ひと晩で2人の新社会人の女の子と・第2話

この体験談は約 10 分で読めます。

2人ともジャケットを脱いでいたので、薄いシャツの素材越しにお酒が入って高くなったマリエの体温が柔らかい感触とともにダイレクトに伝わってくる。
階段に座っているため膝の位置が座面より高くなって、カウンターに座っていた時よりさらにスカートの位置が上がって太ももが露出している。

「そんなに上手くいってないんだ?」

「今でも大好きなんですけど、やっぱり就職が決まらなくてイライラしてるのかすぐ言い合いになっちゃったりするんですよね。こっちも慣れない環境で疲れてるのに家に帰ってまでストレス溜まっちゃうのがほんとキツくて」

「確かに就活失敗した時の焦りはきっついからなぁ、これ日本ならではらしいよね。彼氏さんの味方をするわけじゃないけど、気持ちもわからないではないよ」

「そう、彼ホントにいい人だし優秀だと思うし、私も理解してるつもりで何とか元気になってもらいたいんですけど、私がまだ入社したばっかりで研修とかで家に帰るのが遅いからご飯も作ってあげられてないし、その・・・変な話、夜とかも全然なくって、ギスギスしちゃうとどう修復したらいいのかわからなくなっちゃったんですよね」

「仕事で遅くなるのはホント仕方ないことなんだけどねー、もう少ししたら彼氏さんも就職浪人の状況にも慣れるだろうし、ほら、春ってみんな新生活でワクワクしてるから取り残されてる感があるんじゃないかな。それこそ就職決まったら元の仲良しに戻れそうなんだけどね。俺だったらマリエちゃんが夜一緒に寝てくれるだけでイライラなんてぶっ飛んじゃうけどねw」

「いやいや、私なんてユリカちゃん(友達)と違って全然可愛くないし太ってるし、彼だってしてくれないのに、隆さんみたいな人なんて相手にしてくれませんよねー」

確かに今、裕也の隣で飲んでいるユリカは顔こそ中の上程度だが、「モデルでした」と言われても違和感がないくらいに手足が長く、均整のとれた素晴らしいスタイルをしている。
だがマリエだって太って入るけどブサイクではないし、むしろよくよく見ると、痩せればそれなりの顔になるんじゃないだろうか。
もちろん痩せられると俺の興味は半減するのだけど。

「全然、そんなことないって。俺はお店に入った時から、マリエちゃんって魅力的だなーって思ってちょい見してたんだよ、なんか変態チックでごめんね。ダーツ全然下手なのにめっちゃ楽しそうにしてるとこも凄い可愛かったし」

「ありがとうございます。確かにダーツは酷かったですよねwお世辞でも嬉しいです、なんか久々に癒されてる気分です」

そう言うとさらに身体を密着させて頭を俺の方にもたれさせて来た。
完全にいけるテンションだ。
横乳がすでに俺の二の腕に柔らかく押し付けられていて俺のムラムラもどんどん高まっている。

「俺なんかで癒されてくれて逆に嬉しいよ」

俺は腕をマリエの肩に回し頭を撫でてあげた。
酔いなのか雰囲気に呑まれているのか、俺の肩にもたれかかっていた頭をこちらに向けてトロンとした目線を投げかけてくるマリエ、顔と顔の距離は10センチもない。
柄にもなくコクンと生唾を飲み込む俺。
意を決し、その距離を0センチにすべく、ゆっくりと顔を近づけるとマリエはそっと目を閉じる。
肉感のある唇は柔らかく温かい。
一度唇を離し、その弾力を確かめるように角度を変えて2度目のキス。
今度は半開きの口からどちらからともなく舌が伸び、絡まりあった。
ジンの香りがするキスだ。
マリエの体温は高くとろけるように気持ちのいい。
ヌルリとマリエの口内に舌を滑り込ませたかと思うと優しく吸い込まれ、さらにマリエの舌が俺を探るように入ってくる。
お互いの舌を優しくフェラし合うようなキスの後、一瞬顔を離して目を合わせる。
深くこのシチュエーションに入り込んだ表情だ。
身体をマエリの正面に向けて頭を抱き込むようにして耳を攻めてみる。

