ヤクザの息子にやられまくった母・前編

この体験談は約 9 分で読めます。

これは僕がまだ小学1、2年くらいの話です。

その日、僕は母と一緒に町へ買い物に出かけてました。
僕は母にねだって買ってもらったソフトクリームを舐めながら歩いていました。
ソフトクリームに夢中だった僕は前を見ていなかったためか、突然ドスンと何かにぶつかり、持っていたソフトクリームを飛ばしてしまいました。

「あ~!!!あ~あぁ~、おいおいおい~・・・」

僕の頭の上から大きな声が聞こえました。
思わず見上げると、その声の主は恰幅のいい大きな男でした。
どうやら僕はその男にぶつかったようで、男が着ていたスーツには僕が投げ出したソフトクリームがこびりついていました。

「キャァ~!!!」

母が悲鳴のような声を上げ、慌てた感じで僕の隣に来て、「す、すみません!すみませんっ!」と何度もその男に謝りはじめました。

「あ~あ~ベットリついてやがる・・・。おいおい奥さん、どうしてくれるんだぁ?このスーツ特注品で250万円はするんだぞ」

男はそう言って母を逆に睨みました。
この男は中年くらいの年齢でスキンヘッドで目つきも悪く、いわゆるヤクザのような格好の男でした。
値段を聞いた母が見る見るうちに青ざめていくのが、子供だった僕にも分かりました。

「んっ?どうしてくれるんだぁ?これもう汚れ落ちないわぁ・・・250万円弁償してもらうしかないかなぁ~」

「そ、そんな大金・・・ウチにはとても・・・」

それを聞いた母の表情はもう泣きそうな顔をしていました。
そんな母の様子を見て、当時の子供だった僕もまた自分がとんでもないことをしてしまったことを感じました。

そんな中、僕はその男のすぐ横に1人の男の子がいることに気づきました。
当時の僕の少し上くらいでしたので、おそらく小学校の高学年くらいの少年です。
体格はやや太り気味の坊主頭で、なによりも顔がそのヤクザ風の男のそっくりです。
僕は一目でこの男の子供だと分かりました。
そいつですが、どうも先ほどから何やら赤い顔で母の方をずっと見上げています。
その様子から、こいつは母に見惚れているようでした。
息子の僕が言うのもなんですが、当時の母はまだ30歳手前で、身長も高くスタイル抜群のかなりの美人でした。

少年はしばらくぼーっと母に見惚れていましたが、急にニヤリと笑い、ペロリと舌舐めずりしたかと思うと、「ねえ・・・父ちゃん・・・」と何やら父親に耳打ちしました。

「うん?・・・おお~、そうかそうか・・・」

少年の耳打ちを聞いた父親の方もニヤリと笑い、おもむろに母の方を向き・・・。

「なぁ、奥さん。弁償できないのだったら、奥さんが1つ、今からあることを聞いてもらえればこの件はチャラにしてやってもいいんだが・・・」

そう切り出してきました。

「え・・・本当ですか?それはどんな?」

母が思わず尋ねると、男は傍らにいる少年の頭をポンポンと撫でながら言いました。

「こいつはオレのせがれなんだが、どうもこいつがな・・・奥さんのことを見て随分気に入ったみたいなんだ。そこでだ。今からオレの家に来て、ちょっとの間こいつの相手をしてやって欲しいんだ」

「え・・・?」

母はその少年の方を見つめました。
母は初めて傍らにいるその少年の存在に初めて気づいたようでした。
少年の方はというと、母に直接見つめられて気恥ずかしいのか、ますます顔を真っ赤にして、「えへへ」と薄ら笑いを浮かべていました。

「この子の相手をするというのは・・・?」

母が男の方に向き直り、そう尋ねると、男の方はやや悲しそうな表情を浮かべて話しました。

「じつはなぁ・・・オレのかみさんなんだが、随分前に家を出ていったきり、ずっと戻ってきてねぇんだ。それからというもの、こいつが随分寂しがってなぁ。まぁまだ小学生のガキンチョだ。何かと母親が恋しい年頃だろぉ?そこでだっ!ちょっと奥さんにこいつの母親代わりに甘えさせてやって欲しいんだぁ。なぁどうだよ、アンタも親なら分かるだろ?」

「そ、そうなんですか。でも・・・そんな・・・」

それを聞いた母は少し躊躇いがちな様子でした。
まあ無理もありません。
今から見知らぬ赤の他人の家に行き、その息子の母親代わりになれというのです。
不安になるのは当然でした。

