転職先の熟女と一線を越えました

この体験談は約 4 分で読めます。

麻子との出会いは転職先の小さな工場でした。
得意先での研修を終え、職場のチームのリーダーとして赴任したときです。
いわゆるおばちゃんたちに混じって、ちょっと違った雰囲気の彼女が私のチームにいたんです。
私35歳、彼女は41歳の時です。

そのときは、それほど気になる存在ではなかったのですが、1年ほど経ったある日の昼休み。
ジグソーパズルを会社に売りに来たことがあり、その中に猫とか機関車の絵に混じって、ある有名な画家の絵があったのです。

それを見て、「あっ、◯◯の絵ね」と何気なくつぶやいたのが彼女でした。

おばちゃんには似つかわしくないその言葉。
それから色々話をするようになり、またよく見るとなかなかの美形。
(年齢ゆえに多少の衰えはあるんですが)
それに、まだ崩れていないプロポーション。
2人が親しくなるのには、それほど時間はかかりませんでした。

色んな話をするようになってから2ヶ月くらいして、思い切って仕事が終わってあとでカクテルも置いているカフェに誘ったら、なんとOK。

「今日は子供が塾だから2時間だけ」

そう言いながら、絵画の話や映画の話、音楽の話など、とても田舎のおばさんとは思えない楽しい会話を過ごし、2人とも盛り上がってきたのでした。

「あ、もう帰らないと」という彼女を駐車場へ送ったときに用意しておいたバラの花束をさっと差し出すと、彼女の目はきらきらと虚ろに・・・。
すかさずキスしようとしたのですが、さすがに拒まれてしまいました。

「こんな明るいところで・・・」

その日は無理強いせずに大人しく帰りました。
翌日、会社で会ったとき、気まずそうな私に「おはよう」と明るく声を掛けてくれたので助かりました。

そして、それから2週間ほど経ったときに(その間、私はずっとジクジクしてたのですが)、家で夕飯を食べ終えた頃に突然、「今、◯◯にいるの。ちょっと出てきません?」という電話が。
なんでも彼女の父親が入院してるとかで、病院の駐車場で待ち合わせです。
そこに着くと、彼女は私の車に乗ってきました。
また色々な話をして、会話が途切れたとき、「この間はごめんね・・・突然だったからドキドキして・・・」という彼女。

「じゃあ今日はいいの?」

そう言うと、下を向いてモジモジする姿が可愛くて、思わず唇を奪ってしまいました。
今度は大人しく応じてくれましたが、なんとも言えないエッチな唇で、舌を差し込んでも積極的に絡ませてきます。

「ここじゃ誰かに見られるから、どこか他の・・・」

近くの山の上を走っているドライブウェイに車を走らせ、パーキングに車を停めると、再び濃厚なキスを交わしました。
2人の唾液が舌に絡み、チュルチュルと唇を吸いあい、貪るようなキスを何度したでしょうか。
もう、真っ白なブラウスの上から豊かな胸に手を伸ばしても拒もうとはしませんでした。
ゆっくり乳房を弄って、ブラウスの上からそれとわかる硬くなった乳首を手のひらで転がすように弄りました。
絡ませた舌が微妙に呻いているようで、「ウウッウウーンン」というような声にならない声をあげます。
しかし車も結構通るし、私も彼女をゆっくり味わいたいと思ったので、その日はそこまで。

一度、壁を越えてしまった2人、もう怖いものはないような日々が始まりました。
父親を見舞う彼女と毎晩会う日が続きました。
行為もキスから次第にエスカレートしていきます。
ブラウスのボタンを外し、ブラジャーの隙間から指を差し入れ、手のひらで胸を擦りあげたり、乳首を指で挟んでしごきあげたり。
麻子は声を押し殺した「うぐっ」というような呻きをあげ、狭い車の中で身を仰け反らせます。
その濃厚なキスは、ほとんどセックスをしてるのと変わらないものでした。
こんないやらしい唇の女が他にいるのだろうか?

そんな逢引きを重ねていくうち、いよいよ私も我慢ができなくなってきました。
その日も、キスからペッティングへいつものように進み、ジーパンのジッパーに手をかけたとき・・・。

「だめっ!そこはダメ!」

その手を遮ってジッパーを外します。
最初は抵抗していた彼女も次第に力が弱くなりました。
ジーパンの前側をゆるくさせ、十分片手が入るような隙間を作りました。
そして指を滑らせ、サワサワとした恥毛をかき分けながら進むと、ヌメヌメとした感触に達しました。
長い愛撫に彼女のヴァギナはすっかり濡れそぼっていました。

(熟女の愛液はこんなにもすごいのか?)

クリトリスとおぼしき場所はもうネチョネチョです。
指を回しながらゆっくりと責め立てました。
呻きながらも、彼女は何とか言葉を発しました。

「あたしにこんなに火をつけて一体どうしようというの?」

それには答えずブラウスとブラジャーを外し、プルンとした乳房を露わにさせ、形の良いツンと立った乳首に舌を這わせました。
舌を乳首に触れさせないように乳輪の周りを丁寧に舐め回します。
彼女は切ないような吐息で応えます。
しばらく乳輪の際を舐め回してから、一気に乳首をレロレロ。

「ああああぁぁーーん、うぅぅぅぅーん、だめぇっ」

車の中ではこのくらいが限界かもしれません。
片手はクリトリスを刺激して、もう片方の手で身体を支えながら乳首を口に含みます。
でも、もう彼女が帰らなければならない時間が近づいてきました。

「もう帰らなくちゃ・・・」

ゆっくりと身体を離して衣服を整えるのを手伝います。
こうして愛欲にまみれた日々の扉は開かれていったのでした。