ヤンキーのおもちゃにされていた優等生な美少女

この体験談は約 5 分で読めます。

中1の時の話です。

学校帰り、学校の近くの公園を連れと2人で歩いてると、中3の学校一のヤンキーに声をかけられました。

(やべっ、カツアゲされる)

ビビりながら公園内の遊具施設に連れ込まれると、そこにはもう1人のヤンキーと同級生の女の子がいた。
彼女はモー娘。の亀井絵里似で、クラス委員をするほど真面目で優等生。

(そんな子がなんでヤンキーと一緒・・・?)

と思ったら、その子もかなりビビってる様子。

するとヤンキー2人は、「凄いものを見せてやる」と言って、1人が亀井を後ろから羽交い締めし、もう1人が足を無理やり開脚させた。
制服のスカートの下は何も着けておらず、亀井のおまんこが丸見え。
当時童貞だった僕は初めて見るおまんこ(しかも同級生)に、即勃起した。

亀井は悪戯され慣れているのか、目立った抵抗はせず、呆然とした表情で脚を広げていました。
ヤンキーは僕達に、「な、凄いだろ!」と言いながら亀井のおまんこを指で広げたり、舐めたりしていた。

「お前らも舐めてみろ!」

ヤンキーに言われ、僕達も順番に舐めました。
亀井とは小学校の時に一度同じクラスになったことがあり、(可哀想だな)と思いましたが、ヤンキーが恐かったのと性欲に負けて、ペロペロ舐めました。
亀井の無表情な冷たい目をよく覚えています。

その後、ヤンキーがちんこを出して亀井にフェラさせようとしました。
頭を押さえつけて無理やり口の中に入れようとしてましたが、亀井が抵抗したため、腹を思いっきり殴られていました。
ヤンキーは咳き込む亀井の口に容赦なくちんこを出し入れしてました。

「ついて来い」と言われ、僕達はヤンキーの家に連れ込まれました。

部屋に着くなりヤンキーが亀井に、「お前、何服なんか着てんだよ!」と凄み、亀井は泣きそうになりながら制服を脱ぎだしました。
どうやら放課後、よくこの2人に連れ込まれてたみたいでした。
僕達を気にして下着姿になって躊躇してる亀井を、ヤンキー2人は殴ったり蹴ったりしてました。

「ごめんなさい」と言いながら、亀井は裸になりました。

ヤンキーは僕たちに、「じゃんけんで勝った奴、こいつとセックスさせてやる」と言いました。

僕は可哀想に思いながらも性欲に負けていました。
本当は勝ちたかったのですがじゃんけんに負けて、連れが亀井とセックスすることになりました。

汚い布団に裸で寝かされる亀井に興奮しました。
連れが躊躇してるとヤンキーに蹴られて裸にされ、亀井に覆いかぶさりました。
連れも童貞だったので、セックスの仕方などわかるはずもなく、亀井の体をひたすら舐めまくっていました。
正直、連れが羨ましかったです。

その後ヤンキーの指示で、連れが仰向きに寝て、亀井が連れの体を舐めていました。
僕は、可愛い亀井にフェラされている不細工な連れが羨ましくてたまりませんでした。
普通に学校生活を送っていると、こんな美少女に相手にされることはありません。
亀井は少しでもさぼるとヤンキーに四つん這いになった尻をプラスチックのバットで思いっきり叩かれるので、一生懸命に連れのちんこをしゃぶっていました。
連れのちんこを泣きそうな顔で一生懸命しゃぶる亀井とたまに目が合いました。
すごく気まずかったけど、僕はとても興奮してました。
連れが気持ち良さそうな顔をしているのが悔しかったです。

そのまま亀井はヤンキーに無理やり寝ている連れに跨がらされ、騎乗位で挿入しました。
連れはヤンキーに、「気持ちいいか?」と聞かれ、「気持ちいいです」と答えていました。
ヤンキー2人は楽しそうにバカ笑いをしてました。
僕は興奮して気が狂いそうでした。
亀井はヤンキーにバットで殴られながら腰を動かしていました。
その後、正常位になった連れは調子に乗って裸の亀井に無理やりキスをして、可愛い乳首にむしゃぶりつき、腰を振りまくっていました。

「うう!!」

声を出した連れは亀井にしがみつき、おまんこにそのまま精子を出して果てました。
呆然とした亀井のおまんこから精子が逆流していました。
連れも呆然としていました。

ヤンキー2人はカップラーメンを食べ始め、「そいつ、お前らの好きにしていいよ」と言いました。
僕は亀井とセックスしたくてたまらなかったので、内心(ラッキー!)と思いました。
でも亀井を見ると泣いていたので躊躇しました。
連れは泣いてる亀井に構わず、また乳房にしゃぶりついてました。

僕は出遅れてオロオロしてると、ヤンキーに「お前も脱いでヤレよ!」と凄まれ、慌てて服を脱いで布団に入りました。
僕が布団に入ると、泣いてる亀井の口に無理やり舌を入れてた連れは、口を譲ってくれました。
僕はもうどうでもいいと思い、泣いてる亀井にディープキスをしまくりました。
ヤンキー2人はラーメンを食べながら僕達を見て笑ったり、テレビを観て笑ったりしてました。

僕と連れは亀井の体を隅々まで舐めまくりました。
亀井のおまんこに指を入れると少し濡れていて、とても温かくて・・・。
連れが亀井のおまんこを舐めだしたので、僕は後ろから亀井を抱いておっぱいを揉みながら唇をぺろぺろ舐めました。
観念して体に力が入らず、ぐったりしている亀井でしたが、たまに僕を睨みつけました。

連れがまたちんこを亀井の中に入れたので、僕は亀井にフェラさせようと口にちんこを持って行き、仰向けで寝てる亀井の口に入れようとしました。
亀井が首を思いっきり振って嫌がったので、僕は思わずヤンキーがしたようにお腹を思いっきり殴ってしまいました。
咽る亀井の口に無理やりちんこを入れると、亀井は僕のちんこを咥えながら思いっきり睨んできました。
僕はもうどうでも良かったので、構わずに腰を振って、亀井の口にちんこを出し入れしました。
もちろん初めてのフェラチオです。
しかも相手は美少女の亀井。
もうヤンキーのことなんか忘れて、めちゃくちゃ興奮しました。

連れがバックでしたいと言い出したので、そのまま亀井を四つん這いにさせて、連れは後ろから亀井を突きまくってました。
代わって欲しかったけど我慢して、亀井の頭を掴んでフェラチオをさせました。
亀井は悲鳴のような訳のわからない声を出してました。
その後、連れがニ度目の中出しをして果てました。

亀井にフェラさせながら順番を待ってた僕は、(次は僕の番だ!)と心で叫び、亀井の口からちんこを抜き、連れをどかせて亀井に入れようとしました。
ちょうどラーメンを食べ終えたヤンキーに、「お前はどけ!」と蹴られました。
ヤンキーは椅子に座り、亀井にちんこを咥えさせました。
僕はちんこを勃起させたまま、やりきれない気持ちでいました。

その後も亀井はヤンキー2人のおもちゃにされていました。
僕達は裸でその様子を見せられました。
連れは2回も亀井に中出ししてたのでとても満足そうでしたが、僕はやりきれない気持ちでいっぱいでした。

タイトルとURLをコピーしました