俺のイキ顔を見ながら抜いてくれた陸上部の貧乳先輩

この体験談は約 7 分で読めます。

中学1年の時の話。
友達の多くが陸上部に入るようなので、オレも陸上部に入った。
うちの世代は男が20人程度、女が5人くらいだったかな。
3年生が5人くらい、2年生が4人で、先輩は全て女。
後に男女で独立したけど、当時の陸上部は男女一緒の部活だった。

一通りの種目をやってみた結果、オレは110メートルハードルをやることにした。
ハードルには、専門でやっている人が3年の先輩にいた(I先輩)。
2年生にはいなくて、1年は他に男が1人(W君)。
I先輩は面倒見の良い先輩で、いつもにこにこしている感じ。
本人が明るいというよりも、周りを明るくしてくれる人だった。
外見も背も標準的な人だったが、胸はほとんど真っ平ら。

「ねー、I、あれ見てよ」

「ちょっ、なんで胸触るの?」

「うはっ、ごめん。背中かと思ったw」

なんて先輩同士の会話もあったりして、本人もネタとして楽しんでいたのかもしれない。
I先輩にちょっとしたことで注意されたときに、「すみません、背中かと思いました」とか言っても笑ってくれる、心に余裕のある人だった。
オレもW君も、入部もハードルを選んだのも積極的だったわけではないけど、I先輩の人柄に負けて、毎日参加するようになってた。
3人はとても仲が良く、練習は厳しくても部活自体は楽しいものだった。

オレはI先輩にかなり惚れてたし、それはW君も同じだったらしい。
隠していたつもりだったけど、先輩たちにはバレバレだったかもしれない。

短縮授業だか何かで半日だった時のこと。
学校全体で部活動はなしで、オレも陸上部の友達数名とだべったあとに帰ることにした。
校門まで来た時、逆に校門に入ってくるI先輩を発見。
3年の先輩は自主練をするようで、家が近いI先輩はお昼を食べて戻って来たところだった。
チャンスと思って、誘われてもないのにオレも参加すると言ったら了承してくれた。
一緒にいた友達も参加することになり、帰宅後、お昼を食べて学校に戻った。
他の部活も自主練してる人がいたけど、サッカーや野球といったグラウンドを占領するところが人数が足りなくて個人練習だったりしたから、久しぶりに広く校庭を使えて気持ちが良かった。
一緒にいた友達以外にも、どこで聞いたのか陸上部の1年生はそこそこ揃っていた。
幸いW君は来ておらず、ハードルはI先輩と2人きり。
いつも以上に楽しく、陸上部の中では最後まで練習してしまった。
まあ普段から最後までやっていることも多かったけど。

片付けも終わり、いつものように雑談しながら部室のある部室棟の2階に向かっていた。
今日は筋肉痛が残っていて、体もだるかったといった話だった。

「(筋肉痛に)なると思ったら、お風呂でよくマッサージしておいた方がいいよ」

「してますよ、毎日」

「ちゃんとするんだよ。こうやって、こんな感じに」

と、自分で体をマッサージ。
階段に腰掛けて、ポイントを説明しながら片足ずつ揉み解す。

「そんな感じでやってるんですけどね」

「おかしいなぁ。たぶんツボが違うんだよ。ここだよ、ここ。ちょっと触ってみて」

手や肩ならともかく、女性のふくらはぎを触るなんて初めての経験だ。
しかもI先輩のふくらはぎ。
早くもオレの股間はおっきし始めている。
ばれないようにI先輩より下の段に腰掛けてマッサージを始めた。

「こ、こうっすか?」

「そうそう、わかってるじゃん」

いつものI先輩の匂いが、この時は妙に興奮したのを覚えている。
もうオレの心臓はバクバク。
手も震えていたと思う。
股間もMAX状態で、(触りたい)よりも(ばれたらまずい)という思いが強かった。

「うん、ここは大丈夫だね。太ももはこの辺りだよ」

「い、いや、もうわかりました。ありがとうございました」

きっと10秒も揉んでいなかったと思う。
立ち上がりつつ、短パンに隙間を作って、勃起角度を修正。
へその方に向けて、ばれないようにして平静を装う。

「ほんとにわかったの?・・・もしかして照れてる?w」

「(ぐっ・・・)はい、照れてます。お疲れ様でした」

オレは帰ろうとしたけど、善意のI先輩は強かった。

「じゃあ私が揉んであげよう」

もちろんオレは全力で拒否。
でも最後にはI先輩の押しに負けて無理やり座らされてしまった。
勃起角度は修正してあるし、前屈みになっていれば平気だとも思った。
真剣にマッサージしつつ説明してくれるI先輩。
ふくらはぎから太ももに移ったあたりは緊張したけど、I先輩は勃起に気づく素振りも見せなかった。

