熟女生保レディと大人の駆け引き・後編

この体験談は約 5 分で読めます。

「はぁ・・・はぁ・・・こんな激しいの久しぶり・・・」

かおりはようやく薄目を開け、俺を見上げた。
俺はその場に立ち上がると、スラックスを脱ぎ始めた。
期待に羨望の眼差しを股間に注ぐかおり。
トランクスまで下ろすと、自分でも驚くほど誇らしげに勃起したペニスが上を向いていた。

「あぁ・・・すごい・・大きい・・・」

かおりの顔に跨がって腰を落すと、かおりは頭を上げ、竿をペロペロ舐め始めた。

俺「どう?俺の」

かおり「立派・・・」

ほんの数十分前まで熱心に保険の説明をしていた、やり手の女外交員の面影はどこにもない。
陰嚢を舌に乗せて転がし、竿を舐め上げ、亀頭に舌を絡ませる。
やがて、頬張り一心不乱に頭を振った。

「ふご・・・おいひい・・・硬いよぉ・・・」

よっぽどご無沙汰のペニスが嬉しいらしい。
しゃぶらせながら残りの衣服を脱がせにかかると、「オッパイ垂れてるから恥ずかしい・・・」と呟いた。

俺「いいから見せてみろよ」

かおり「だって・・・」

ジャケットの前を開き、ブラウスのボタンを全て外した。
キャミソールを首まで捲り上げると、パンティとお揃いのよそ行きのブラが現れた。

俺「やっぱり、仕事の時は何が起きるかわからないから、こんなお洒落な下着着けてるのか?」

かおり「そうじゃないわ、身だしなみ・・・」

俺「いつも勝負下着だろ?」

かおり「い、意地悪・・・」

一旦かおりから体を離し、かおりを起こした。
その場に立たせると、衣服を剥ぎ取りブラも外す。
やはり年齢と重力には勝てないらしく、乳房は垂れかかっていた。
しかしかおりは着痩せするタイプらしく、これほど乳房に体積があるとは驚くほど巨乳だ。
俺は乳房を中央に寄せるよう持ち上げると、「結構大きいんだね」と感心して言った。

かおり「でも、手を離せば落ちちゃうw」

俺「そのくらいがいいんだよ・・・」

勃起した黒い乳首をつねる。

「あっ・・・」

摘んだまま手前に引っ張ると結構伸びた。

俺「すごな・・・」

かおり「あぁ・・・もっと強くしてっ!」

俺「こう?」

摘んだ指に力を入れる。

かおり「あぁぁ・・・そう・・・」

俺「痛くないの?」

かおり「へ、平気・・・」

タイトスカートも脱がせ、かおりを全裸にした。
ベッド脇の壁一面の鏡に、その全身が映し出されていて、やはり歳相応の体だ・・・。

かおり「ごめんなさい・・・こんなおばさんで^^;」

俺「そんなことないさ、十分魅力的だよ」

俺はそうかおりを褒めながら、本当にそうだ!と、感じていた。
かおりの手が股間に伸びてきてペニスを掴んだ。

かおり「すごい・・・ずっとこのまま?」

俺「そうだよ」

かおり「素敵・・・」

かおりは両手でペニスを大事そうに包み込み、そのまま扱いた。

「あぁ・・・すごい・・・」

愛おしさで一杯・・・というほど至福の表情だった。

向かい合ったまま、そのまま腰を下ろした。
かおりの手はペニスを離すことなく、ずっと愛撫してくれている。

「お願い・・・もう挿れて・・・」

今にも泣き出しそうなほど切ない表情だ。
そして、ゆっくり後ろに倒れこむと両脚を大きく開いて、受け入れる体勢をとった。

「ねぇ、早く~~ぅ・・・」

俺はかおりに覆い被さった。
かおりは両脚を俺の腰に巻き付けて引き寄せた。
下半身が密着した。
わざと竿をヴァギナに擦り付けて焦らす。

「意地悪してるでしょ?早く挿れて~ぇ!」

かおりは腰をクネクネと動かした。

俺「場所がわからないよw」

かおり「嘘つき!意地悪なだけでしょ?」

腰を引き、亀頭を膣口へ押し当てる。

「そのまま真っ直ぐ・・・」

自ら導きいれようとかおりは腰を突き出した。
俺はわざと引く。

かおり「いやーんっ!どうして逃げるのっ!?」

俺「あはは・・・」

そして、意表を突いて一気に腰を前へ突き出した。

ヌプッ!

