私のお持ち帰り体験

この体験談は約 3 分で読めます。

私は今年20歳になった大学生の小豆です。

この間の私の体験を聞いてください。
あの日は大学の友達と飲み会に行った帰りでした。
私はあまりお酒を飲まない方なのですが、最近彼にふられた私はかなりの勢いで飲んでいました。

友人のRちゃんとTくん、そしてTくんの知り合いのMくんがいたのですが、飲み会も終わり帰りのときRちゃんは「Tくんと帰る」と言って、そのままタクシーに乗り行ってしまったのです。

Mくんは私に「僕らは帰る?」と聞きました。
私は酔いながらも「うん」と言って歩き出したのですが、よろけてMくんに抱きついてしまったのです。

Mくんは「危ないで。送ったろか?」と言ってくれました。

私はそのままタクシーにのり寝てしまって、気がついたらMくんのアパートでした。

「小豆ちゃん寝てしまうからここに連れて来たけどまずかった?」と言ってくれました。

私はここ数日欲求不満で、「Mくん・・・。やらへん?」と言いました。

Mくんは一瞬戸惑ったけど、優しい笑みを浮かべて「ええよ」と言ってくれました。
ベッドの隣に座ったMくんは、私に優しいキスをした後、押し倒してディープキスをしてくれました。

Mくんは「可愛いな」と言って服を脱がしてブラを外し、舌で乳首を舐めはじめました。

Mくんはすごく舌使いが上手く、私は「あん・・う・・あ・・・」と声をあげました。

興奮したらしいMくんは乳首を舐めながら手を下に持っていき、パンティーの上からおまんこをなぞりました。

私は「いや、あん」と声を出していました。

もう、グチュグチュになっています。

「指、入れるで」

Mくんは私の割れ目の中に1本指を入れました。

Mくんの指は太くて長くてとても気持ちよかった。
グチュグチュぺチャグチュといやらしい音を立て、今にもいきそうでした。

「あ!あっむ、Mくんイクかも・・・」

そう言うと、Mくんは「まだ、ダメやで」と言って、今度は舌でおまんこを舐め始めました。

「ああ、キモチいよ・・・Mくん!」

私はそう言ってよじれ、その姿に耐え切れなくなったMくんは、Mくんの太くて長いものを私に出してきました。

「どうして欲しい?」

Mくんがそう聞くので・・・。

「お願い・・・いれて。そのおちんちんをいれて・・・」と狂ったように言いました。

Mくんは優しく笑い、「正直サン」と言って私の中に入れてくれました。

「あん・・・ああん・・・あん」

ゆっくり奥まで入れて動かしてくれるMくんに、私はかなり感じて「いや、はん・・・あん・・・もぅ」とか言いました。

「気持ちいいの?可愛い顔やで・・・」とMくんは言いました。

ピストンが早くなり・・・。

「あん!ああっ!あぁ!イク」

そう言って、私は頭が真っ白になり、先にいってしまいました。

Mくんは「俺がいってないから2回戦突入~!」と言って体勢を変えバックから攻めてきます。

さっきとは違う快感。

「いや!!はっん!あぁ・・・うぁん!」と、私は凄い声を出していました。

興奮したMくんは「小豆ちゃんの中きもちいい。俺イキそう・・・」と言ってドピュと中出しし、それは子宮まで広がって、あまりのきもちよさに「あぁ!」と私もイキました。

それからひと息ついて、Mくんが「今日初めて会って、一目惚れしたよ。付き合ってくれん?」と言ってくれました。

「私もすき。Mくん」

そう言って、またエッチ・・・。

今ではラブラブのカップルです。
読んでくれてありがとう。