還暦まで独身を通してきましたが、実は淫乱熟女です

この体験談は約 4 分で読めます。

還暦を迎え、大学の図書館を定年退職したんです。
気づけばお婆ちゃんという年齢になってしまいました。
職場ではお堅いおばさんだと思われたと思うんです。
職場の同僚には、「永遠の処女」と噂されていました。

「華詠ちゃんって可哀想。彼氏がいれば人生の喜びが倍になるのに。子どもがいたら4倍になるわよ」

などとも言われましたが、独身を通しました。
だけど、寂しいと思ったことは一度もありません。
自分で言うのも変ですが、職場では多くの先生方や学生さんから慕われもしてきました。
充実した社会人生活を送れたと思います。

そして、私にはもう1つ裏の顔があるんです。
実は、私は淫乱なんです。
六十路を迎えた現在でも、私には3人のセフレがいます。

1人は、私が定員削減で解雇されそうになった時に、定削撤回闘争を指揮して、私の身分を保証して下さった組合幹部の先生。
この方は、決まったように、その方の車の中で、私を十分に愛撫して快感に導いてくださったあと、私のショーツの上に射精するというパターンです。

2人目は、山歩き同好会で知り合った46歳の男性。
10年前に浮気なさった奥さんの相談を受けて親しくなって、大人の関係に。

3人目は、実は同僚だった男性。
この方が奥様と離婚なさる際に相談に乗ったことから親しくなって、今では中出し不倫を毎週のようにしてくださる40歳の妻帯者。

私はとうに生理はあがって閉経しているお婆さんですから中出しをしても構いません。
今日も40歳の方と、真っ昼間からラブホで愛し合ってきました。
私は男性の出すザーメンの匂いが大好き。
フェチと言っても過言ではありません。
終わった後も拭いたり洗ったりはしません。
ザーメンでヌルヌルのショーツの感じが大好きなのです。
もう乾きましたが、お手洗いに行ってスカートをたくし上げると、もわっと情事の名残りの匂いがして、自分がまだ女なんだということを確認できるって感じでしょうか。

60歳と言えばお婆ちゃんだとお思いでしょうが、小柄で細身で、小顔でありながらふっくらほっぺの私は五十路くらいにしか見られません。
職場では聖女で通してきたのですが、中学の時から就寝前のオナニーは欠かしたことがありません。
今でも妄想に耽ってショーツの上からお豆を撫でていると次第に感じてきて、30分くらいでアクメに達します。

それにエッチの時は、ブランド品の高価なセクシーランジェリーを身に着けていると、男性の方は生身の私の身体ではなく、その下着で興奮するようですね。
男性は目で性的興奮を覚えると言いますが、本当なんですね。

今日、ラブホに入る頃には、自分でも十分に潤っていることが分かりました。
彼は鼻の頭でショーツの上からグリグリお豆を刺激しながら・・・。

「華詠さん、いい匂いがする」
「感じますか?どこが感じるのですか?」
「また滲んできましたよ」

彼の言葉責めに私はますます感じてきて、声が出るようになります。
この声も、私のチャームポイントだってみなさん仰ってくださいます。
彼が私のショーツを脱がせて、私も彼のボクサーパンツを両手で拝むように下げますと、ピョンとおちんちんが飛び上がります。
玉からアナルまで舐め回し、先端から銀の雫が糸へと引いていく頃には私のお股の下のシーツも濡れ濡れになっています。
竿から鰹節のような匂いがするようになると、彼の興奮の頂点が近いので挿入してもらいます。

そのときは色んなシチュエーションを想定して、演技をしながら興奮度を高めます。
今日は、お互いに配偶者がいる、女教師と車の営業マンという設定でしました。

「ダメダメ、お願い、許して、いや・・・」

「先生、こんなになってて、まだ感じてないって言うんですか?」

そんな感じで卑猥な言葉を出しているうちに私も快感に溺れて、彼が絶頂に達しました。
そのあとは、いつものように私のクレバスから流れ出る液をビデオで撮影していました。
股間だけなら、20歳代も60歳代も大して変わりませんからね。
彼だけがお風呂に入って、私は彼の精液が染みるように、そのままショーツを穿いて、次にお目にかかる約束をして帰ってきたのです。

46歳の方との場合は、徹底的に快感を感じるように愛し合います。
ですから必ずしも中出しで終わるとは限りません。
組合の先生は、昔から私のショーツの上に出すのですが、これが意外と気持ちいいのです。
お豆を布地の上から亀さんの頭で比較的長い時間刺激しますし、匂いが一番よく分かります。
そうなんです、私って淫乱な上に汚れフェチな、アブノーマルな淫乱お婆さんなんです。

これから夕食の支度ですが、そのあとはお風呂に入らないまま、昼下がりの情事を思い出しながらオナニーしようかな。
電マやローターなどのアダルトグッズを使わないで、指だけでお豆を触るというのが、いくつになってもエッチに新鮮な反応することが出来る秘訣だと思っています。

こんな還暦のお婆ちゃんでよかったら、秘密厳守の上で、後腐れなく中出ししてくださる方、おいでですか?
私、性の汚れを知らない聖女のような女性というイメージを壊したくないものですから、私生活での関係性のない殿方と情事を希望しています。