「ハァァァ」と深い吐息を漏らす、思いの外敏感なようだ。

耳から首筋に唇を這わせ、時に耳たぶを甘咬みしてみる。
どんどんと息が荒くなり、さらに体温が上がったようだ。

「胸、当たっちゃってるね、ごめんね」

少し甘えたような、それでいて爽やかさを失わいないよう注意を払った口調で、その胸の感触を自分の身体で感じていることを伝える。

「ごめんなさい。大きくって邪魔なんです」

上気した息遣い、恥ずかしそうな小声がそそる。

「邪魔だなんてそんな勿体無いこと言わないでよ」

そう言いながら、欲望を溜め続けたその胸をゆっくりと持ち上げるように触れる。
しっかりとした太いワイヤー、ザラザラとしたレースの質感越しに柔らかく温かい胸を感じる。
凄い重量感だ。

「凄い大きいね、重たいでしょ?」

「そんな、あっ、恥ずかしいです・・・」

「もう少し触ってもいい?」

目を伏せたまま指を口元に当てて頷くマリエ。
さっきとは反対側の耳、うなじ、首筋を攻めながらブラウスのボタンをおヘソあたりまで外す。
真っ白いブラウスを開くと、真っ白いブラに覆われた豊かな乳房が深い谷間を作っている。
首筋からゆっくりと鎖骨、巨大な盛り上がりへと唇で撫でる。
谷間に潜り込もうとすると、その弾力で窒息しそうなほどだ。
マリエは必死に声を我慢しているのかしっかりと目を閉じ、ギュッと握った拳を自分の唇に押し当てている。
大好物の巨大なおっぱいを前に暴走しそうになるのを必死にこらえて紳士的に振る舞う俺。

「こんなにキレイな身体が近くにあったらストレスとは無縁になれる気がするのになぁ」

「あぁ・・・あん、彼氏は、あんまり大きいおっぱい、好きじゃないみたいなんです」

もうマリエは息も絶え絶えだ。

「じゃあ彼氏さん、こんなにいいおっぱいをほっといてるんだ?マリエも寂しいでしょ?」

そっとブラを下にずらして乳輪、そして乳首を晒す。
身体から想像していたのとは真逆の薄ピンクでキレイな色をしている、ただし乳輪は結構大きめだ。
円を描くようにして乳房を登り、先端を舌先で優しく舐め、ゆっくりと唇全体で吸い付く。

「あん、はあぁああん」

ひときわ大きな声を出すマリエ。
幸いにもたくさんのダンボールや飲食店の資材で雑然としているせいか、階段室の割には全く声は反響しない。

「マリエ、すごくキレイな身体、しかもそんな可愛い声を出すから、俺の大きくなっちゃったよw」

マリエの手を取りゆっくりと俺の股間に持っていくと、スラックスの上からガチガチに張り詰めたそれをゆっくりと擦り始めた。
目は相変わらずトリップしたように虚ろげだ。
このタイプは完全にMだろう。

そこそこ胸を堪能した俺は2段下がって踊り場に立った。
ちょうど股間が2段目に座るマリエの顔の位置にくる高さだ。

「ごめん、凄くきつくなっちゃった、ちょっとだけ外すね」

そう言うと、ベルトの金具、スラックスのボタンを外してジッパーを下ろし、ボクサーブリーフ越しに再度マリエの手をそこにあてがった。
恥ずかしながらカウパー液が下着を通して滲み溢れ出している。
なんのことはない、俺もこのシチュエーションと性欲的にどストライクなマエリの身体にこの上なく興奮していた。
トロンとした目でゆっくりと擦るマリエ。
我慢できなくなった俺は彼女の頭を撫でながら、「もっと気持ちよくしてくれる?」とお願いした。
一瞬だけ俺と目を合わせて頷いたマリエはそっとボクサーブリーフをずらして俺のチンコを露出させると右手で柔らかく扱きながら口に含んだ。

体温が高いマエリの口内はこの上なく気持ちよかった。
俺が少しぽっちゃりした女性のほうが好きなのは、フェラと手コキの気持ちよさも大きな要因の一つだ。
例に漏れず、マリエの手の感触、舌、そして口内の感触は絶品だ。
唾液を多めに含んでジュポジュポとエロい音を立てながら、手を巧みに使って俺を刺激する。
普段は遅漏気味な俺だけど、シチュエーションのエロさも相まって、すでにイカされてしまいそうなほどだ。
このままだと勿体なすぎる。

