女の裸を見たくて女装して女風呂に突撃した

この体験談は約 5 分で読めます。

今思えば、よくあんなことしたなぁと自分でもびっくりします。
俺は今でこそ178cmありますが、小学生の時は小さいほうでした。
俺は小学生のとき、色白で長髪ということもあって、いつも女の子に間違われてました。
でも中身は男です。
当時はもう女性に興味があり、精通もすでに終わってました。
どうしても女性の裸が見たくて仕方ありませんでした。
ない頭で考えて出た結論は、(女の子のふりをして女風呂に入ってやろう)でした。

狙う場所は、当時ちょっと流行っていた銭湯と温泉が合体したようなところです。
そこは一度、両親に連れて行ってもらったことがありました。

小学6年生、日曜日の朝から妹の服を鞄に詰めて自転車でそこに向かいました。
そこは家から15km以上離れています。
今では、決して自転車で行こうとは思わない距離です。

茂みで妹の服に着替えました。
妹は1つ違いですが、身長は同じくらいだったのでサイズは丁度いいのです。
受付は難なくクリアーしました。
でも、ここにまで来て、ビビってしまっていました。
とりあえずトイレに入って思ったのですが、いつもの癖で男用に入ってしまい、中にいたおじさんに、「こっちじゃないよ」と注意されました。
慌てて俺は女子トイレに入りました。
これから女風呂に入ろうというのに、女子トイレというだけでドキドキしちゃってます。
痛いほど勃起していたのを覚えています。
俺は勇気を振り絞り、女風呂に行く覚悟を決めました。

思い切って入ってみると案外すんなりというか、難なくクリアーです。
そこは子供からおばあさんまで、ごった返した脱衣所でした。
扇風機の横にあったソファーに座り、色んな人の裸を見ていました。
垂れた胸、大きな胸、小さな胸、膨らみかけた少女の胸。
濃い陰毛、手入れされたと思われる陰毛、薄い陰毛、生えかけの陰毛、無毛・・・。
色々と拝見することができました。
人数でいうと、たぶん200人くらいは見たんじゃないでしょうか。
トイレで何回も出しました。
それでも見足りません。
勃起状態が続いていました。

そうしているうちに、なんと同じ小学校のA子が来ました。
俺はビビりました。
A子は俺に気づいていませんでした。

A子は学校でも人気がある女の子です。
学校で1番とは言わないまでも、2番か3番くらいの可愛い女の子です。

A子の裸も見たいと思って、鏡越しにA子の着替えを見ていました。
同級生に比べたら胸は大きい方です。
しっかり毛も生えてました。
俺はまたトイレに行って出しました。

A子の裸を見れたことで俺は満足しました。
お風呂も入らずに脱衣所に4時間ほどいたので疑われる可能性もあると思い、そこからエスケープしました。
そして自転車に乗ってしばらく走って、妹の服から自分の服に着替えました。
着替え終わると、そのまま自宅へ戻りました。
俺の作戦は大成功でした。

気を良くした俺はもう一度挑戦してみることにしました。
今度は、湯船にも入ってしまおうと思いました。
前回の経験で、俺と同じ年くらいから20歳前後のお姉さんは首から下をタオルで隠していることが多いのもわかっています。
湯船に入るまでなんとかすれば、脱衣所よりずっとよく見えるはず。
俺が標的とする年代は、たいだい隠して着替えてました。
なので、脱衣所ではチラリとしか見れません。

前回は妹の服だけを借りましたが、今回は裸にならないとだめなので、妹の下着も借りることにしました。
そして家にいる間に妹の下着をつけておきました。
初めて女物の下着をつけたのですが、それだけで爆発寸前です。

