献身的に開放してくれる息子の嫁に欲情して

この体験談は約 5 分で読めます。

去年、定年を迎え、ようやくのんびりできると喜んでいました。
経済的な心配もなく、次男で親の介護もない私は、家内と2人の自適な老後という生活しか思い描いていませんでした。
ところが、いざ引退してみると、なぜか落ち込む日々が続いたのです。

そんなとき一人息子が結婚して、新しい家族ができました。
30歳になった息子の結婚相手は36歳で離婚歴がありました。
最初、家内は反対していましたが、気立ての良い真理さんを私は一目で気に入ったのです。
そうは言っても息子の嫁、つい彼女を変な目で見てしまったときなどは、(イカン、イカン)と自分を窘めていました。

ところがある夜、小便をしに行こうと息子夫婦の寝室の前を通りかかったとき、引き戸が少し開いていて、そこから洩れてきた2人の会話を偶然聞いてしまったのです。

「ねえ、あなた、お願いよ。もう1週間もしていないのよ」

真理さんの甘えたような声に対して息子は、「疲れてるんだ、もう寝かせてくれ」と答えていました。

(この会話はひょっとして?)

つい好奇心に駆られて、扉の隙間からそっと中を覗いてしまったのです。
するとそこには、寝ている息子の腰に跨がり、クネクネと淫らに尻を振る真理さんの姿がありました。
真理さんは色っぽい透け透けの下着姿で、息子のパジャマを脱がせようとしていました。
ブラジャーからこぼれ落ちそうなたわわな胸がユサユサと揺れて、迫力のある大きなお尻が息子の体を押し潰す勢いで動いていました。
ところが息子はよほど疲れていたらしく、そんな彼女を無視していびきをかきはじめてしまったのです。

「ああん!いつもこれじゃあ、私、欲求不満になっちゃうわ」

まだ締めきれない様子の彼女は、なんと寝ている息子の股間に唇を寄せながら尻を高く持ち上げてオナニーを始めたのでした。
私は鼓動が激しく高鳴るのを感じながらも、身を潜めて見続けました。
私は、息子の嫁の痴態を見つめているうちに下半身が激しく疼きはじめてしまったのです。
いつの間にか夢中でペニスを握り締めていました。
慌てて便所に駆け込んで、自らの手で慰めたのです。
そうなふうに我慢できなくなってペニスを擦ったのも久しぶりでした。
久しぶりに感じたペニスの硬さに我ながら満足して、少しばかりの男の自信を取り戻し、悦びを感じたのでした。

冷静になってくると、我が息子を不甲斐なく思うと同時に、女盛りの新妻が、あんなふうに1人で耽っていることが不憫に思えてきました。
今でこそ私も家内を悦ばせることはなくなりましたが、新婚の頃は、どんなに疲れていても毎晩満足させてやったものです。

(可愛い妻があんなふうに求めてきたら、俺なら精力剤に頼ってでも悦ばしてやるんだが・・・)

勝手に妄想に耽り、それから数日間は彼女の姿態が何度も頭をよぎり、まともに目を見て会話できないほど意識してしまいました。

しばらくして、家内が友人と3泊の旅行に出掛けたときのことです。
気兼ねなくのんびりできていいやと思っていたところ、風邪をこじらせてしまいました。
勝手なもので、寝込んでしまうと急に家内の不在が寂しくも心細くなりました。
すると、私が風邪で寝込んでいるのを知った真理さんは、とても心配してくれ、甲斐甲斐しく世話をしてくれたのです。

「移るといけないから、もう放っといてくれて大丈夫だよ」

口では言ったものの、彼女に世話を焼いてもらうのがとても嬉しかったのです。
水枕を替えるために彼女が屈むと、目の前で大きな胸がぷるるんと揺れました。
Vネックのセーターは乳房の重みで下がり、深い谷間が丸見えでした。
初めて間近で見た、白くてきめ細かな肌からは、石鹸だか香水だか、鼻をくすぐる女らしい匂いが立ちこめていました。
そんな匂いを嗅ぎながら胸の谷間を見つめていたらムラムラしてきてしまい、風邪とは別に顔が熱くなり始めたのです。