「やっぱり違うでしょ?」

「はい、勉強になりました」

「・・・大っきくなってるよね」

心臓が跳ね上がった。
さらっと会話に入れてきたので、油断していたオレは激しく動揺した。
マッサージを続けるI先輩を見ながら、混乱した頭でなんと答えようか考えた。

「し、身長ですか?」

オレの馬鹿な返答をI先輩は無視して、マッサージをやめてこっちを向いた。
目線をオレの下半身に落とす。
もう一度顔を上げて照れたように笑う。
恥ずかしさと罪悪感のようなもので、一気に血の気が引いた。
しばらくお互い無言だったけどI先輩は強かった。

「見せて」

「はあ?」

「まぁまぁまぁまぁ、大丈夫だから」

何が大丈夫かよく分からなかったが、I先輩は素早くオレの短パンの前を引っ張った。
止める間もないほど素早く。
短パンからオレの股間がバイーンと飛び出した。

I先輩は「わっ」と驚いたけど、すぐに顔を近づけて、じっくりと観察し始めた。

息が股間にかかるほどの近距離。
ちょっとくすぐったい。
I先輩の顔はもう真っ赤で、すごく興奮しているのがわかった。

「結構生えてるんだね」

まじまじと見つめられて、めちゃめちゃ恥ずかしい。
当時のオレは、面積的には大人率7割くらい生えてたのかな。
ただ体積で言うと、まだまだ子供っぽくてボリュームは少なかった。

「ビクビクしてる」
「袋にも生えてる」
「先っちょが出てる」

とか色々言っていたけど、よく覚えていない。

(臭くないだろうか?)とか(誰か来たらどうしよう?)とか。

オレは恥ずかしさと緊張と、その他もろもろで頭がおかしくなりそうなほど興奮していたから。
でも、「私よりも生えてる」って言ってたのは、しっかりと耳に残っている。
少し無言で観察したあと、I先輩は顔を上げた。

「Kの顔、真っ赤だよ」

「先輩だって真っ赤ですよ」

「だって、私も興奮してるもん」

I先輩はオレの手を掴んで自分の胸に持っていった。

「ね?ドキドキしてるでしょ?」

確かに激しい鼓動を感じる。
でもそんなことよりも驚いたのは、I先輩の胸に弾力を感じたことだ。

(I先輩の胸も、ちゃんとおっぱいなんだなー)

とか、そんなよくわからないことを考えてた。
そして、すごく恥ずかしそうにしているI先輩を見て、すげー可愛いと思った。

「短パン、下ろすよ?」

今さら隠しても仕方ないし、I先輩の胸も触ったし。
周りに人がいないのを確認してから、オレは腰を上げて自分で短パンを下げた。
直接お尻に触れるコンクリートは冷たかった。

「触っていい?」

「ちょっ・・」

「まぁまぁまぁまぁ、平気だから」

何が平気なのか分からないが、I先輩は股間に手を伸ばしてきた。
優しく、でも躊躇なく竿を握り、感触を確かめるようにさわさわしてくる。

「硬いんだねー」

オレは答える余裕なんかなかった。

(先輩の手、柔らけー)

「もう、恥ずかしいじゃん」

心の中で言ったつもりだったが、口に出ていたようだ。

「こういう風にするんだよね?」

I先輩は手を上下に動かしだした。
何がこういう風なのかI先輩は言わなかったけど、意味は伝わった。
オレは小学4年くらいからしていたし。
精通は小学5年のときだったけど。
I先輩もこういうこと知ってるんだー。
今なら言葉や行動で反撃に転じるところだが、当時のオレは気持ちいいので頭がいっぱい。

「先輩、すげー気持ちいいっす・・・」

などと、恥ずかしいことを言っていた気がする。
I先輩はオレを見たり、股間の方を見たり。
顔を真っ赤にしてI先輩が、まだ人のいる学校でオレのアレを扱いている。
この非日常的な光景に射精感が一気に込み上げてきた。

「はぁはぁ・・・。先輩、もうダメです。出ちゃいます」

「うん、いいよ出して。見てるから」

I先輩は、じっとオレの顔を見てる。
見てるって、股間じゃなくてオレの顔のことですか?
イク瞬間の顔を観察されちゃうんですか?

