2人のエロ熟女と1人のウブ熟女

この体験談は約 5 分で読めます。

隣県の関連会社に出向したときのこと。
自分は32歳でアパートで一人暮らし。
いつものスーパーで買い物して出ようとしたとき、急いで歩いていた主婦が還暦ぐらいの超熟さんに当たって、超熟さんが転んだ。
主婦はさっさと行ってしまい、超熟さんが足を押さえている。
声を掛けて立ち上がらせたが、足を引きずっている感じ。

「タクシー呼びましょうか?」と言うと、「バスで行くよ」と。

行き先を聞くと自分のアパートに近くの団地に一人暮らしだって。
なので、自分の車で送っていくことにした。

車の中で話をすると、超熟さん(祥子)は旦那とは離婚していて娘が2人いて、両方とも東京に嫁いでいるとのこと。
団地で同じようなシングルばあちゃんの友達がいるらしい。
部屋まで送って行ったらお茶とお菓子をご馳走になった。
お礼に、「土日ならスーパーまで買い物に送って行きますよ」ということになった。

それから週末の夜は晩御飯をお呼ばれするようになった。
祥子の友人の『弥生』と『麻弥子』っていうばあちゃんとも一緒に食べるようになった。

夏のある日、晩御飯を食べてテレビを観ていると、祥子がお茶を入れてくれたときにノーブラの胸が見えた。
そしたら祥子が、「おばちゃんのオッパイ見せられても嫌でしょ?」と。
俺は苦笑い。

そしたら弥生も麻弥子も、「私達もノーブラよ」と。
特に弥生はエロくて、「おかずにするんじゃないの?」と言ってきた。
祥子は「おかずってなに?」と。

エロい方向に話が行ったので色々聞くと、祥子は旦那とはほとんどセックスせず、結婚してから3回ぐらいしかヤッてないらしい。
それで2人の子供を産んだのだから的中率すげー。
で、まもなく離婚したので、セックス自体の経験がほとんどないと言ってた。
それで弥生と麻弥子が、セックスの話とか男のオカズの話とかをし始めた。
祥子は照れながらも興味津々。

あるとき弥生が、「アダルトビデオが観たい」と言い始め、麻弥子も持ってきて欲しいと言い出した。
で、週末に皆で見ることに。
その日は、熟女モノやロリモノとかを持って祥子の部屋に行った。
食事してからロリモノを観始めると・・・。

祥子「何?おチンチン、咥えてるの?」

なんとフェラチオも知らなかった。
口内射精とかごっくんとか69とか・・・ありとあらゆるものを初めて見るようで、皆で祥子に色々教えていった。

そしたら弥生が、「モザイクがかかっていないのを見せたげれば?」と。

俺が、「持ってないよ。今見てるのが薄いモザイクかな」と言うと・・・。

麻弥子「たくちゃん(俺)のを見せてあげれば?」

「何でだよっ!」って突っ込むと弥生が、「私がやってあげるわよ」と。

冗談だと思ってたら結構マジらしい。
皆、お酒が入っているので酔っ払ってたのかも。

それでズボンを下ろしてチンポ出すと、弥生がすぐに握ってきた。
シャツを自分で捲り上げるとノーブラのオッパイが出てきた。
弥生がチンポをしごきながら、「ほら、こうやって男の人はオナニーするのよ」と祥子に見せる。
祥子は顔を赤くして見てる。

麻弥子「あ、ヌルヌルが出てきた!」

弥生「咥えちゃう?」

俺「本当に咥えるんだったら最後までやって」

弥生「いいよ」

そう言って弥生が咥え始めた。
結構上手だった。

俺「何年ぶり?」

弥生「もうン十年ぶり・・・美味しい・・・」

フェラチオしまくり。
俺が「出そう・・・」と言うと、横から麻弥子が、「口に出しちゃいな」と言うのでそのまま発射。
弥生はそのままごっくんしてくれた。

麻弥子が、「あ~いいなぁ~」とエロ全開。

弥生に「大丈夫?」と聞くと、「久しぶりの精子の味・・・おいしい」と満足げ。

祥子「飲んだの?飲んだの?ビデオみたい・・・」

祥子は男が発射するとこも見たことがないらしい。
一発では収まらないので、「麻弥子さんもしゃぶってよ」とチンポを顔の前まで持っていくと、「いいよ」とすぐにしゃぶってくれた。
麻弥子にも口内発射すると、「ほれ・・・」と祥子に口の中を見せたあと、ごっくんしてくれた。

