私のビッチ生活はこの夜から始まった

この体験談は約 4 分で読めます。

昔むかし、チャラチャラしたい年頃という時代があって、友人Aと自分は夜、悪さをしに電車で1時間半の街へ出かけた。
結局、悪さは出来ず終いだったが、その間にナンパが1件。
ブサイクが4~5匹やって来た。

「ねぇねぇオネーサン達、何やってんのー?」
「俺らと遊ばなーい?」

イラっとしたのでフルシカト。
するとブサイクのうちの1匹、B系がキレだした。

「おめーら何様のつもりだよ?シカトしやがってよ!おい!行こうぜ!」

ポカーンとする私と友人A。
ブサイク共はどっかに行ってしまった。
去り行くブサイクの中の1匹が、「ごめんね、ごめんね」とミスドの紙袋を手に提げながら謝っていたのが印象的だった。

ブサイクは全員どっかに行き、私達はついに暇になってしまった。
駅構内をうろつくも、田舎なので人はいない。
駅前のロータリーにもタクシーしかいない。
むしろタクシーすらほとんどいない。
補導されてはマズい上に、お金も持っていなかったので、繁華街まで出れずにいた。
終電も出てしまい、途方に暮れた私達は、出会い系をやってみることにした。

『◯◯に女2人でいまーす。暇な人いませんか?』

すぐに大量のメールが届く。
しかし良い物件は無い。
諦めてナンパ待ちをすることにした。
しかし、前に書いた通り人はいない。
待てど暮らせど人は来ない。

余談だが、ナンパ待ちをしている時に、どこかで怒鳴り声が聞こえた。
目をこらして見渡すと、数十メートル先で喧嘩をしている模様。
私達は震え上がり、飛び火がこないように大人しくコンビニ前に座り込んでいた。
すると男が1人近づいてきた。
コンビニに入っていくようだ。
暗闇からこちらに向かって歩いて来る男をよく見てみると・・・。
白いTシャツに、なんと大量の血液が付いているではないか!
その男はコンビニに入ると真っ直ぐトイレに向かった。
とりあえず私達は真っ青になった。
その後、その男をボコったと思われる男共にナンパされたが、丁重にお断りをした。
どう考えてもヤバイだろ。
喧嘩集団の中に女がいたから、きっと女絡みでの揉め事だったんだろうな・・・。
夜の繁華街、こえー。

出会い系では釣れず、またもやナンパ待ちを再開した。
しかし人はいない。

「今日はもう野宿だな・・・」と話してた矢先、男3人にナンパされる。

ブサイク2匹とブサイク寄りフツメンの3人だ。
四の五の言ってられない私達は、そいつらの誘いに乗り、車に乗り込む。
向かうはラブホだ。
道中、コンビニで酒を買い、ラブホで飲む都合だった。

ラブホに到着。
車内は5人なので、後部座席の3人は隠れた。
こっそり部屋に入る。
その部屋は『特別料金』と書かれた安い小さな部屋だった。

部屋に入ると、1回500円のガチャポンがあり、中身はセクシー下着類だった。
調子に乗ったブサイクが500円を投入。
すると白いTバックが出てきた。
仕方なく私達はそれを貰い、とりあえず酒を飲むことにした。

「かんぱーい♪」

私達2人とブサイク2匹、そしてブサイク寄りのフツメン1人の、3人と2匹が酒をあおる。
時間は午前2~3時。
私はチューハイを半分飲んだ辺りで睡魔に負けてダウンしてしまった。
と同時にフツメンもダウン。
私とフツメンはベッドでぐっすり寝てしまった。

気が付くと朝。
全員寝ていたようだ。
さて帰ろうかと部屋を出て車に乗り込む。
私達は早く帰りたい。
すると男共の様子がおかしい

ガガッ、ガリガリッ。

異音がした。
後ろの方だ。
焦る男共。
(?)な私達。
ガリガリいっていた時に前方を見ると、ラブホのおばちゃんがこちらに向かって来ているではないか!
焦る3人と2匹。
ガリガリいっていたが力に任せ無理やり発進。
急いでラブホを脱出、とりあえずホッとする。

数分車を走らせ、路肩に車を停める。
外に出る男共。
気にしない私達。
今思えば、その車はエアロを組んでいて、ラブホの駐車場に車を停めた時、木製のタイヤ止めにリアバンパーが引っ掛かって、キズがいったかヘコんだかと思われる。
災難だったな、奴らwww

その後は真っ直ぐ駅まで送ってもらい、私達は駅の中の喫茶店で反省会を開いた。
そこで衝撃の事実が判明する。

友人A「お前、寝ちゃってからさ~、大変だったんだよ~」

私「ん?」

友人A「ブサイク2匹に超~ちょっかい出されてさ~」

私「マージーでー?」

友人A「マジだよ~、も~超キモかった~」

話を聞くと・・・。
私とフツメンが寝てしまってから、Aはブサイク2匹にスケベなちょっかいを出されていたらしい。
とにかくスケベなちょっかいで、気持ち悪すぎてAはちょっとキレたらしい。
そしたらブサイク2匹は大人しくなったらしいwww
そしてAがカバンから何かを取り出した。
例の白いTバックだ。

友人A「あたし、いらないからあげる」

(私だっていらねーよ!)

でも貰った。
反省会も終了し、私達は電車に乗り込み帰宅。
こうして長い長い夜は終わった。

それからビッチ生活が始まり、出会い系一夜限りを何度も繰り返し、ようやく出会い系病が治まったのが去年のこと。
もう何人とシタかは覚えてない。
残ったのは白いTバック(未使用)と、ブサイクとセックスした思い出ばかり。
フツメンやイケメンなんて半分もいなかったわwww