手コキされた瞬間、車内に飛び散らせてしまった

この体験談は約 3 分で読めます。

19歳の頃の話。
大学に入って何ヶ月か過ぎて、そこそこ友達もできて、夏の夜に男2人、女2人で車で海に行った。
浜辺の駐車場に車を停めて、散歩したり砂浜で遊んだりしてた。
途中でなんとなく1人の女の子がトイレに行き、男もついて行った。
俺は女の子と車中で2人きり。

当時、丸顔で童顔なその子は俺の好みで、胸はぺったんこだったけど本当に可愛くて、正直オレは結構惹かれてた。
その子と車で2人きり。
でも、そんな空気を出したら気まずくなるからギャーギャー車の中で騒いでた。

すると、何かの拍子でその子が、「そんな事したらこうしてやるー!」とくすぐってきた。
オレも仕返しにくすぐり返して・・・。
気がついたらくすぐりあいごっこになってた。

19歳の男なんてヤりたい盛りなわけで、そんなボディタッチでも勃起ですよ。
我慢汁が出てるのが自分でわかるほど。
しかも暴れてるから、時々その子の手が俺の股間に当たったりして。
実は俺の手も、その子の胸に触れてたり。

夜で車内は暗かったから目立たなかったけど、明らかに俺は勃起してた。
もう襲いたいほどにムラムラ。
気がついたら距離もかなり近くて、半分抱き合うようにしてくすぐりあってる。
くすぐる手がたまに股間にかすって俺は感じまくってたし、その子の胸や股間のきわどい部分にオレも触れてしまったりしてた。

次第にちょっとお互いの目が合ってくる。
少し無言になったところで股間にすごい刺激を感じた。
その子が少し微笑みながらオレを見つめて、アソコを握ってきた。

「フフ、これ何?」

「え、あ・・・いや」

オレが困った顔で作り笑いしてると、何も言わずにズボンのチェックを下ろしてきた。

「え・・・え・・・」とか言いつつ、俺も手を払うことはしない。

ポロンと出たチンポはビンビンで我慢汁が垂れまくってた。

「すごいね、フフ」

我慢汁を先端に塗りつけながらコリコリしてくる。
その間、ずっとオレの目をじっと見たまま。
本当に可愛い。

「いや、やばいって・・・」

マジで俺は、もうちょっとだけでイキそうになってる。
すると少し向こうから、さっきトイレに行った2人が戻ってくる声が聞こえてきた。
それに気づいたその子、急にチンポを握った手を上下に動かし始めた。

「あ、だめ!」って言いながら彼女に抱きついたが、時すでに遅し。

車内に精子が飛びまくり。
後部座席とその子の手にも飛び散った。
外の2人はもうすぐそこまで来ている。

「早く仕舞って!」

俺はぐちょぐちょのチンポを急いで仕舞い、その子はティッシュで手やら座席やらを急いで拭く。
そしてエアコンの風をめちゃくちゃ強にして臭い対策。
友達の2人はニヤニヤしながら戻ってきたが、特に何も聞かずに騒いで帰った。

帰りの車の中。
耳元で「エッチだね」と囁かれて、また勃起してしまった。

「続き、したい?」

なんて聞かれたので素直に頷くと、「じゃあ、言うことがあるよね?」と。
ふむふむ、なるほど。
オレがその子の耳元で、「好きだ。付き合って欲しい」と伝えた。
すると突然、「きゃー!」って言われて抱きつかれた!

あとから聞いたけど、友達2人は色々知った上で、オレとその子を2人きりにしてくれたらしい。
だから付き合うことになったと報告すると、すごく喜んでくれた。

タイトルとURLをコピーしました