祥子「どんな味?」

麻弥子「ちょっと苦いかな」

祥子「変な味?」

弥生「臭みがあるんだけど、慣れると美味しいよ」

なんて2人で祥子に教えてあげてた。

俺「やってみる?」

祥子「いやいや、できないよ」

さすがに祥子は断ってきた。
すると弥生が、「え?もう1回できるなら私やりたい」って言うので、「さすがに3発は無理だよ」と。
それからしばらくの間、弥生と麻弥子に週末は口抜きしてもらった。

で、あるとき、いつものように弥生と麻弥子に口抜きしてもらっていたが、麻弥子に1発目を口抜きしてもらったあとで、「自分ばかり気持ちよくなってズルい」と麻弥子が言い出し、「こっちも気持ちよくして」とスカートを捲ってパンツのオマンコの辺りを見せてきた。
ごっくんしたあとで、よく見るとマン汁で濡れていた。

「弥生は?」と聞くと、同じようにスカート捲って、「ほら、濡れ濡れ」と。

俺「どうする?」

弥生「入れて欲しい」

俺「じゃあ2発目は入れる?」

弥生「うん」

俺が、「ゴム買いに行かなきゃ」って言うと・・・。

麻弥子「いらない、いらない。生で入れていいよ。なんなら中で出してもいいよ」

弥生「こんなばあちゃんだから心配ないから」

俺「ここでやるの?」

弥生「そう、祥子さんに見せてあげないとね」

俺「マジで?」

麻弥子「いいじゃない、たくちゃんのチンチンは皆のものだから、今さら恥ずかしいもないでしょ」

弥生「さ、早く」

急かされて裸になり、弥生も裸になってチンポを咥えてきた。
勃起してきたら弥生が足を開いて「舐めて」と言うのでクンニしていたら、横で麻弥子が、「これがクンニリングスっていうのよ」と祥子に教えていた。

弥生「もう、入れて、入れて、我慢できない」

そして挿入。
弥生はよがりまくって、「気持ちいい、気持ちいい~、もっと、もっと突いて」と叫び始めた。
出そうになったので、「イキそう、どこに出す?」と言うと、横から麻弥子が「顔!顔!」と言うので、チンポを抜いて弥生の顔に持って行ってぶちまけた。
祥子は発射を初めて見たとのことで、目をまん丸にして見ていた。

それからは弥生と麻弥子に1発目は口抜き、2発目はセックスで。
フィニッシュも顔、口、胸、腹、中出しと色々やらせてもらった。
そんなわけで弥生と麻弥子とはやりまくりになったが、祥子は見てばかり。

あるとき麻弥子が、「咥えてみる?」と、祥子にフェラチオを勧めた。
祥子は「いやいや」と言うが、俺も「そろそろヤッてみようよ」と促して、「まずはオッパイ出そうよ」とシャツを捲ってオッパイを出させた。
麻弥子にしゃぶってもらっている間に祥子のオッパイを舐めた。
麻弥子の口に出した後、弥生とセックスするときに弥生に女性上位になってもらって、祥子を俺の顔面に跨がるように座らせてマンコを舐めてやった。
弥生の膣中に発射したあと、3発目として祥子の顔にチンポを持っていってお掃除フェラさせた。

次の日からは祥子にフェラチオを教えることになって、何度もしゃぶらせた。
口に発射したときは「苦っ」と言って吐き出したが、だんだん慣れてきて飲むようになった。

そこからは祥子もセックスの仲間入りするようになった。
最初、入れたときにはしかめっ面していたが、だんだんと気持ち良くなってきたみたいで、「あんっ」と喘ぎ声も出すようになってきた。
フィニッシュは中出し。
これで3人のセフレをローテーションでセックスできるようになった。

そこからは祥子も淫乱になって、金曜日の夜に2人とセックスして、土曜の朝はもう1人が朝立ちフェラからセックスまでローテーションでやるようになった。

何度か4人で温泉旅行に行ったこともある。
叔母3人と甥ということで(笑)
露天風呂付客室という豪華なところに宿泊して、風呂にみんなで入って、やりまくりの旅をした。
出向期間が終わって3人とは別れたけど、いい思い出です。