可愛い妻がツアー旅行の温泉で大学生と乱交していた

この体験談は約 4 分で読めます。

妻、浩子は23歳。
細身でスレンダーだがバストは88センチのDカップ。
若い頃の原田知世に似た可愛くてやさしい妻だ。

この冬、妻と北陸にツアー旅行に行った。
上野駅に集合。
私たちの他に、30代から50代の夫婦や大学生のグループなど、40名弱が参加していた。
参加者は各々グループでそれぞれ楽しんでいたが、新幹線のボックス席でもう1組の夫婦と一緒になったので、酒を酌み交わし話も弾んだ。
奥さんは、ちょっと派手な感じの男好きするタイプの美人で、すっかり意気投合してその夫婦と行動を共にしていた。

観光地巡りをしてホテルに着くと、料理の時間まで空いているので、早速旦那と露天風呂に入った。
食事の後、その夫婦の部屋で4人でお酒を飲みながら語り合っていたが、深夜0時を回り、お酒が弱い妻は「部屋に戻って寝る」と言うので、無理させまいと部屋に帰らせ、3人で飲むことになった。
奥さんが「お宅の旦那さん、今夜は帰さないわよ(笑)」なんて言うのを聞きながら、妻は部屋に戻っていった。

深夜2時を回り、すっかり酔っ払った旦那さんは大イビキをかいて熟睡してしまい、私達は酔い醒ましに部屋を出ることにした。
妻が心配だったので部屋を覗いた。
しかし、居るはずの妻が居ない!
奥さんは呑気に「ここでやっちゃう?」と色っぽく迫ってきたが、可愛い妻が居ないとなると心配で話は別。
部屋を出て探しにいった。

最初に風呂に向かった。
しかし女湯に入るわけにいかないので奥さんに見てもらったが、居ないとのこと。
ホテル内を探していると大学生グループの部屋から声が聞こえる。
尋ねようと思って行くと鍵が開いているので入っていくと、引き戸の隙間から妻が見えるではないか。
しかも目を疑うことに、可愛い妻は上半身に何も着ていない。
呆気に取られて呆然としていると、大学生の1人(A)が、「浩子さんのおっぱい、大きくて形がいい」なんて言っている。

妻「嬉しい、じゃあ私のおっぱいでそのビンビンのチンポ、挟んであげるー」

後ろ姿だったから気付かなかったが、Aも下半身は何も身に着けていなかった。
何より驚いたのは、可愛い妻が淫らな言葉を発したことだった。
妻は奥手で、この4年間、何度も頼んだにも関わらず、淫語どころか正常位とバックのみで、フェラさえやってもらったことがなかったからだ。
そんな妻が淫らな言葉を発しながらパイズリをやろうとしている・・・。
ショックと同時に見てみたい欲望に駆られ、気が付くと隠れて覗いていた。

妻はAに優しくキスすると彼の上着を脱がせながら身体を舐めながらだんだんと下の方へ向かっていく。
形のいいバストもAに密着しながら下がっていった。
そしてバストがAのチンポに到達すると、妻は優しく包み込んで上下運動を始めた。
そのとき、パンティを脱いでいるのがわかった。

A「浩子さん、挟みながら舌でチロチロやってください」

Aが気持ち良さそうに言うと、妻はおっぱいで挟みながらAの亀頭をペロペロ舐めるではないか。
そのとき、もう1人の大学生(B)が妻の股間に手をやり、オマンコを指でかき混ぜ始めた。
妻は「ヒィ」と声を出しながらも必死に舐めている。

B「浩子さんのオマンコビチョビチョだよ。やっぱり人妻はエロいね」

妻「Bくんのも欲しい」

妻が潤んだ目で懇願する。

B「何が欲しいか言ってくれなきゃわからないよ」

妻「チンポー!!あなたのチンポを私のいやらしいオマンコに突き刺して!」

A「こんな淫乱女、初めて見たよ。チンポしゃぶりながら『チンポが欲しい』って腰振ってるよ。相当に溜まってたのかな?」

妻「そうよ。私は淫乱なメス犬なの。だから早くーッ!!」

妻の絶叫に立ち眩みを起こしそうになりました。
あの可愛い妻が、若い男達に弄ばれて喜んでいるなんて・・・。

すると、すっかり忘れていた奥さんが私の手を自分のパンティの中へ導き、片方の手ですっかり硬くなった私のチンポを擦り始めた。
そうしながら奥さんも部屋の中を覗いている。
妻は部屋の中で若い男達に囲まれ、私は美しい人妻に導かれ・・・。
一瞬、これは夢なのかと思ったが、そんなことはなかった。

A「アッ、イクッ!浩子さん、出る」

Aの声を聞いて我に返った。
Bがバックから若さに任せて激しく妻を突き、立ち膝で妻にフェラをしてもらっていたAが、まさにイクところだった。

妻「口に出して。全部飲んであげる」

さらに激しくむしゃぶりつく妻。
その直後、Aは妻の頭をしっかり掴んで口内発射。
あまりにも大量に精液が出たのか、妻の可愛い口からザーメンが溢れてきた。
妻はそれを手で拭うと、喉を鳴らして飲み込んだ。
ここでBのピストンが再開された。
妻は激しく突かれ、喘ぎながらも再び、Aのチンポに吸いついていった。

妻の痴態に興奮した奥さんが、ビンビンになった私のチンポにむしゃぶりついてきた。
私も奥さんの口の中でイッたが、彼女はフェラをやめない。
私もすぐ回復して勃起した。
部屋の中ではBが横になり、妻が大きくそびえ立つペニスを小さなオマンコで咥え込んでいる。

妻「おっきい!すごい、こんなの初めてー!」

ゆっくり上下運動をはじめる妻。
妻がこんなに乱れるなんて、これまで想像もしたこともなかった。
夫の私にフェラもしてくれなかった妻が、若い男と乱交しているなんて!
奥さんも我慢できなくなったようで、「ねえ、部屋に戻って私達も楽しもう」と言ってくる。
私も嫉妬心から、この美人な奥さんと・・・と思うものの、妻の淫らな姿をもっと見たくてなかなか動けなかった。

B「イクッ!どこに出して欲しい?」

妻「中!オマンコの中にちょーだい!!」

私は耳を疑った。
まさか今日知り合った男に中出しをさせるなんて。

B「いいのか!出すぞ、本当にオマンコに出していいんだな?」

妻「いいのっ!今日は安全日なの!いっぱいちょーだい!」

B「イッ!イクッ!!」

妻の中で果てたB。
その後、私は奥さんに手を引かれて部屋に戻り、嫉妬と興奮が渦巻く中、朝まで彼女を抱きまくった。

いまだに妻があんなに乱れたのが夢のようだ。
ただ私の財布の中には、奥さんの携帯番号が書かれたメモがある。

タイトルとURLをコピーしました