妻にそっくりな元カノとのセックスを想像しながら

この体験談は約 3 分で読めます。

昨年秋のある土曜日、法事があって実家へ帰った。
土曜はそのまま実家に泊まり、日曜の午前中に帰路に就いた途中のコンビニで・・・。

「新関君・・・ですよね・・・?」

25年前、大恋愛の末、高校卒業と同時に進路の違いで別れた元カノを見て驚いた。
妻にソックリだった。
ここで元カノとの浮気といきたいところだったが、残念ながら現実はそう簡単ではなかった。
何しろ元カノは高校生くらいの娘さんと一緒だった。
挨拶だけで別れた。

帰宅して妻を見た。
妻は3歳年下の40歳、元カノに似た清純系の熟女で、改めてその美しさに気付き、思わず抱き締めた。

「ちょ、ちょっと何?明るいうちから。子供達が帰って来るわよ・・・あ・・・あん・・・やん・・・はあ・・・」

妻の股間を刺激すると、膝から崩れ落ちていった。
スカートを捲り上げ、濡れた肉穴に後ろから肉茎をねじ込んだ。

「ああん、ああん、あ、あ、あ、あ、ああーーーー」

素晴らしい快感・・・。
妻の肉穴はこんなにも素晴らしく、妻のよがる顔はこんなにも美しいのかと、そこに元カノの顔を重ねて腰を振った。

カチャカチャッ・・・。

自転車を停める音がした。

「あ、帰って来やがった。続きは夜な・・・」

そう言って一度離れると、妻はヨロヨロと立ち上がり・・・。

「あーちょうどいいところに帰って来たわね。ちょっとお留守番してて。パパとお出かけついでにお買い物に行って来るから」

(え?そんなの聞いてないけど・・・)

妻に手を引かれて車に乗り込んだ。

「ねえあなた、もう私、火がついちゃって我慢できない。どこかラブホテルでいいから抱いて・・・」

美しく色気のある横顔が火照り、少し恥ずかしそうに俯いていた。
ラブホテルなんて、結婚前に妻と行って以来だった。
そそくさと裸になり、2人でシャワーを浴びて抱き合った。
すでにヌルヌルの妻の肉ビラをじっと見て、夫婦の歴史を感じていた。

「ねえ、いつまでも見てないで・・・早く・・・」

妻が俺の肉茎にしゃぶりついたので自然に69になり、妻のヌルヌルの肉ビラを開いて肉豆を吸った。

「ひいん!ひいい、きもーーーー、だめだめだめーーー、ひいーー」

いつもは優しく舌で撫でている肉豆を吸いながら撫でたら、妻は狂ったように感じて身を翻して俺から逃れた。

「はあはあ、早く入れて・・・早く、お願い・・・」

挿入した妻の肉穴は熱く肉茎を包み、うねるように肉茎を引き込む。
妻は全身を強張らせて激しく感じて、あっという間にイッてしまった。

「あなた・・・ごめんなさい・・・私、我慢ができなくて先にイッちゃった・・・少し待っててね・・・」

しばらくグッタリしていた妻は、仰向けになって足を開き、両手で肉ビラを剥き拡げる淫らな格好になった。

「あなた、落ち着いたから、どうぞ・・・」

見慣れていた妻の顔が上気してとても美しく、その清純な美しさに相応しくない格好に肉茎が脈打った。
妻の肉穴に再び入って腰を回せば、妻の腰もシンクロして、お互い最小限の動きで最大の摩擦を生む。
長年の営みがなせる息の合った夫婦のセックスで抱き合い、愛し合った。

「ねえ、あなた、中に、今日は中に、そろそろ大丈夫だから・・・」

妻の名を叫びながら肉壷に精液を解き放った。
虚ろな目と半開きの口でグッタリとする妻の肉穴から抜けた肉茎に続いて、精液がドロドロと流れた。

あの日以来、夫婦の営みが倍増した。
でも時々、妻の顔に元カノの顔を重ねる時がある。
妻よ、スマン・・・。

タイトルとURLをコピーしました