お風呂に入っていたら叔母が全裸で誘惑してきた

この体験談は約 3 分で読めます。

ひょんなことから叔母の美智子さんの家に行くことになった。

先日、叔母が家に来て母と話しながら、「家具を移動したいんだけど、私1人だからできないの・・・」みたいなことを言っていた。
僕はテレビを見ながら何気なく聞いていたが、そのうち母が、「そうだ、あんた行って手伝ってあげなよ」と言い出した。
明日は日曜だし別にいいかと思って、「いいよ」と答えたのだ。

次の日、叔母は夕べ僕の家に泊まったので、僕はお昼前に叔母を車に乗せ、叔母の家に向かった。
叔母の家までは1時間くらいかかる。
車の中で色々話をした。
叔父さんは昨年から3年間の予定でニューヨークに単身赴任中で、1人娘の弘子さんは東京の大学に行っているので、叔母は今1人で生活している。
叔母はそれがちょっと寂しいみたいだった。
もう家に着くという頃、叔母はちょっと変なことを聞いてきた。

「正雄さんは、もう経験済みかな?」

「何をですか?」

「それとも、まだ童貞なのかな?」

「ご想像に任せます」

「ごめんね、変なことを聞いて」

「構いませんよ」

とは言ったものの、なんでそんなことを急に聞いてきたのか不思議だった。
叔母さんの家に着き、少し休憩してから家具の移動を手伝うことになった。
夕方、作業を終えて帰宅しようとしていると・・・。

「正雄さん、汗をかいたでしょ?お風呂に入っていって」

「家に帰ってから入りますので」

「もう準備できているから入っていって」

「帰りますので」

「遠慮しないで入って下さい」

「分かりました」

「ゆっくり入って下さいね」

「ありがとう」

風呂に入りしばらくすると、ドア越しに叔母の美智子さんが言う。

「正雄さん、背中を洗いましょうか?」

「自分で洗いますので」

「遠慮しないで」

「自分で洗いますから気にしないで下さい」

ところが、頭を洗っていると突然ドアが開き、美智子さんが全裸で前を隠さず入ってくるではないか。

「叔母さん、困るよ」

「何か困ることでもあるの?」

「あるよ」

「恥ずかしいの?」

「それもあるけど、とにかく困るよ」

息子は美智子さんの全裸を見た瞬間に硬直し、上を向いて痛いくらいだった。
それを見た美智子さん。

「元気が良くていいわね、それに雁首が大きくてビックリ」

タオルで息子を隠すが、さらに硬直するのが分かった。

「私に頂戴」

「困るよ」

「我慢できない顔をしてるわよ。さあ立って」

タオルで息子を隠して立つと、タオルの上から息子を触りながら「気持ちいい?」と聞くので、無言でいると、タオルを取り払い息子を咥え込みフェラを始めた。
我慢できずに思わず変な声が出てしまった。

「正雄さん、どう?」

「気持ちいいです」

「こんな元気な息子を見るのは20年ぶりくらいかな」

「浮気したことがあるの、叔母さん?」

「あるよ、今日ね」

「そうなんだ」

「独身時代に数人経験したけど、結婚後は主人だけよ」

「叔母さん、もう出そうだよ」

「いいわよ。どこに出したい?」

「このまま口の中に出してもいい?」

「それでいいのなら構わないわよ、それとも私の大事な所にする?」

「入れてもいいですか?」

「私は今日のお礼も兼ねて、最初からそのつもりでお風呂に入ったんだけど」

「本当にいいんですか?」

「お風呂は狭いから、バックから入れて頂ける?」

「分かりました」

叔母は壁に両手を着き、大きく足を広げた。

「どこに入れるか分かる?」

「うん、たぶん分かると思う」

叔母は自ら両手でオマンコを広げた。

「この穴よ、ここに入れるの」

拡げられたオマンコはグロテスクに見えた。

「入れてもいいですか?」

「うん、来て」

叔母は出産していないので膣は狭かったが、汁が沢山出てヌルヌルだったので抵抗なく根本まで入った。
ピストン運動をはじめると・・・。

「ああ、気持ちいい、正雄さんは?」

「自分でするのと違って気持ちいいです」

「いつも自分でしてるの?」

「時々ね。叔母さんの膣はヌルヌルしてて、強く締められて気持ちいいです」

「私もセックスは半年ぶりだからとても気持ちいいわ」

激しく後ろから突いた。

「イキそう、気持ちいい、もうだめ、イク」

「僕もイキそうです」

「もうだめ、イク、もっと突いて」

「このまま中に出してもいい?」

「うん、一緒にイッて」

「もう我慢できないよ、このまま出すよ」

「お願い、出して、私もう狂いそう」

さらに高速で突いた。

「そのまま一緒にイッて」

急に膣が収縮して、叔母は痙攣しながらイッたみたいだった。
僕も叔母の中に思いっきり放出した。
今まで経験したことのない気持ちよさだった。

もしかして叔母は、最初から僕とこうするつもりで母と話していたのかも・・・。

タイトルとURLをコピーしました