エッチな夢の正体は祖父の夜這いだった

この体験談は約 5 分で読めます。

私が高校生になったばかりの頃、いつも不思議な夢で目が覚めた。
ハッキリ言ってしまえば、エッチな夢だ。
中学生になった頃からよく見るようになったのだが、高校に入ってから見るソレは妙にリアルな感覚だった。
時にはパジャマのボタンが外れていたり、アソコが濡れていたりしたこともあった。

(自分はとてもエッチな女の子で、無意識のうちに1人エッチをしているんじゃないだろうか?)

そんなことを考えて落ち込んだりしていた。

ある晩、私が布団で寝ていると、何やらゴソゴソと物音がする。

(自分が寝ぼけているのか?まだ夢を見ているのか?)

判断できないでいると、タオルケットが捲られる感覚がした。
少しすると誰かがすぐそばで私のことを見ている視線を感じるようになった。
視線の主は、パジャマ代わりに着ているTシャツの上から私の胸を撫でるように触り始めた。
起き出そうかとも思ったが、奇妙な怖さと気まずさを感じて寝たフリを続けた。

その手はだんだんと乳首を集中的に弄りだした。
自分でもわかるくらいに乳首が尖っていくのがわかった。
今度は下半身に移動した。
ショートパンツの隙間から中を覗いているみたいだ。
また胸を触りだした。
お腹の辺りが涼しくなり、シャツを捲られていくのがわかった。
片方の胸が剥き出しにされたところで、乳首にヌルッとした感触。
誰かが舐めている。
まだ男の子とも付き合ったことのなかった私の体は、知らないうちにオモチャのように弄られていた。

思い切って薄目を開けてみた。
そこには私の胸に舌を伸ばす“祖父”の姿があった・・・。

私は再びきつく目を閉じた。
まさか同居していた自分の祖父がこんなことをしているなんて信じられなかった。
祖父は慣れたように数回胸を舐めた後、素早く私のシャツやタオルケットを戻して部屋を出て行った。

エッチな夢の正体がわかると、納得のいくことが多いことに気がついた。
夜更かしして眠りの深い休み明けや、両親が夜勤でいない日など、例の夢はそんな日に見ることが多い。
まぁ、本当は夢じゃなかったんだけど・・・。

気をつけて観察すると、脱衣カゴの下着や部屋のタンスも漁られているっぽい。
髪の薄い老人斑だらけの祖父が自分の下着の匂いを嗅いだりしている姿を想像するとゾッとした。
それ以上に夜中にされたことを思い出すと泣きたくなるような気持ちになった。

我が家は私と祖父、両親の4人家族。
それなりに上手くいっている家族関係のことを思うと、両親に相談もできなかった。
不自然にならない程度に祖父とも距離を置いたが、あまり効果はないみたい。
その後も気づかれていることを知らず、祖父は何度も私の部屋にやって来た。
触りにくいように丸まった体勢で寝たりもしたが、結局は毎回のように胸を弄られてしまった。

ついに私は祖父に抗議する決心をした。
その日も祖父はいつもと同じように私の部屋に来た。
シャツ越しに触った後、剥き出しにした裸の胸に吸い付いた。
薄暗い部屋の中に祖父が私の胸を愛撫する音が微かに聞こえていた。
舐めたり軽く吸ったりを数回繰り返してから祖父は部屋から出て行く。

その数分後、気持ちを落ち着かせてから私は祖父の部屋に行った。
最初は驚いていた祖父も、私が話し始めると情けない表情になった。
最後まで聞き終えた祖父は私に謝罪し、自分の欲求が抑えられなかったと告白した。
当たり前だけど、今後は絶対にこんなことはしないと約束した。
私は祖父を許してあげることにした。
これで家庭崩壊もせず、万事解決と思っていた・・・。

しかし、その後も祖父は私の部屋に来ることをやめはしなかった。
今まで以上に大胆に私の体を触ってくるようになり、私が注意すると、謝りながらお金を差し出してきた。

(たぶん祖父は精神的に少しおかしいのかもしれない。だからなかなか止められないんだ)

