妹で脱童貞して、若い叔母とアナルエッチ・第3話

この体験談は約 4 分で読めます。

「イクっ、おにぃのオチンチンでイッちゃう!」

迫りくる自分の快感を我慢しながら膣肉に打ち込んでいると、妹が身体を震わせながらイッた。
瞬間的にキツい膣内がさらにギュッと緊縮して、童貞の俺でもイッていることが分かる。
と同時に俺も限界を超えてしまった。

(マズい、外に出さなきゃ・・・)

グングンと駆け上ってくる精液に危険を感じてチンコを引き抜こうと思ったそのとき。
妹が腰と背中に絡めている両手足に思い切り力を込めてきた。
絶頂のために自然に力が入ってしまったんだろうが、それが俺を邪魔した。
タイミングを逃して行き場を失った濃い精子が実の妹の子宮めがけて発射された。

「ぐっ、気持ちいい!」

ギュウ~っと締め付けてくる膣内にぶちまけてしまっている快感と背徳感。
ある意味事故だったとはいえ、あまりの快感に頭がぼうっとしてくる。
溜まっていただけあって、さらには初めて味わう女の身体だったから、ちょっとの射精では収まらない。
その後、何発もビュッビュッと兄液を妹の体内に打ち込んでしまった。
中出しされたのが分かったのか、イッている途中なのにまたビクッとする妹の身体。

(外に出そうと思ったのに、お前が押さえ込んだからだからな・・・)

もう仕方ないと思って、逆に妹に抱きつき、甘い体臭を嗅ぎながら残弾を流し込む。
少し反省はしたものの、初体験で中出しセックスが出来たことにちょっと感動。

ようやく射精が止まって落ち着くと、妹はまだぐったりと身体の下で荒い息をしている。
なんだか疲れた・・・。
セックスがこんなに気持ちいいことだと初めて知ったと同時にひどく疲れることも思い知った。
そのまま妹の身体に体重をかけて余韻に浸っていると浅い眠りに入ってしまった。

「ちょっと、どいてよ」

「う、ううん・・・」

身体の下でもぞもぞと動いている妹の声で目が覚めた。

「ひどいよ、おにぃ。中で出すなんて!あたし妹だよ、信じらんない!」

「俺だって外で出そうと思ってたよ。出そうなときに抱きついてきたのはお前の方だぞ!」

「えっ!そうだっけ?」

「そうだよ、だから逃げられなくて中で出しちゃったんじゃないか!」

「うう~」

俺の下で妹が悔しそうな困ったような顔をしている。
と、そのときの俺たちはまだ繋がったままなのに気がついた。
妹が下でもぞもぞ動くのにあわせて微妙に膣内がうごめいたりもする。
その刺激でまだまだ出し足りていないチンコが少しずつ大きくなってきている。
股間の方から顔まで全裸の妹の身体を眺めていると、またもムラムラと変な気分になってきた。

「なあ、1回しちゃったんだし、もう1回いいかな」

「やだよ、1回の約束じゃん!」

当然のように断られたけど、そんなことでこのムラムラは収まらない。
なんと言っても2週間の禁欲明けだ。
ここは押しの一手。
妹の膣内で次第に硬くなってきているチンコを武器に妹を落としてみるしかない。

「なあ、頼むよ。せっかく童貞卒業できたんだし忘れないうちにさ」

そう言いながら突く。

「あんっ!やだっ!・・・なに大きくしてんのよ!」

「さっきしてるうちに妹なのに可愛くなってきちゃってさ。だからこんなになっちゃうんだ」

突く!

「ううっ!だからって妹ともう1回エッチしようなんて異常だよ?」

「もうどうしようもないんだ。大好きになっちまったお前ともう一度気持ちよくなりたいんだ」

突く突く!

「うううっ!だめだよ~、こんなこと、本当はいけないことなんだよ?」

「さっきはあんなに気持ちよさそうだったじゃないか。一緒に気持ちよくなろうよ」

突く突く!

「んん~!ダメだよ!」

口ではダメだと言ってるけど、感じてきてしまっているのが表情からバレバレ。
受け入れてしまってる俺のチンコをキュッと締め付けちゃってる。
このままセックスに持ち込んでしまうのは簡単に出来そうだったけど、それではダメだ。
妹の口から「エッチしたい」と言わせて、安心してこの身体を楽しみたい。
できれば、この先もずっと・・・。

小柄な身体に覆いかぶさって顔を妹の耳元に近づける。
身内とはいえ、年頃の女の子の甘い匂いがしてきてさらに興奮してくる。
膣内に入っている肉棒に血液が集中してきて、小柄な身体を無茶苦茶に突いてやりたい。
でもここは我慢してさらに妹を追い込む。

「大好きだよ、一緒に楽しもう」

突く!

「ううっ!ダメだよ・・・」

「みんなに内緒にしとけば分からないって。気持ちよくなっちゃってるんだろ?」

突く突く!

「ううううんっ!内緒に?」

「そう。こっそり気持ちよくなっちゃえば大丈夫だって。誰にも言わないから」

突く突く突く!

「うああああっ!絶対に言わない?」

「言うわけないさ。ほら、俺だって気持ちいいんだし、お前も気持ちよくなっちゃえよ」

突く×10。

「いやあああああああっ!あたし、もうダメ!どうしよう?」

「『おにぃ、出して、私の中にいっぱい出して』って言ってみ?」

突く×20。

「あぁあああああああっ!おにぃ、出して、私の中にいっぱい出してっ!」

(やった~!とうとう言わせた!)

突く×50。

「ああぁあぁああぁああああああああああああああああああああっ!」

今度は初めから安心して妹に中出しするつもりでピストン!
さっき中で出したままの俺の精液と、後から後から溢れ出す妹の蜜で合体部分がすごいことになっている。
照り付けるお昼過ぎの真夏の太陽の下、俺たち兄妹はその後も何回も中出しセックスをしてしまった。
そう、俺のチンコが立たなくなるまで・・・。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました