平凡な主婦だったのに変態プレイが止まりません・前編

この体験談は約 7 分で読めます。

私は50過ぎのごく普通の主婦だ。
近所では、なぜか真面目で上品と言われている。
でも、裏では物凄く淫乱なことをしている。
こんな私が、出来心から5年近くも無数の若い男女や奥様方に、どギツイ変態プレイで弄れている。

私は25歳の時に夫と結婚した。
夫とは学生時代に合コンで知り合った。
第一印象は、頭の良い実直な青年。
多少不器用だが優しく、笑顔が素敵だった。
小学校から大学まで女子校で育ち、男性とお付き合いしたこともない私。
彼に惚れるのに時間はかからなかった。
私から猛烈にアタックして彼と付き合うことになった。
彼は奥手で、結婚するまで交渉は一切なかったが、それが安心感を私に与えた。
結婚してからも、あまり交渉はなく、子供が小学校に上がってからは一切なくなった。
オナニーもイクという経験もなかった私。
セックスには全く興味がなく、その代わり子どもの教育には貪欲だった。

下の娘が高校に入った頃のことだ。
夫が、「ボーリングでも行くか?」と誘ってきた。
運動が苦手な私だったが、久しぶりのデートにウキウキしながら行った。
実は夫も運動音痴。
私の方が点数をあげていた。
照れ笑いをする夫。
可愛いが、何か男として物足りないなと思った。
私がボールを投げている時でも本を読んでいる。
私も本は好きだが、夫の本好きは異常だと思う。

そんな時、隣の若い筋肉質のヤンキー風の男達が私をチラチラと見ているのに気付いた。
男達は6人いたが、みんな筋肉質のイケメン揃い。
ピンも8本、9本倒すのが当たり前で、1本倒すのがやっとの夫とは、えらい違いだった。
いかつい格好をしていたので怖いなと思ったが、夫にはない魅力を感じ、私もつい彼らのことをチラチラと見てしまった。
お互いに意識をしているのは明らかだった。

私は喉が渇いたので、お茶を買いに自販機に行った。
そこで偶然、隣の男性客のうちの1人と出くわした。

A「お姉さん。どうぞ」

Aは笑顔で私に譲ってくれた。
私も笑顔で、「ありがとう」と言った。
お互いに異性として意識する瞬間。
私は久しぶりの感覚に舞い上がった。

A「どちらからいらしたんですか?」

私「この辺に住んでいるわ」

A「へえ。俺は埼玉の方から来たんですよ。ダチがこの近くに住んでいるんで、宅飲みする前にボーリングで遊ぼうって」

見かけによらず紳士的な対応で私はグッときた。
しばらく談笑した後、私は口実をつけてアドレスを交換した。
ただ、もう2度と会うこともないだろうなとも思っていた。
いい思い出にはなったなと、その時は思っていた。

1ヶ月ほどしてAからメールが来た。
驚いたが、半分嬉しく何日かやりとりした。
Aに、今度の土曜にみんなで、またボーリングに行かないかと誘われた。
今回はAの彼女も来るらしい。
私は迷った挙句、承諾の返信をした。
Aに彼女がいたこと、そのことに自分がショックを受けたこと・・・、二重の意味でショックだったが、それでも私は楽しみだった。

夫も誘おうとしたがそれはやめて、友人の順子さんを誘って参加した。
青いワンピースを着た順子さん。
実際は45歳なのに、30過ぎくらいに見える。
鼻筋のすっとした背の高い美人さんで、背の低い私には眩しく見えた。
プライドは少し高かったが、上品で淑やかな女性だ。

朝、一通り、ボーリングをした。
彼らとすぐに打ち解けた。
Aの彼女から、飲みに行かないかと誘われた。

私「えっ。でも、夫がいますから」

私は、つい口走ってしまった。
Bという男が言った。

B「俺たち、そういうつもりで誘ったわけじゃないですよ」

その言葉にも衝撃を受けたが、隣にいたCが、「いやあ、でも奥様方って綺麗ですよね」とフォローしていた。

順子「嫌ねえ。おばさん達をからかっているでしょ?」

笑顔でそう言った。

C「本当ですよ」

私達は一度は断ったが、代わりにカラオケということになった。
人数は、男達6人と、女はA、D、Eの彼女、それに私達の5人で合計11人だった。
一番広い部屋を借り、みんなで盛り上がった。
ソフトドリンクだけのつもりが、ついお酒も飲みたくなり、ビールを頼んでしまった。