「先輩、顔は見ないで!」

「まぁまぁまぁまぁ、見てるからw」

鬼だ、この人はw
I先輩はオレのことを上目遣いで見ながら、少しだけ扱くスピードを速める。
見られているかと思うとますます興奮し、気が狂うかと思うほどの快感が押し寄せてきた。

(・・・!)

足がぴんと伸びて、腰も突き上げてしまったかもしれない。
声にならない声をあげながらオレは絶頂へと導かれた。
ビクンビクンと激しく脈打ち、大量の精液を放出する。
5回、6回と発射する様子をI先輩はぽかーんと眺めていた。

「すごいんだねぇ・・・」

脱力のあまりオレは後ろに倒れこんだ。
I先輩は、少しだけ指についた精液を、こねたり匂いを嗅いだりしていた。
それほど余韻に浸るまもなく、I先輩がオレの体を揺さぶった。

「誰か来るよ。早く帰ろう」

オレは速攻で短パンを穿き、2人で飛び散った精液を靴で拭った。

「着替えたら待っててね」

2人、それぞれの部室に戻った。
長い時間に感じたけど、たぶんここまで5分も経っていないと思う。
着替えながら冷静になってみると、改めて恥ずかしさが込み上げてくる。
生えかけの陰毛を見られ、股間を見られ、イクところを見られ、その時の顔を見られ。
これ以上恥ずかしいことがあるのかと考えたが、何も思い浮かばなかった。

着替えはすぐに終わったものの恥ずかしくて外に出られない。
しばらく悩んだ挙句、開き直って外に出た。
I先輩はいなかった。
時間がかかったので先に帰ったのかもしれない。
そうも思ったけど、一応もう少しだけ待つことにした。
そのうちI先輩が出てきた。

「ごめん、お待たせ」

顔はまだ上気しているが、それを除けば普段通り。
2人で自転車置き場の方に歩き出した。
オレは自転車通学だったが、I先輩は徒歩2分なので歩き。
いつもなら校門で別れるけど、自転車を押しながら、なんとなくI先輩と一緒に帰った。

「I先輩だけずるいです」と言うと、「Kも胸触ったじゃん」って。

結局、「ずるい」「ずるくない」でI先輩の家まで来てしまった。
I先輩は家に入る前に、「特別だよ」と言って手をオレの鼻に持ってきた。
いつもの生臭い、精液の匂いがした。

「これが男の子の匂い、こっちが女の子の匂いなんだよ」

もう片手をオレの鼻に持ってくるI先輩は、今までで一番顔を赤くしてて恥ずかしそうに見えた。
ほんの数瞬のあと、照れたように微笑んで、I先輩はさっと家の中に飛び込んだ。

翌日。
もちろんオレは恥ずかしくてI先輩の顔を見れなかった。
I先輩の方は普段通りだったけど。
オレたちは普段から冗談とかも言い合っていたので、不自然に思う人もいた。
こうなることはわかっていたので、昨日のうちに言い訳を考えておいた。
色々考えたが、「告白して振られた」というのが一番自然な気がした。
なので、聞かれたらそう答えたし、I先輩も上手く合わせてくれた。

やがて前のように会話できるようになっても、意外なほど、この出来事は話題にならなかった。
オレからマッサージの話を振っても、「エッチ」とか「もうできるでしょ」とか。
ある時、「この話はもう終わり」と言われたので、オレも二度とその話はしなかった。
でも、距離を置くようなことはなく、今まで通り付き合えていたように思う。

やがて1学期が終わると3年生は部活を辞め、I先輩と会うことはほとんどなくなった。
たまにすれ違っても会釈程度、話すことがあっても挨拶以上のものではなかった。
卒業式でも何事もなく、最後の挨拶もすることのないままI先輩は卒業していった。

拙文かつ薄い内容の割には長文になってしまい、申し訳ありませんでした。
まずい部分はぼかしながらですが、忠実に書いたつもりです。
最後まで読んでいただいた方、本当にありがとうございました。