると、パンストを破り、パンツの脇を何かで切って、慌てて閉じた私の足の間から下着を抜き取ってしまいました。
あっという間でした。
私のお尻は裸にされたのです。

痴漢「ほら、生徒に教えてあげたら?」

子ども「・・・せんせー?」

心配そうに見つめる子どもの視線は私を先生に戻しました。
こんな恥ずかしいこと、子どもに気づかれるわけにはいきません。

私「あ・・・なんでもないの。混んでるから足を踏まれちゃって」

子ども「ふーん?」

子どもにじっと見つめられ、抵抗することはまったくできませんでした。
それをわかっていたのでしょう、男は大胆にお尻を触りだしました。

私「・・・」

子ども「せんせー、たかしくんがね・・・」

私「っ!」

(いやぁ。そんなとこ触らないで)

男の指が私のお尻の穴を揉みほぐし、指を押し込んできたのです。
さらに男はスカートの中で私の腰を抱き、前から私の大事なところにも指を這わせてました。
前後から大事なとこを攻められて平気な顔をしていられる女性なんているしょうか?
唇を噛み締め、肘で男を押して逃れようとしました。
でも、離してくれるわけがありません。
そして男の指は私の中に・・・。

私「ひっ・・・ゃ・・・っ」

子ども「せんせー、どうしたの?どこか痛いの?」

私「・・・っ」

子ども「せんせー、大丈夫?」

痴漢「ほらほら先生。子どもたちが心配してるよ」

男は私が狼狽するのを楽しむために耳元でそんなことを言うのです。
そのたびに私は子どもたちが見ていることを思い出させられ、お尻を弄られながら子どもたちと話をしなければならないのです。

私「大丈夫よ。混んでるから、少し疲れただけ」

必死になって答える私が痴漢には楽しかったのでしょう。
痴漢は私が子どもと話している最中も指をうごめかせ、私は悲鳴を飲み込みながら子どもに対応しなければなりませんでした。

電車が動き出して15分。
あと少しで駅に着く。
私はそれだけを考えることにしました。

スカートの中で私の足は広げられ、秘所には数本の指が出入りしていました。
お尻には手のひらが這い回り、思い出したようにお尻の穴に指が沈められました。
それでも、ただひたすら唇を噛んで耐えるしかなかったのです。
子どもたちの声もほとんど聞き取れませんでした。

やっと電車が駅に着きました。
私の後ろのドアが開き、乗客に押し出されるようにホームに降りました。
我に返り、振り向いて私を犯した男を探したのですが見つけることはできませんでした。

(誰だったんだろう?でも、もういなくなってくれたのね)

私はそのとき、そう思いました。
ふらつく体をしゃんとさせて子どもたちを集めます。
そして子どもたちに続いて電車の中へ入ろうとしたとき、腕を掴まれました。

痴漢「子どもたちに見えないほうがいいだろ?」

硬直してしまった私は、気がつくと子どもたちから見えないドアの隅に押し込まれていました。

痴漢「ほら、まだ乾いてない。びしょ濡れだね。子どもたちの前でお尻に指を入れられた感想は?せんせー」

男は私をまだ弄ぶつもりだったのです。
どうやら大学生のようでした。
正面から私の胸に手を宛てがい、悪びれる風もなく私に話しかけてきました。
再び私を触り始めた男、私は目を合わせることができませんでした。
さっきまであんな恥ずかしいことをされていたという恥ずかしさからなのでしょうか?
男は私が抵抗しないのをわかっているかのように服の上から胸を揉み、お尻の谷間に指をうずめてきました。
私は目を瞑りました。
男がブラウスのボタンを開け始めたのです。
1つ、2つ、3つ。
流れ込んでくる空気でそれがわかります。

私「ん・・・」

男の手がブラウスの中に入ります。
そしてブラの下から指が中に入り、ブラが上にずれます。
それなのに、そんな男の指に私は目を閉じ、顔を背けて耐えることしか出来なかったのです。
今、こうして思い出していると悔しくて泣きそうになります。
なぜあの時、抵抗しなかったのか、声を出して助けを求めなかったのか。
そうしてさえいれば・・・。

男は私を好きなように弄びました。
ブラウスは両側に広げられ、両手で胸を揉まれました。
スカートの中ではお尻を抱えられ、指はお尻の穴と秘所を行き来しました。
最後はドアに押し付けるように抱きかかえられ、まるでセックスしているかのように脚の付け根に挟まされて腰を振らされたのです。
強く抱き締められ、男の上擦った声を耳元で聞きながら、液体が内股をゆっくりと流れ落ちる感覚を覚えました。

私「・・・いやぁっ!」

こうなる前に抵抗しなければならなかったのに・・・。
やっと上がった悲鳴、でも誰も私を助けてはくれませんでした。

タイトルとURLをコピーしました