1時間ほど盛り上がって酔いも回った頃、Aが話しかけてきた。
Fがアニソンを1人で熱唱している間、私は夫のこと、子供のことなどについて話した。
半分以上は愚痴だったがAは快く聞いてくれた。
体も徐々に密着していった。
少しヤバいなと思ったが、止められなかった。
Aの彼女の方を見る。
彼女と目が合った。
私は彼女に止めて欲しかったが、なぜか目を逸らして素知らぬフリをした。

(え?)と思った。

話をしているうちに私は自分の手をAの腿に置いた。

私「キスをしていい?」

自分でも何を言っているか判らなかった。
ただ夢中でキスをした。
Aの舌が私の舌に絡まった。
体中に電撃が走った。
同時に愛しさと切なさがじわりじわりと小さな胸に溢れ出していた。
生まれてから一度もしたことのなかった濃厚なキス。
ピチャピチャと音を出しながら夢中でした。
5分ほど貪りあった後、お互いの唾液を交換した。
私は当たり前のように彼の唾液を飲んだ。

A「綺麗だ」

Aは私にそう言うと、またキスをしてくれた。
一通り終わった後で右を向くと、順子さんが両隣にいるCとDと代わる代わるにキスをしていた。
信じられない光景だった。

Fが、「ここじゃマズいな。出よう」と言ったので、会計を済まして外に出た。

私はAの、順子さんはDの運転する車に乗る。
後部座席に座った私の両隣はBとAの彼女。
密閉された空間。
私はBとしばらく談笑した。
話はエッチな方向に行く。

B「真澄さんって上品そうな顔をしているけど、実はど淫乱なんじゃない?」

笑顔で言うB。
なぜかその爽やかな笑顔に、いやらしさとか下心は微塵も感じなかった。

私「でも、夫とだけなのよ」

B「嘘だ。真澄さん、綺麗だからモテるでしょ?」

私「全然よ」

私は照れながらもBの腕を自分の乳房に押し当てた。
最初は困惑していたようだが、やがてBは私の乳房を揉み始めた。
やがて左からも撫でる手がした。
Aの彼女だった。
彼女は私のスカートを脱がそうとした。
驚いたが、私もそれに応じた。
若い可憐な花柄のワンピース姿の女性。
(彼女を『G子』とします)

その姿に似合わず、男よりもエゲツなく私を責めた。
Bは私の乳首を指で優しく撫でたり摘んだりした。
G子はパンティの上から、私のマンコやクリトリスを優しく撫で回した。
密閉された空間での出来事。
もう止まらなかった。

G子「もうビショビショじゃない。いい年して淫乱ね」

G子は、私の首筋をピチャピチャと舐め回しながら耳元で囁いた。
実際、あそこは洪水だった。
頭の中は気持ち良さで真っ白。
これがイクという感覚なのだと初めて知った。
口からヨダレがタラタラと垂れてきて、顎から滴り落ちる。
口紅が落ちてしまうと思ったが、止まらなかった。

私「もうやめて」

私はあまりの気持ち良さに恐怖を覚え、ヨダレと涙を流しながら言ったが、G子は容赦なく舐め続けた。

私がBに「キスをして」と言うと、G子が「ダメよ。私が先よ」と言い、舌を私の口に入れてきた。

G子の濃厚なキス。
舌が長くて私の喉まで届きそうなほどだった。
舌にピアスをしているらしくゴツゴツしたが、なぜかそれも心地よく感じた。
その舌さばきはAよりもずっといやらしくて、それだけで私は何度もイッた。
今までに溜まっていたものが全部出ていく感覚がした。

G子「可哀想。相当に溜まっていたのね」

G子がアンニュイな顔で言う。
その顔も美しい。
赤いビビッドな唇に白い肌。

G子「でも私達がその膿を全部出してあげるからね」

G子は笑顔で言った。
そしてまた抱き合いながらキスをした。
胸に何か違和感を覚えた。
どうやらG子の乳房に何かが入っているらしいが、私はそれが何だか判らなかった。
最終的に私はパンツまで脱がされた。
パンツは白と透明の粘液でビショビショになり、独特の匂いを放っていた。
自分の中から出た液・・・。
とても恥ずかしかった。
G子はその液を美味しそうに舐めていた。

