作業服の男3人に無理やり処女を奪われました

この体験談は約 3 分で読めます。

お盆になると思い出す嫌な出来事があります。

あれは私が高校1年の夏休みでした。
私には3つ上の姉がいて、姉はどちらかというと派手な感じで、私はどちらかと言うと大人しいタイプです。
両親は共働きで、その日、母は私の制服と姉の私服を洗濯して、外に干して仕事に出かけました。
姉も9時過ぎに遊びに行くと言って、私1人で留守番みたく家にいました。

10時半頃にインターホンが鳴りました。
作業服を着た男の人がいて、「エアコンの室外機の点検です。昨日連絡したはずですが」と言われ、私はきっと母か姉が聞いてるんだと思い、家の裏手に3人の男の人を連れて行きました。
一番年上らしい男の人が、「部品交換もしないとダメなので2時間はかかります」と言ってきました。
私が、「修理代は今日じゃなくてもいいんですか?」と聞くと、「できれば今日のほうがいいけど、親御さんいないなら明日取りに来るよ」と言って作業をはじめました。
私は、「家にいますから終わったら教えて下さい」と告げて中に入りました。

テレビを見ながら何気なく外を見ると、暇そうにしてる一番若い男の人が洗濯物を見ていました。
私の制服の横には姉のキャミソールとショートパンツ、そして外側からは見えない私と姉の下着がいくつか干してありました。
恥ずかしいと思いましたが、3人いるし、まさか下着を盗ったりしないと思い、またテレビを見ていました。

インターホンが鳴り、「エアコンの操作させて欲しい」ということなので、部屋に入れました。
外に一番若い男が残り、室内に2人が入ってきました。
一番年上の人が窓越しに若い人を呼びました。
若い人が玄関から来たのがわかりましたが、鍵がかかる音がしたので、(あれ?)と思った瞬間、中の2人に抱きつかれました。
すぐに若い人も居間に入ってきました。

「2時間は誰も帰ってこないんだろ。楽しませてよ」

一番年上の男が言って、私を抱きかかえて2階に連れて行きました。

「どっちがお前の部屋だ?」

そう聞かれ、私は自分の部屋に連れ込まれました。
そして服を脱がされてパンティ一枚にされると、男たちも服を脱いで裸になりました。
男たちの下半身を見て、私は怖くて泣き出しました。
それまでほとんど喋ってなかった男が、「お嬢ちゃん、男は何人知ってるの?」と聞いてきました。
私は泣きながら首を振りました。

「処女なの?」

一番若い男が驚いた顔をして、「あんな下着、処女が穿くか?」と言いました。

「あれは姉の下着です。許して下さい」

「処女はヤバいよ~、警察に言うぜ」

若い人が言うと、一番年上が「ここまでやったら一緒だろ」と言いました。

「誰にも言いません。許して下さい」

私はお願いしました。
でも3人は顔を合わせると私に飛びかかってきました。
1人にキスをされ、1人に胸を触られ、1人は股間に顔を埋めてきました。
舌を入れられて押し戻そうとすると舌を吸われました。
無理やりブラをはずされて乳首を吸われました。

3人がそそり立ったモノを私の口に近づけてきました。

「フェラも初めてか?」

いきなり口にペニスを入れられました。
押し戻そうとすると・・・。

「そうそう、舌を使うんだよ。しゃぶったことはあるのかな?ってことは処女も嘘かな」

そう言って足の間に入ってきました。
バタバタして抵抗しましたが、無理やりペニスが入ってきました。
痛くて痛くてもう無理とも思った時・・・。

「お嬢ちゃん、処女もらうな。俺の顔、よーく見ときな」

そう言うと同時にドンと突かれ、あそこに鋭い痛みが走りました。

「よし、膜は破れたな。最初の男の顔、忘れるなよ」

そう言うと、腰を振りはじめました。
私は泣きながら、「痛い、抜いて」と言いましたが、男の動きはどんどん速くなり・・・。

「イキそうだ。おい、口を開けさせろ」

今まで胸を触ってた一番若い男が私の口を無理やり開けました。
まさかと思った瞬間、ペニスが抜かれ、口に入ってきました。
男は喉の奥に射精しました。

「ほら、処女膜を破った記念の精液だ。全部飲め」

口を押さえられ、飲まされました。
残りの2人も私を犯して精液を飲ませました。
若い男は「中出ししたい」と言うと年上が・・・。

「中出しなんかしたら100%警察に行かれるぞ、口で我慢しろ。さっきまで処女だった娘に飲んでもらえるんだからな」

結局、私は3人に2回ずつ犯されました。
犯されている間、私は天井を見ながら涙が止まりませんでした。
そして当たり前のように口に精液を出しました。

帰り際、「工事は嘘だから、今日のことは黙ってろ」と言われました。
これが私の処女喪失です。

タイトルとURLをコピーしました