「ありがとう。すっごい気持ちいいよ。もうイッちゃいそうなくらいw今度は俺がするね、ちょっと立ち上がって」

マリエは俺のチンコから手と口を離して言う通りに立ち上がる。
言葉はもう出ない。
唇の周りが唾液か俺のカウパーか、ヌラリと光っていてさらにエロく見える。
ブラウスは半開き、ブラも下げられて、その大きな胸を曝け出したまま言われるがままに左足を踊り場に、右足を一段目にかけて階段の手すりに手をつく。
そんなマリエの背後に回った俺は後ろからぎゅっと抱きかかえて、彼女の耳元をまた口に含みながらタイトスカートをたくし上げ、ストッキングを一気に膝元まで下ろした。
ブラとセットアップだろう、白いサテン地のような光沢を持った下着にピッチリと包まれた大きなお尻とムッチリと色白の太ももがたまらなくそそる。
後ろからそっとマリエの股間に指を這わすと、背中を反らせて痙攣したように反応する。
すべすべした化繊素材のパンツのその部分はすでに下着の上からもわかるほどに湿っていた。
俺も自分のパンツを膝上まで下げて後ろからパンパンになったそこをマリエの豊満なお尻の割れ目に沿わすように押し付ける。
手を前から回し、パンツの中に滑り込ませて密集した濃い目の毛をかき分けてその場所を探り当てた。
これも太めの女性にありがちに大陰唇が分厚く発達して膣口までが遠く感じるのだが、すでにその外にまで粘液は溢れ出している。
そのヌルヌルした粘液を指に絡め、割れ目の上部に位置するコリコリとした核を優しく擦り上げると、先程よりさらに大きく身体を震わせて仰け反り、「あぁぁあっ!」と叫んだ。
多少ビクつきながらもそこへの刺激を緩めない。

「ここ、凄く感じるんだね、しかももうヌルヌルが溢れちゃってるよ。ごめんね、俺も人のこと言えないくらいになっちゃってるからマエリの下着にいっぱい付いちゃうかも」

「はぁぁん、いいんです、もっと押し付けてください。凄い、気持ちいいです」

お言葉に甘えてマリエのと俺のとでヌルヌルになったサテン地にチンコを擦り付ける。
大きなマリエのお尻の割れ目に挟まれて、まるで入れてしまっているように気持ちがいい。
今度は右足を2段目に上げて少し足を開かせ、股の下にあそこをあてがって腰を振る。
ギンギンに反り立った俺のモノは手を使わなくてもしっかりとマリエの割れ目を捉える。
両手で巨乳を揉みしだきながら立ちバック素股の状態でその感触を楽しんだ。
すでにマエリの粘液は下着を染み通して俺のモノにまとわりついていた。

我慢できずに、「直接当ててもいい?」と聞くと、「はい、当ててください、凄い、感じますぅ」と結構ぶっ飛んできている様子。

素早くパンツをストッキングの位置まで下ろすと、両手でゴム毬のようなお尻の肉を左右に開き、チンコをヌルヌルの割れ目、そして大きく腫れあがったクリへと擦り付けた。
マリエの厚く大きく発達した陰唇は放っておいてもしっかりと俺のチンコを包み込んでくれる。
手も、口も、お尻の割れ目も、あそこも本当に男を喜ばせる性能が高い身体だ。
胸に挟んでもらっていないのが悔やまれるが、この分だと次に誘っても絶対に断られないだろう。
そんなことも考えながら後ろから大きな胸を堪能しつつ腰振って擦り続けていると、もどかしさに耐え切れなくなったのか、もぞもぞと角度を変えて、自ら中に収めてしまおうと動いているようだ。
普段であれば初対面の子と生でやっちゃうほど若くない俺だけど、状況が状況だけに冷静な判断を失っていたんだろう。

「どうしたの?ゴム持ってないけど、欲しくなったちゃったの?」

活字にすれば、どこのAV男優だよ!とツッコミを入れたくなるような薄ら寒い台詞でマエリの反応を促した。

「あ、欲しいです、入れて欲しいです。そのままでいいから入れてください」

こんな言葉を聞いて我慢できるはずがない。
マリエの言葉が終わる前にはすでに膝を折り、突き上げるようにして俺のモノをマエリの中に入に挿入した。
溢れ出る粘液がストロークのたびにヌチャヌチャと音を立てる。
お酒のせいか基本的に体温が高いのかマリエの中は熱く、大量の粘液で溶けるように絡みついてくる。
右手を胸から離してクリを刺激しつつ、大きなお尻がショックアブソーバーになってくれるので思い切り腰を打ち付ける。
左手はもちろん大好きな巨乳を弄り倒している。
ストロークに合わせて、「あっ、あっ、あぅん、ああぁっ」と我慢しながらも声が漏れる。