Dの車から降りた順子さんは貪欲な雌の目つきをしていた。
そしてEとキス。
みんなでEの家に行った。
Eの家には地下室があった。
夏なのにクーラーもなく、蒸し暑かった。

B「シャワーを浴びないと」

Bがそう言うと、「いいわよ。そのままで」とG子。

G子「舐めなさい」

私と順子さんは仁王立ちになったG子のマンコを舐めるように命じられた。
全裸でしゃがんでG子のマンコを舐めようとすると、信じられないものが目に飛び込んできた。
G子のマンコには、青い蝶の入れ墨とリング状のピアスが4つほど開けられていた。
私は驚き躊躇ったが、また「舐めなさいよ!」と言われ、舐め始める。
金属の鈍い味、腐ったメロンのような匂い。
最初は不快だったが、徐々に淫靡に感じ始めた。

私はその正体がマゾヒズムだと気付いた。
自分はドMだということに気づいてしまったのである。

G子から白い粘液が溢れるように出てきた。
全部飲み干すように言われ、私は夢中で飲んだ。
自分のマンコも触るように言われた。
オナニーの仕方が分からなかったので適当に触ったが、ビショビショだということだけは確かだった。
自分の粘液が左手にこびりついた。
G子が私の顔を自分のマンコに押し付ける。

G子「ああん。ああん」

G子の喘ぎ声がする。
私も舐めながら、つい喘ぎ声を出してしまう。
G子はガクリと腰を下ろした。
それから私は尻を突き出すように言われたので、思い切り突き出しながらG子のマンコを舐め続けた。

私と順子さんは6人の男のチンポと、DとEの彼女のマンコを舐めさせられた。
女性陣の方が責め方がエグかったが、それが私の被虐性欲に火をつけ、3、4回はイッた。
男性陣は、「綺麗だ」と褒めてくれた。
あまりにもイキすぎたので喉が渇いて、水分補給。
しばらく休んだ後、私はBにお姫様だっこをされて風呂に入れられた。
そこでAとG子も含めたの3人に体を洗われ、全身を舐め回された。

その後はベッドで舐め攻撃。
体のあちこちを舐め回された。
性器だけではなく、体全身が性感帯だと気付いた。
瞑想しているような、恍惚とした感覚だった。
私は恥も外見もなく叫び続けた。
高笑いする女性陣。
その声を聞いただけでイッた。

耐えきれずに、「早く頂戴」と懇願する。

男「何が欲しいんだ?」

私が黙っていると・・・。

G子「ダメよ。おねだりする時は、はっきり言わないと」

私「チンポをください」

私が顔を真っ赤にしながら、その台詞を引き出すと・・・。

G子「いい。おねだりをする時は、『淫乱ババアの真澄の汚いガバガバマンコに、若い男達のチンポを入れてください』と言うのよ」

私は何度もその台詞を言わされながらイキ続けた。
隣では、順子さんが鬼気迫る顔で、後ろからEに突かれながら・・・。

順子「おおん。おおん。ハヤグ次のヂンボを頂戴。順子の汚いガバガバマンコに、わがいヂンボを!!淫乱ババアにオシオキをしてえ!!」

そう叫び続けていた。
何か危ないクスリでもやっているのではないかという狂い方だった。
白目をひん剥き、口からは舌が飛び出ていた。
普段は上品な鼻筋のスッとした美人。
その人がベッドの上では人間ですらなく、牝の野獣になっていた。

G子「仕方ないわねえ」

私は最初にG子にペニスバンドで犯された。
その後は後ろから9人の男女に代わる代わる挿入され、終いには順子さんにまで挿入されていた。
その後のことは、よく覚えていない。
ただ夢中でヨガリ狂っていた。
私は今まで何十年も溜めていたものを一気に吐き出した。
夫との不干渉に相当不満を感じていたことに気づいた。

行為が終わった後はみんな優しくなった。
G子も元の淑やかな女性に戻り、「ごめんなさい。言い方がキツくありませんでした?」と言う。

私「いいのよ。むしろ足りないくらい(笑)」

私は本音を言った。
彼らには本音を言ってもいいと思った。

私達は、みんなでLINEでグループを作り、解散した。
外に出ると暗かった。
私は慌てて家に帰った。
そして何食わぬ顔で夫と娘のために夕食を作った。
そうして、いつもと変わらない日常に戻った。

<続く>