前回と同様に茂みで妹の服に着替えました。
受付も前回と同様に簡単に通れました。
高鳴る心を抑えてジュースを1本買いました。
そうしていると、俺の好みの女子がお父さんに連れられて来ました。
朝の10時くらいだったけど、受付や土産物売り場は混雑してきていました。
人が増える前にお風呂に入りたいと思いましたが、すでに脱衣所はたくさんの人でごった返していました。
後でわかったのですが、大型バスで来た団体客のようです。
俺はもう股間がパンパンでした。
このままでは着替えにくいので、トイレで一度出しました。

人混みの隙を突いてさっと全裸になり、首から下をタオルで隠し、湯船を目指してて突進しました。
これも案外すんなりいきました。
熱いお風呂には長時間は入れないので、熱くないお湯を選びました。
湯船に浸かるとタオルを外して体操座りです。
これで誰にもおちんちんは見られません。
ちょっと落ち着いて周りを見渡しました。
若干タオルで隠している人もいますが、ほぼ丸見えです。
今回は前回と違い、ここなら見ながらちんちんが触れるということもわかりました。

ふと見ると、高校生くらいの女の子が、お湯に浸からずに足だけつけた状態で湯舟の縁に座っています。
ちょうど俺の真正面なので股間が丸見えです。
人にはわからないようにちんちんを触り、お湯の中で発射しました。

今度は、さっきのドンピシャの女の子が入ってきました。
年はたぶん俺の1つか2つ上くらいでしょうか。
同級生の女の子より年上に見えます。
その子も俺のいる湯船に入って来ました。
すぐさま勃起状態に復活です。
胸は小さめだったけど、なんせ顔が可愛いので、またこっそり湯船の中で発射しました。
今回は裸もよく見れるし、ばっちり割れ目まで見れました。
もちろん、そのドンピシャの女の子の割れ目もしっかり見れました。

長湯してしまったので、一時退散することにしました。
脱衣所で素早く着替えてソファーに腰を下ろしました。
ちょっとのぼせてしまったので扇風機に当たっていました。
もちろんその時も目を光らせて、可愛い子がいれば着替えを見たりしていました。

こんなことを俺は中学生になるまでやっていました。
5、6回はしました。
お小遣いは、ほぼ銭湯代に消えていきました。
幸い一度も見つかることがなく作戦は大成功。

あるとき、男の子が着ても女の子が着てもおかしくないジャージを買ってもらいました。
紺色でラインがピンクです。
最寄り駅の隣の駅には商業高校と女子高があり、いつも女子高生でいっぱいです。
その下校の時間帯を狙い、その駅の女子トイレに潜入して、トイレを覗こうと思いました。
男子用のトイレで気づいたのですが、そこは個室の下が大きく開いていて、覗くにはもってこいの和式便所でした。
俺はそこで100人以上のトイレを覗きました。
女風呂を覗くよりも、ずっとリスクが低いのです。
うんちをする人、生理の人、おしっこがお尻まで垂れる人など色々と見ました。
見ながら、ちんちんが擦り切れるほどオナニーしました。
女子トイレの覗きも、一度も見つかることなく成功に終わりました。

中学に上がり、部活の関係で長髪はだめということで、諦めて短髪にしました。
女の子に間違われることがなくなってしまいました。
今度は妹がターゲットになりました。
妹はパンツ一丁で家の中をうろうろするし、お風呂から全裸で上がってきます。
さすがに兄妹なので、いたずらしようとまでは思いませんが、興奮はしてしまいます。
社会人となった今でも妹は変わりません。
いまだに全裸でお風呂から上がってきます。

2年前、偶然A子と居酒屋で鉢合わせしました。
すごい美人に成長していました。
それがきっかけで付き合うようになりました。
A子の体は標準的な体型で、特にこれといった特徴もないのですが、お風呂での経験がそうさせるのか、異常に興奮していまします。
他の女とは違うのです。
幼い頃のA子と、今のA子とのギャップなのかもしれません。
俺自身よくわかりませんが、異常に興奮してしまうのは間違いありません。
付き合うようになってわかったことですが、A子はセックス大好きなので、今は毎日のようにやっています。

タイトルとURLをコピーしました