処女なのに、アメリカ帰りってだけでビッチ扱いされて

この体験談は約 3 分で読めます。

私はクラスの中で浮いていました。
ずっとアメリカ暮らしだった帰国子女の私は日本の学校には馴染めませんでした。
クラスの女子にはそれが、お高くとまっていると感じられたらしく、いつの間にかクラス中の女子からシカトされるようになっていました。

そして、あの修学旅行の日がやって来たのです。
嫌われ者の私は、なんとかお情けであるグループに入れてもらえたのですが、いざ現地のホテルに着くと、「アンタは部屋に入るな!」と追い出されてしまいました。
自分のバッグを抱えたまま部屋の前で呆然としていると、たまたま女子の部屋に遊びに来たらしい男子が、「ひどいなあ。俺たちの部屋で良かったら来なよ」と声を掛けてくれました。
私1人で男子の部屋へ行くのは抵抗がありましたが、寝る場所もないし、断ったら男子にも嫌われてしまうと思い、彼の部屋へ行くことにしました。
これが間違いの元でした。

部屋へ入ると、そこには5、6人の男子がいて、こっそり持ち込んだお酒を飲んで、みんな酔っ払っていました。
そして、その中の1人が抱きついて私を押し倒してきたのです。
男子たちは口々に、「どうせアメリカじゃやりまくってたんでしょ?」とか「レイプなんて日常茶飯事なんだろ?」とかメチャクチャなことを言いながら、私の服を脱がしました。
私はまだ処女で、男の子とは軽いキスくらいしかしたことなかったのに。

全裸にされると無理やり大股開きにされ、写真をたくさん撮られました。
それから犯され、口にもペニスを入れられました。
部屋にいた男子が全員私を犯すと、今度は違う部屋の男子たちがやって来て私を犯しました。
さらに誰かが終わると、回復した男子が再び私を犯すのです。
一晩で10人以上の男子に数え切れないほど犯されました。

修学旅行の3泊4日の間、私はろくに休めませんでした。
夜は当然のように男子に犯されます。
疲れ果てて眠ってしまっても、彼らは許してくれません。
常に誰かが私の体を弄び、全く熟睡できませんでした。

昼はバスの中でも男子の手がスカートの中に伸びてきます。
観光地に着いても、物陰でフェラさせられたり、ノーパンでスカートを捲られて写真に撮られたりしました。
当然、それは女子にも知られ、私はますます嫌われました。

入浴の時間には、「お前が入るとお湯が汚れるんだよ!」と言われて女湯に入れてもらえず、仕方なく男湯に入るはめになりました。
当然のようにソーププレイを強要され、お尻の穴の周りに石鹸を塗りたくられ、お尻も犯されました。
修学旅行が終わる頃には私のアソコは真っ赤に腫れあがり、アゴもガタガタになっていました。
写真もたくさん撮られました。
当時はデジカメやカメラ付き携帯などありませんでしたが、クラスの写真部員が現像しまくっていました。

修学旅行から帰ると『あゆみちゃんの修学旅行の思い出』というタイトルの付いたアルバムを渡されました。
もちろん中身は全て、私の恥ずかしい写真です。

写真の1枚1枚に、『なんと、このときはまだ処女でした!』『フェラチオが上手になったね』『ソーププレイに初挑戦!』『4Pで大ハッスル!おちんちんに囲まれて嬉しそう』『名所××寺でオマンコご開帳』などのコメントが添えられていて、最後の1枚は私が全身精液まみれになってぐったりしている写真で、『これからもクラスの性欲処理係として頑張ってね』と書いてありました。

そして、そのコメントの通り、私は性欲処理係として日々を送るようになりました。
人目を気にせず、公然と教室の隅でフェラをさせる男子までいたほどです。
遊びとして私をイカせることが流行ったこともありました。
男子はみんな本やビデオで研究したみたいで、私は教壇の上で股を開かされ、立て続けに絶頂を迎えました。
気持ちいいどころか何度もイカされるのは苦痛でしかなく、心では嫌なのに、感じてしまう自分を嫌悪しました。

死にたくなったこともありますが、クリスチャンの私に自殺は許されません。
何より、こんな酷い人たちのせいで、なぜ私が死ななければならないのか。
これ以上人生を台無しにされてたまるか。
そう思って歯を食いしばり頑張って勉強しました。

私は高校を卒業すると同時に渡米しました。
今は出版関係の会社で働いて充実した日々を送っています。
まだ男の人は少し怖いですが・・・。
レイプに遭った女性のみなさん、辛い体験に負けないで下さい。

タイトルとURLをコピーしました