「ダメ、クリ、そんなに弄ったら、あぁっ、イッちゃいます」

クリを攻める俺の右手を払いのけようとするが力は入っておらず本気ではないようだ。

「ちゃんと気持ちよくなってイキそうだったらイッてね」

優しく声をかけるが全く攻めの手を緩める気はなく、さらに激しくクリを擦り上げると・・・。

「んんっああああぁ、イクぅぅぅ!」

マリエはひときわ大きな声を出し、全身を震わせ、膣で激しく俺のチンコを締めあげてイッてしまった。
肩で息をするマリエの耳をぺろりと舐めながら優しく乳首を転がし、「良かった、イッてくれて嬉しいよ、俺ももうイッちゃいそうだよ」と囁くと、「はい、凄い、いいです、気持ちいぃ、隆さんもイッてください、はぁあ」と息を切らしながら喘ぎ声混じりに優しく言ってくれる。
立ちバックのまま、少し角度を変えて一番奥まで届くストロークを始める。
奥がひだひだになって、より一層強く締め付けてくる。
もう一度両手でお尻を掴むと、厚い肉を左右に広げてより深くまで挿入する。
先端が子宮口を突く。
マリエは再び嬌声を飲み込んで唸るように感じている。
もう爆ぜる瞬間は目の前まで来ている。

「マリエ、気持ちいいよ。俺もイクよ、お尻にかけちゃってもいい?」

「あっん、ん、大丈夫だから。中に、中に出してください、そのまま」

思いもよらないマリエからのオファーに一瞬たじろぐ。

「中でいいの?今日、大丈夫な日?」

年甲斐もなく少しビビりつつ聞く。

「彼氏に言われて、あっ、ピル、飲んでるから」

これは素晴らしい女の子をゲットしたと心から喜ぶ俺。
チンコは爆発に向けてさらに一回り大きくなる。

「じゃあ、イクね、中に出すよ!イクよ!」

「あぁあ、はい、ください、中に欲しいです、あぁあっつっ!」

ひときわ激しいストロークで一番深いコリコリとした子宮口に先端を押し当てて、2度、3度、4度と際限なく発射する。
久々にこの上なく気持ちのいい射精だ。
膝から崩れ落ちてしまいそうな快楽のまま、マエリの背中に顔を当てて息を整え、モノをマリエから引き抜くと、突き出したお尻の奥にある膣口からボタボタっと精が溢れ出た。
虚脱したかのように手すりに手をついて肩で息をしたまま動かないマリエの頭をそっと撫でる。
やっと息を吹き返したように振り返り、俺の頭に手を回して深いキスをしてきた。
ひとしきり俺の舌を吸い、唾液を啜るとゆっくりとしゃがみ込み、まだ俺の精とマリエの体液でベトベトのモノをしっかりと咥え込み、清め始めた。
イッたばかりで敏感になっている俺には刺激が強すぎる。
膝が笑うように震えて立っていられない。
たまらず手すりで身体を支える体勢になると、ようやく清め終えたマリエは久しぶりの笑顔を見せて、「なんかすみません、こんなことになっちゃって、すっごい気持ちよくって嬉しかったです」と言ってくれた。

「こちらこそありがとね、こんな場所でごめんね、最高に気持ちよかったよ。今度はゆっくり2人でご飯でも行こ。んでこんな場所じゃなくて、よかったらベッドでちゃんとしたいな」

「また会ってもらえるんですか?嬉しいです!美味しいご飯も食べたいです。今度はベッドの上で彼の愚痴を聞いてもらえますか?その後で癒してくださいねw」

悪びれもなく彼氏の話をしながら笑みを浮かべるマリエは本当に可愛く見えた。
2人で服を整えてお店に戻ると、何事もなかったかのように俺達が抜ける前と同じダーツバーの時間が流れていた。
ただし、マリエの携帯に先に帰る旨のメールを残し、ユリカは帰ってしまっていた。
当然裕也も一緒なのだろう。
マリエは終電ギリギリまで飲んで明後日、日曜にもう一度会う約束をして帰って行った。
このあと、本当に月2回以上のペースで会い、時に食事をぶっ飛ばして俺の部屋でやりまくるような関係になったのはまた別の話。

そうそう、事を終えて服を整えている時にケータイを見ると、店を2人で出てから20分しか経っていないかったことに気づいて思わず苦笑した。
ずいぶんと濃かった気がするけど、実はたったの20分、どれだけ夢中になってたんだろうと。
そしてそこにはこの夜をさらに長くするであろうお知らせが1件。
先程の居酒屋でメアドをゲットした菜摘からのメールが入っていた。

『隆さーん、家に帰る終電が終わっちゃってました。まだ飲んでますか?良かったら今から逢えませんか?』

<続く>