「あっ!!」

スルスルと奥まで到達した。

「ぁああぁぁ・・・」

至福の絶頂・・・かおりの表情はまるで白痴だ。
元々なのか、使い込んでいた所為なのか、かおりの中はちょっと緩めだった。
俺はゆっくりピストンを始めた。

「あぁ・・すごいっ!いいっ・・・気持ちいい~~ぃ!!」

ジュブジュブといやらしい音と共に、愛液が止め処もなくシーツに滴り落ちる。

「もっとアナルに力入れろよ」

俺はそう言って尻の下に手を伸ばし、アナルに指を挿入してやった。

「あっ!!」

ペニスが締め付けられる。

「そうそう、そうやってここに力入れて」

指を出し入れした。

かおり「あぁ・・あぁぁ・・・こんなの初めてっ!」

俺「俺もだ・・・」

顔の細かい皺は化粧でも隠し切れない。
しかしかおりを抱きながら、それもそそると感じた。
結合部を見ると、改めて白髪の混じった陰毛を数本発見した。
しかし、それを発見したからといって萎えることはなかった。

唇を合わせ舌を絡ませながら、弛みかかった女体を抱く。
乳房は横に広がり、黒々とした乳首は伸び気味に勃起している。
なんだか訳もわからず、俺はそんな女体に興奮した。
衰えていく自分を感じながらも、女の欲望に貪欲なかおりの姿に欲情したのかも知れない。
自分の意思とは裏腹に、ペース配分を考えず、俺は腰を振り続け、抽送を繰り返した。

「すごいっ!すごいっ!もっと・・・もっと突いてっ!!」

かおりの叫びに俺は応え、下腹部をぶつけるような勢いでピストンを繰り返した。
挿入してからすぐ、いきなりラストスパートの動きを続けた。

かおり「あーーーっ!だめっ・・また・・またイッちゃうっ!!」

俺「俺も・・・俺もイクよ」

かおり「来てっ!・・あぁぁーーーっ!」

俺「あぁ・・イク・・イクイクイクっ!!」

俺は抜かずにそのままかおりの中に射精してしまった。

「あぁぁぁ・・・」

その時の快感は、とても言葉で言い表せない。

「うっ!うっ!」

残りの全てを搾り出し、俺はそのままかおりに倒れ込んだ。
かおりの体は熱く火照っていて、お互いの汗で濡れた肌が密着しても、不快ではなく心地よかった。
最初に口火を切ったのはかおりだった。

かおり「ありがとう・・・すごいよかったわ・・・」

俺「うん・・・」

かおり「こんなの久しぶり・・・」

俺「俺も・・・」

かおり「私、よかった?」

俺「うん、最高だった・・・でも・・・」

かおり「でも?」

俺「勢いで中に出してしまったよ・・・」

かおり「大丈夫よ・・・今日は・・・w」

俺「そっか・・・」

その後俺たちは一緒にシャワーに入り、再び勃起してしまったので、バスルームで立ったまま2回戦に突入した。
ホテル代はかおりが支払ってくれた。

その代わり・・・。

「保険、ウチで更新してね♪」

もちろん、断ることはできない^^;

「ねぇ?」

かおりが助手席で聞いていた。

かおり「次のエッチも・・・更新時?w」

俺「じゃあまた4年後か・・・」

かおり「そんなに待てないわwまた、近々・・・して」

俺「いいよ、ビジネス抜きなら・・・」

かおり「もちろんよ、今日だってそうじゃなかったんだからねwww」

どうやら、契約書には無い『特約付き保険』に入ってしまったようだ・・・。

タイトルとURLをコピーしました