山奥の温泉で大勢の男たちにデカ乳首を視姦されて

この体験談は約 3 分で読めます。

高校のときから付き合ってる彼がいます。
お互いに初めての彼氏彼女で、経験は彼だけです。
ただ年齢を重ねるごとに少しずつ性欲が強くなって、25歳になった今・・・。

(彼以外の人とするのって、どんな気持ちなのかな?)
(エッチが上手い人としたら、彼とするより気持ち良くなれるのかな?)

なんて考えるようになりました。
もちろん彼に悪いので実行には移していませんけど。

私は25歳ですが、高校生くらいに見られることも多く、童顔だと思います。
あまり好きではありませんが、胸が大きいこともあって、「篠崎愛に似てる」と言われます。
ちょっと変わってるって言われるんですけど、1人ドライブで気の向くままに走ることが趣味です。

先週、隣の県の山奥をドライブしている最中に温泉を見つけました。
寂れた感じの温泉でしたが、こういうのを穴場って言うのかなと思って入ると、ちょっと古い露天風呂だけの小さな温泉でした。
入浴料が150円と安かったので入ってみると、後からぞろぞろと男の人が入ってきました。
しかも、あんまり近寄りたくないタイプの田舎のヤンキーって感じの人たちで・・・。
運悪く、出る前に見つかってしまいました。

「女がいんじゃん!」
「マジか!」

取り囲むように立たれて、脱衣所までの道を塞がれました。
そうじゃなくても驚いてしまった私はお湯の中に隠れるようにしていたので、逃げられなくて。
ニヤニヤといやらしい顔をした若い、下手すれば私より年下の男の子達がふざけ半分に取り囲んで、私の身体を覗いてきます。

「混浴にわざわざ1人で入るって、お姉さん露出狂?」
「可愛い顔して変態かよ、しかも、おっぱいデケぇし」
「ね、ね、何カップ?」

「やめて下さい」と言っても彼らは聞く耳を持ちません。

「やべやべ、興奮してきた」
「ほら、俺らお姉さんの身体がエロいから立っちゃったべw」

そう言ってお風呂の中で身体を隠している私を取り囲んで、わざと勃起したおちんちんを向けて私を取り囲んで、ふざけ半分興奮半分で笑い合っていました。
そして目の前には、私の手首くらいの太さがあるおちんちんが!
その大きさに驚いて、ついじっと見てしまって・・・。

「可愛い顔してデカチン好きかよw」
「たまんねぇ、あー我慢できね~」
「ね、ね、お姉さん、こっちでおしゃべりしよ」

私の手は強引に引っ張られて、身体を隠すものが何もなくなり、コンプレックスだった大きな乳首を男の子達に見られてしまいました。
恥ずかしいのに私はドキドキしてました。
何人もの男の子が興奮した視線を私に向けています。
それが私の興奮をますます高めていきました。

「でけぇ!おっぱいもデカいけど、乳首もデカっ」
「こんなエロい乳首してんのかよw」

ひどいことをたくさん言われます。
なのにドキドキしてる自分が信じられません。
自己嫌悪に陥りながら、ドキドキしてる自分を振り払うように・・・。

「これ以上変なことすると大声出しますっ・・・」

私は勇気を振り絞ってそう言いました。
思った以上に大きな私の声に驚いたのか、さすがに彼らはそれ以上は何もしてきませんでした。
私はドキドキしながら慌ててお風呂から出ました。

だけど・・・私の手首くらいある、太くて大きなおちんちんが頭から離れなくて・・・。
そして、コンプレックスだった胸と乳首にいやらしい視線を向けられたことを思い出して・・・。

私は急いでその温泉から離れようとしたんですが、走っても走っても興奮は収まらず、途中で車を停めて・・・道端で自慰をしてしまいました。
彼に愛撫されるときより下着の中は濡れていて、熱くなっていました。
手首くらいある太くて大きなおちんちんを思い出しながら、私はあっという間にイッてしまいました。
しかもオナニーはその日1回だけじゃなくて、次の日もその次の日も、温泉での出来事を思い出しながらオナニーをしてしまいました。

・・・今週末、もう一度、その温泉に行こうと思っています。
もし同じ人たちに会ったら、どんな反応をされるかとても怖いです。
でも、それと同じくらい興奮して、ドキドキして・・・。
もしかしたら、取り返しのつかないことになるかもしれないのに、ドキドキしてる私は自分で自分が抑えられないんです。

タイトルとURLをコピーしました