やがて彼女は温かいタオルを用意してきて、私の体を拭いてくれると言い出しました。
さすがに照れ臭さもあって遠慮しましたが、手際よくパジャマを脱がされてしまいました。
家内ですら、ここまでしてくれたことはありません。
柔らかな彼女の手のひらが素肌に触れると、疼きが激しくなって、とうとうブリーフの股間をモッコリさせてしまったのです。
慌てて掛け布団を引き寄せましたが、隠すより一瞬早く真理さんに見られてしまいました。
驚いたように目を見開いた彼女は顔を真っ赤にして動かしていた手を止めました。

(怒るかもしれない、いや、きっと軽蔑されただろう)

言い訳を考えていた私に彼女は思いがけない言葉をかけてくれたのです。

「まあ、お義父さんったら。思ったよりお元気そうで良かったわ。ウフフ」

さすがは離婚歴のある大人の女性。
男の生理に理解を示し、義父に恥をかかせまいと気遣ってくれたのでしょう。
そんな優しい息子の嫁に、つい甘えたくなってしまった私は、思わずスカートの中に手を伸ばしてしまったのです。

「あっ、お義父さん、ダメです、そんなこと」

彼女はとっさに私の手を制しました。
けれど柔らかな太ももに触れた瞬間、年甲斐もなく突き上げてきた激しい欲求を抑えきれなくなった私は、夢中で彼女の体を抱き寄せていました。
服の上からくびれた腰や大きな尻に手を這わせました。
あの淫らな姿を見て以来、頭から離れなくなった、艶めかしい体。

「あ、お義父さん、いけないわ。アアン、待ってください、イヤン」

真理さんは弱々しい声で抵抗しましたが、言葉ほどには体が逃げませんでした。

「偶然見てしまったんだ。息子がこんな可愛い嫁に寂しい思いをさせていることを」

あの夜のことを話すと、彼女は一瞬戸惑いの表情を浮かべた後、潤んだ瞳で恥ずかしそうに私を見つめ返してきました。
私はそんな彼女を抱き寄せた、セーターの上から乳房を揉みしだいたのです。
指の隙間からこぼれるほどのボリュームと弾力がありました。
揉みながら、もう片方の手をスカートの中に這わせ、滑らかな肌と柔らかくむっちり張った太ももを撫で回しました。
次第に彼女の体も熱く火照り始めたのがわかりました。

「ダメですって、イヤ・・・私、そんなふうにされたら弱いの。ウウ、ウハァン」

徐々に力を抜いて私に体を預けた彼女は、熱い吐息を洩らしながら自分から胸を突きだし、顎を反らせて呻きました。

「真理さん、素敵だよ」

私は何度もつぶやきながら彼女のセーターを捲り上げ、露わになったブラジャーの谷間に顔を埋めました。
あの日と同じ、いやらしいレースのブラジャーには、ぷっくりした赤黒い乳首が透けていました。
ボリューム満点で程よく熟れている彼女の体には淫らな下着がよく似合っていて、エプロン姿とはまた違う妖艶さが漂っていました。
ブラジャーを引き上げて弾け出した乳房にしゃぶりついてみると、しっとり汗ばんだ柔らかな皮膚は、乾いた私の唇を潤すように吸い付いてきました。

「ア、アアン、お義父さん、感じちゃう!ハン、いけない、どうしましょう」

束ねていた長い髪をバサッと解いた彼女は、私の上にのしかったまま半裸の肉体をヒクヒク震わせ、甘い声で喘ぎはじめていました。

「いいんだよ、もっと感じて。君を放っておく息子が悪いんだから」

私は息子を悪者にすることで彼女の罪悪感を取り除いてやり、自分自身にも言い訳をしていたのです。
この日、私と真理さんは、息子と家内に内緒で禁断の契約を結びました。

タイトルとURLをコピーしました