管理人のおじさんの性奴隷にさせられました

この体験談は約 4 分で読めます。

私は近々結婚します。
結婚する前に誰かに聞いて欲しくて。

私が40代まで独身でいたのは、子供の頃から思春期にかけて散々男性に酷い仕打ちをされたからです。
初めて男性に性的悪戯をされたのは、小年生の夏休みでした。
相手は顔見知りの高校生。
廃墟のような誰も使用しない公衆トイレに連れて行かれ、強引に個室に入れられました。
高校生は、「声を出したら、直子ちゃんを殺すよ」と言いながら私のワンピースを脱がせました。
夏ですから、2枚脱がされるだけでパンツ一つの姿にされてしまいます。
全裸にされるのは、あっと言う間でした。
どのくらいの時間を触られていたのかわかりません。
トイレの異常な暑さと初めての経験に汗だくだったことだけが記憶にあります。

その後は、お決まりのコースです。
口止めをされ、その日は帰されましたが、その後も、遊びの帰りなどに待ち伏せされ、トイレや林の中、材木置き場、団地のゴミ焼き場などに連れ込まれては悪戯されました。
初めは、裸にされて性器を触られるだけでしたが、だんだんエスカレートして、オシッコをさせられたり、高校生のアレを握らされて、出すまでしごいたりしていました。

そんな事が半年くらい続いたある日。
ゴミ焼き場で悪戯されている時に、私は管理人のおじさんに助けられました。
偶然、用事で入ってきたようでした。
全裸の小学生と下半身裸の高校生があんな所にいれば、何をしていたかはわかるはずです。

高校生は管理人の隙を見て逃げましたが、私はそのまま管理人室に連れていかれました。
そして全てを話しました。
私は、(やっとこれで助かる)とは思わず、学校や両親に知られてしまう、あんな恥ずかしいことをされた事がクラスのみんなにバレる・・・その事だけが心配でした。

私は管理人に、「内緒にして」と頼みました。
管理人は、「誰にも言わない」と約束してくれました。

それからは、高校生は近所で会っても私に声も掛けなくなりました。
私は普通の小学生に戻れたと思っていました。
でも、それは間違いでした・・・。

◯年生の3学期がもうすぐ終わるときです。
学校帰りに管理人のおじさんに声を掛けられました。

「あの日の話をしたいから、カバンを置いたらすぐ来て」と言われました。

疑いもせずに行くと、管理人は私に誰にも話してないことを確認しました。
そして、「本当に内緒にしたいのなら言うことを聞け」と言い出しました。
もちろん誰にも知られたくないので、何でも聞くと約束しました。

管理人の要求は私の裸の写真でした。
初めは拒否しましたが・・・。

「ポラロイドで写真を撮るだけ」
「嫌なら学校や両親に言うよ」
「みんなに『オチンチンを握った子』だと宣伝するよ」

などを言われ、私は管理人にも泣く泣く裸を見せることにしました。
上着とスカートを脱ぎ、シミーズ姿になると撮影が始まりました。
シミーズもパンツも脱がされて結局、全裸の立ち姿や、布団に寝かされて足を開いた姿などを撮られました。
初めのうちはそれだけで、触られたり、悪戯されることはなかったのですが、◯年生の終わり頃には毎月のように呼ばれ、あの高校生と同じように、管理人は私の性器やペタンコの胸を触ったり舐めたりし始めました。
そして◯年生の夏には、やはり管理人のオチンチンを握らされていました。
そして私も男性をイカせるやり方を覚えていました。
◯年生の冬頃からは私も胸が膨らみ始め、触られると痛くて仕方なかったのですが、写真を何枚も撮られては、痛さを我慢するしかできませんでした。

そして私は中学に入学しました。
この頃には、毎週木曜日の学校帰りに管理人室に行くのが日課になっていました。
胸も大きくなり、体育の時などは乳首がシミーズに擦れて痛いほどでした。
あの年頃です、性知識も色々と耳に入ってきます。
私は、この先何をやられるか知り、いつの間にか濡れるようになりました。

そしてついに、まだ初潮も迎えてない私のアソコに、硬い男性のモノが入れられました。
悲しい初体験でした。
それまでにも指やペンを入れられたことはありましたが、あんなに大きい物は初めてでした。
身体が裂けるような痛みでした。

しかも、「生理が来るまでは妊娠しないよ」と言われ、中に出されました。

初体験のショックと妊娠の恐怖は言葉に出来ないほどでした。
犯され、血と精液が流れるアソコの写真まで撮られた屈辱は今でもハッキリ覚えています。
私は初潮が来る夏まで毎週犯され、中に出されました。
家に帰って、精液の垂れた下着を穿き替えるときが一番惨めでした。
生理が来てからはスキンを付けてくれるようになりましたが・・・。

管理人は中学になった私を小学生の頃のように優しく扱ってくれません。
生理の時は口でやらされます。
そして必ず飲まされます。
時間のないときは制服のままパンツだけを脱がされ、スカートを捲るだけで机にしがみ付き、後ろから犯されもしました。

管理人は体操着とブルマー姿が気に入ったのか、毎回のように着替えてから犯されました。
時にはスクール水着やテニス部の試合用ユニフォームにも着替えました。
どの服にも精液の匂いが着いているようで、学校では香水を付けたりしていました。

その後、父の転職で引越しをして私は開放されましたが、私は男性恐怖症になりました。
高校時代に電車で痴漢に遭い、セーラー服のスカートを捲られてスリップに精液をかけられた時は、私にいたずらした高校生と管理人を思い出して膝がガクガクになってしまい、されるままでした。

すみません、どうしても誰かに聞いてもらいたくて・・・。