そう思うようになった。
だからといってこのままで良いはずがない。
私は思い切って祖父にいくつか提案を出した。

・私が寝ているときには絶対にいやらしいことはしない。
・どうしても我慢が出来なくなったら正直に言うこと、私が認める範囲でなら体に触ってもいい。
・両親を含め、他人にこのことは絶対に秘密にする。

これが私の出した提案だ。

祖父は何度も頷いて了解した。
そしてこの提案をした日の夜、さっそく祖父から“お呼び”がかかった。
両親が夜勤仕事に出かけてからすぐに祖父の部屋に行った。

(どうせ体を舐められたりするんだから後でいいや)と風呂にも入らず、学校から帰った制服のままだった。

祖父の部屋に入ると最初にお金を渡された。
なんとなく嫌な気分だったが、“迷惑料”だと思って素直に受け取った。
言われるままに布団の上に横になる。
なんとも言えない、いやらしい顔をした祖父が制服の上から胸を揉んできた。

「あ~、こういう格好のままするのが夢だったんだ」

そんなことをブツブツと言う祖父。
気持ち悪さでムカムカしたが、見えないところで変なことをされるのも嫌なので、祖父の行為をじっと見ていた。
制服のブラウスのボタンをいそいそと外す。
祖父はシャツを開いて丸見えになったブラに顔を埋めて匂いを嗅いでいた。

「汗の匂いがするぞ。暑かったからなぁ。お、今日も可愛い下着をつけとるな」

そう言いながらブラの上から胸をベロベロ舐めている。
興奮した祖父は乱暴にブラをずり下げた。
初めて明るい場所で私の胸を見た祖父はすごい興奮しているようだった。
グニュグニュと胸を揉んでから指で乳首をしごかれた。
すぐに大きく膨らんだ乳首をいやらしい目つきで眺める祖父。

「もうこんなに腫らして、この乳は敏感じゃな」

そんなことを言った後、シワシワの乾いた唇で私の乳首に吸い付いた。
祖父の赤い唇や舌が何度も大きく腫れた茶色の乳首を這い回る。
気持ち悪さと同時に気持ち良さも感じた・・・。
しつこく舌で乳首を舐め転がしながら、「こりゃ美味いっ」と何度も言ってた。

そのまま下半身に手を伸ばす祖父。
捲られたスカートの下はブラとお揃いの白いパンツだった。
強引に足を広げて股間に顔を近づける祖父。
1日穿いて汚れたパンツに顔を埋める。
匂いを嗅ぎながら舐め始めた祖父。
パンツ越しでもオマンコの割れ目を探るような舌の動きが感じられた。

そこで私は祖父をストップさせた。
止めさせるタイミングがよくわからずに、かなり大胆なことまでさせてしまったのが悔やまれた。

それからも両親がいない時を狙って、祖父は私を呼ぶようになった。
祖父の好きにさせていると下半身まで触られてしまうので、自分から胸を晒し、胸だけを触らせるようになった。
自分から洋服を捲ってブラジャーをずらした。
祖父の前で裸になるのは抵抗があったので、洋服や下着は着けたままにした。
何度か指で摘ままれただけで、簡単に私の乳首は硬く尖ってしまう。
膨らんで大きくなった乳首を祖父は美味しそうに吸っていた。
その後、床に寝かせられた私の胸をさらに弄る祖父。
なぜか祖父は乳首に対して異常に執着していた。
毎回のようにヒリヒリして痛くなるまでしつこく弄られた。
そして最後にはいつも、「お小遣い」と言ってお金を渡された。

そんな私達の関係は祖父が体調を崩して入院するまで続いた。
最後に祖父に胸を触られたのは入院して1ヶ月後くらいで、私がお見舞いに行ったときだった。
薬の臭いが充満する病室で私は祖父に乞われるまま自分の胸を差し出した。
制服の前を開き、下着をずらす。
剥き出しになった私の胸を寝たきりになった祖父の顔の前に突き出すと嬉しそうに吸いついてきた。

「美味い、美味い」

何度もそう言いながら乳首を口に含む祖父を見ると、なんだか悲しい気持ちになった。

それから数ヶ月後、祖父は他界した。

タイトルとURLをコピーしました