眠ってたバイト女子のおっぱいを舐めたのがバレて

この体験談は約 5 分で読めます。

1年前に体験したエロい出来事です。
僕は大手のファーストフード店でバイトしていて、そこはおばさんのベテランパート派と僕を含めた学生バイト派の2グループに分かれていました。
僕たち学生バイト派は、いつも溜まり場になっていた僕の家で宅飲みをしていました。
僕の家はバイト先から近いので集まりやすいのです。

その日のメンバーは、僕を含めて男3人に女3人。
特に目的のある集まりじゃないので、バラバラの会話をしながら飲んで、それに飽きたら寝るやつも。
テレビを観たりスマホをしたり、僕の家を部室みたいに使ってて、それなりに楽しい夜でした。
僕はテスト前で寝不足だったので、たぶん2番目くらいにこたつで寝落ちしてしまったようです。
目が覚めたら夜の10時半くらいで、もう誰もいなくなっていました。

(まじか、みんな先に帰っちゃったんだ)

玄関のカギを閉めて、朝まで寝ることにしました。
そのとき玄関に、女物の靴が1足残っていることに気付きました。
赤いコンバースのスニーカーです。

(あれ?まだ誰かいるのか?)

見渡すとベッドの毛布がこんもり盛り上がっていて、長い髪が覗いていました。
紗英利でした。
紗英利は、身長150センチくらいの小柄で、茶髪は背中まで伸ばしています。
今日遊びに来た3人の中では一番可愛くて、狙っていた女子でした。

「お~い、朝だぞ~、店長だぞ~。バイトに遅刻するぞ~」

冗談を言って紗英利を起こそうとしましたが、スースーと寝息を立てていて起きません。
最初は紳士的に軽く肩を揺すったのですが、それでも起きそうにありません。
無防備に眠っている紗英利を見ていたら、いけない誘惑に駆られてしまいました。
起こすふりをして、紗英利の胸に触ってみようようと思ったのです。
もし紗英利が起きてしまっても、いくらでも言い訳ができると都合よく考えました。

僕はそっと、紗英利のパーカーの上から胸の上に手を乗せました。
ちょっと押し込むと、思ったよりも胸は大きく、紗英利のおっぱいの柔らかさを感じました。
手を引いて様子を見ましたが反応はなし。
今度は、おっぱいを揉んでみました。
気づけば僕は自分のズボンに手を突っ込んで、ペニスをシコシコしながら紗英利のおっぱいを5分以上も触っていました。
その時、急に紗英利が、「う~ん!」とちょっとセクシーな声を出して寝返りを打ちました。
僕はさっとベッドから離れてこたつに逃げ込みました。

ベッドから体を起こした紗英利は、「おはよう」とも「寝ちゃった~、ごめん」とも、はたまた「ちょっと!何触ってんのよ!」とも言わず、無言で僕の隣に座りました。
僕は隣に座る紗英利に何か声をかけようとしましたが、乾いた唇をパクパクさせるだけで、気まずい沈黙が流れました。
その時、紗英利がおもむろに僕のペニスに触れました。
もちろん僕のペニスはさっき紗英利の胸を触ったときから勃起しています。

「ふ~ん、そういうことね・・・」

紗英利は納得したように言い、続けて、「みんな帰っちゃったし、今日だけ特別だよ」と言いました。
最初は意味がわかりませんでしたが、どうやら紗英利は胸を触られたことも僕がしこってたことにも気付いていて、でもそれが嫌じゃないみたいです。
僕は努めて平静を装いながら、「じゃあ手じゃなくて口で」とおねだりしましたが、その声は裏返っていました。

紗英利は、「まあ、いいよ」と僕のズボンを下ろし、フェラをはじめました。
前に一度、紗英利とエッチをする夢を見たことがあって、それから僕は紗英利を意識するようになったのですが、まさか正夢になるとは!
夢ではなく、現実に紗英利がフェラしてくれてることに僕は感動しました。
胡坐を崩した姿勢で僕の下半身に覆いかぶさり、一生懸命に頭を動かす紗英利を見て僕は大興奮でした。
ペニスが温かくて気持ちいい!

「またおっぱい触ってもいい?」

「仕方ないな~。少しだけだよ」

僕は紗英利の胸を揉み、頃合いを見てパーカーの中に手を突っ込んで乳首を指でコロコロと触りました。
それまで単調だったフェラの動きがだんだん不規則に速くなりました。
紗英利の乳首を触りながらフェラされる幸福。
僕はすぐにイキそうになって、「出ちゃうよ・・・」と声をかけると、紗英利は小さく頷きました。
そして僕は紗英利のおっぱいを押しつぶすように掴みながら、紗英利の口の中に射精しました。
2日間オナニーをしていなかったのでたくさん出ましたが、紗英利はゴックンしてくれました。

ゴックンした後で顔を上げた紗英利は、「満足した?じゃあ帰るね」と口の周りを濡らしながら言いました。
でもフェラまでしてもらって、そのまま紗英利を帰すのはなんか失礼な気がして、「僕もしてあげるよ」と言うと、「いいって!あんたが欲求不満みたいだから、抜いてあげないと暴走して危ないと思ったからしただけ!」と拒否られました。
女心はわかりません。
本気で拒否っているのか、それとも単に照れているだけなのか・・・。

僕は、「いいから!いいから!」と紗英利を押さえ込みました。
紗英利は、「いいってば!やめてって!」とこたつの脚にしがみついて抵抗しました。
僕は紗英利が逃げれないように、スカートとパンツを一緒に脱がし、ペロンと白いお尻を丸出しにしました。
そして股を広げて開脚させ、股間を押さえる紗英利の手の甲をベロベロと舐めると、手で押さえきれていない内腿への刺激だけで紗英利の呼吸は荒くなりました。

「ああん、だめだよ・・・」

紗英利の声がだんだん弱くなり、股間を隠す指の隙間が広がっていきました。
紗英利の指の隙間にピンクのおまんこが見えて、僕はそこをクンニしまくりました。

「だめ・・・だめ・・・」

そう言いながら、いつの間にか紗英利の手は僕がクンニしやすいようにおまんこを手で広げてサポートしてくれていました。

「やっぱりクンニして欲しかったんじゃん」とからかうと、「だめ、だめ~」としか言わずにピクピクと反応しています。

「フェラしてもらったお礼だから遠慮しないで。どこを舐めて欲しいの?」

そう聞くと小さな声で、「・・・クリトリス・・・」と言ってきました。

「聞こえない。もう一度」

「クリトリス・・・」

「聞こえない!」

「クリトリスを舐めて・・・!」

僕は紗英利自身の手でビラビラを広げさせ、赤く充血したクリトリスを集中的に舐めました。
僕のねちっこいクンニで紗英利は、「あああ!!!イクイク!イッちゃう!」と声をあげ、ひくつくおまんこを僕に見せつけるようにしてイキました。
紗英利は、「もう!今度こそ本当に帰るからね」と僕からスカートとパンツを奪い、さっさと穿いてしまいました。

結局その後、紗英利とそれ以上の進展はありませんでした。
2人の時にそれとなく話を振ると、「あのときは酔ってたから。もう忘れよ!」と言われて、ちょっと悲しかったです。

紗英利とは今も変わらずバイト仲間です。
バイト中に紗英利を見るとあの日のことを思い出してしまい、ムラムラを抑えるのが大変です。
紗英利と一緒になった日は、家に帰ると必ず紗英利をおかずにオナニーしてしまいます。

タイトルとURLをコピーしました