メガネ女医が裏スジを刺激するように何度も塗り薬を

この体験談は約 3 分で読めます。

先日、風俗に行ったら、めちゃ激しいフェラ(全然気持ちよくない&痛いだけ)をされて、結局、射精もできずに帰宅。
帰宅後に抜こうと思ったら激痛が!!!
皮を剥いて見ると、皮の内側が真っ赤にスリ切れて腫れていた。
皮膚の弱い部分をあんなに激しくされたからだ。
風呂に入っても沁みて激痛。

仕方なく、近所の病院に行って来た。
性病ではないし、皮膚科に行って受付をした。
呼ばれて入ると、43歳ぐらいのメガネの女医さん。
なんか普通の主婦って感じ。

「アソコを擦り剥いた」って言うと『??』って感じだったけど、「とりあえず、診てみますね」と言われ、ズボンとパンツを膝まで下ろした。

そのとき俺は気をつけの姿勢で、女医さんは椅子に座って診察。
チンポの30センチ付近まで顔を近づけて観察された。
ゴム手袋でチンポを摘みながら・・・。

女医「どの辺りですか?」

俺「・・・あ、皮の・・・内側・・・です」

女医「あ~、ちょっと診てみますね」

女医さんはそう言って、ゆっくりチンポの皮を剥いた。

女医「・・・あ~、これですか。これは痛いでしょう・・・これは性行為の時にですか?」

俺「あ・・・はい、・・・まぁ」

女医「包茎の方は特に皮膚が敏感ですし、彼女にも気をつけてもらわないと、ばい菌菌とか入っちゃうと大変ですからね」

俺「・・・はい」

女医「じゃあ、一応お薬を塗っておきますね」

看護婦さんは受付にいたので、女医さん自らがやってくれた。
指先に塗り薬をつけて・・・。

女医「ちょっと我慢して下さいね~・・・大丈夫ですか?痛くないですか?ちょっと沁みます?」

俺「・・・くっ・・・い、いえ、大丈夫です」

痛くしないように優しく微妙な力加減でカリ首付近に・・・。

(あ、ヤバいかも?)

って思った瞬間にはムクムクって勃起しはじめてた。
巨大化するチンポを目の前で見ていた女医さんは、『え?』っていう表情しながら、こっちを一瞬見上げた。

俺「あ、すみません・・・勝手に・・・」

女医「ふふ、大丈夫ですよ。でも痛くないですか?」

俺「ちょっと痛いです・・・けど、大丈夫です。すみません」

女医「いいですよ、塗りやすいから(笑)。・・・でも、彼女に怒られそう」

俺「いえいえ、彼女なんていませんから・・・」

女医「え?」

俺「実は風俗に行って・・・はは・・・」

女医「じゃあ、早くいい人を見つけないとね」

俺「先生みたいな綺麗な人がいいです」

女医「またまたぁ~(笑)」

女医さんはすごく嬉しそうに照れている。

(これ、いけるんちゃうの?)

俺はできるだけ話を延ばして時間を稼いだ。
その間も女医さんはずっと、何度もクリームを塗り続けている。
特に裏スジの気持ち良い部分を何度も・・・。

(わざとか?)

もうチンポは脈打つぐらいビンビン状態だった。

俺「・・・もう我慢できないです」

女医「え?」

俺「出しちゃっていいですか?」

女医「え!?ダメですよ、ダメダメッ!!何言ってるんですかー」

女医さんは我に返って周りを見渡していた。
そこで診察が終わってしまった。

女医「1週間分、塗り薬を出しておきます。もし薬が合わなかったり、症状がひどくなった時はすぐに薬を止めて、また診察に来てください」

カルテに書き込みながら、こっちを見ずに事務的なセリフ。

俺「また会いに来ていいんですか?」

女医「症状がひどくなった時は・・・です」

いやぁ~、久々にドキドキした体験でした。