「なあ、どうだよ奥さん、別に大したことじゃないだろぉ?少しの間、母親としてこのガキの世話をしてもらうだけだ。簡単なことだろ?」

「で、でも・・・」

母が躊躇うように言うと、男は少し怒ったような表情を浮かべました。

「そうかい・・・嫌かい・・・。じゃあ仕方ないけどきっちり250万弁償してもらうしかないかな。とりあえず奥さんじゃ話にならなそうだから、旦那さんの勤め先を教えてもらおうかな」

それを聞いた母は青い顔になり、「そ、それは・・・ダメです・・・。分かりました。私でよければ・・・」と言いました。
それを聞いた男は明るい表情を浮かべました。

「おおっ!そうかそうか。こいつの相手をしてくれるか!!良かったなぁ、タケシ」

「うんっ!!!へへっ!へへへへへ」

少年の方もますます顔を真っ赤にして嬉しそうしています。
ただその表情は、母の全身をジロジロ舐め回すように見て、なんとなくいやらしい笑みを浮かべているようでした。

「よ~し!じゃあ奥さん、早速今からオレの家に来てもらおうか。な~に、こっから歩いて数分の所だ、すぐに着く」

男は急かすようにそう言いました。

「待ってください!一度ウチに帰ってからではダメでしょうか?息子もいますし・・・」

「あぁ~。ダメだダメだっ!!オレは今からと言ったんだ!どうもタケシの奴が待ちきれんようでな。な~に、心配しなくても奥さんがタケシの相手をしてる間はオレがその坊主の面倒を見ててやる。ほれ、行くぞっ!!」

拒否することもできない母と当時の僕は、黙ってその男の後をついて行くしかありませんでした。

男の部屋は、本当にそこから数分歩いた所にありました。
記憶が曖昧ですが、かなりの高級マンションだったと思います。

「えへへへ。姉ちゃんっ!今からオレの相手をしてくれるんだろぉ!?ほら、オレの部屋はこっちだよっ!さあ早く来いよぉ~!」

マンションに入るや否や少年はそう言い、母の腕をガッと掴みました。
母が、「ちょっ!ちょっと待って!!」と制止してるにも関わらず、グイグイと母の腕を引っ張り、強引に自分の部屋連れて行こうとしました。

「お、お母さん!!!」

少年の強引な態度に当時の僕は、母を取られてしまうような気がして、思わず母に抱きつきました。

「なんだよぉ~、お前ぇ~!!!離れろよぉ~!!!」

そいつは怒ったように言ってきましたが、僕も「やめろよぉ~お母さんを連れて行くなぁ~!!!」と言い返し、必死で母にしがみついて離れようとしませんでした。

「こらこら、坊主っ!お前の母ちゃんは今からオレのせがれと大事な用があるんだっ!邪魔をしちゃいかんっ!ほれっ、こっちに来い!!!オレがアイスでもご馳走してやるから」

僕は後ろから男に肩を掴まれ母から引き剥がされとようとしましたが、必死で抵抗していました。

「大丈夫だから・・・ケンちゃん(僕)、大人しく待ってて・・・」

僕は母の言葉に従い、「うぅ~」と言いながら母から離れました。

「へへへへ・・・ば~か!!!」

そいつは僕に勝ち誇るそう言って、まるで見せつけるようにぎゅっと母に抱きつきました。
そして、「じゃあ!姉ちゃん、オレの子供部屋はこっちだよ。早く来なよ」と馴れ馴れしく母の腰辺りに手を回して、廊下の奥にある部屋に母を連れて行きました。

「うぅ~お母さん・・・」

そいつの部屋の中に入っていく母を、なんとなく不安な気持ちで見届けていました。
僕の方はというと、そいつの父親にリビングルームに連れられました。
リビングルームに入ると、「ほれっ!アイスだっ!これでも食って大人しくしてろよっ!」と何個かアイスを渡されました。
男は特に何するわけでもなく、ソファーに座ってタバコをふかしながらスポーツ新聞を読みはじめました。
僕も仕方がないので出されたアイスをパクパク食べ始めました。

「ねぇ、おじちゃん・・・僕のお母さんとあの兄ちゃん。一体あの部屋で何してるんだよ~?」

男に対する恐怖心が和らいだ僕は、そう尋ねました。

「あぁ~?だからさっき言っただろぉ~。最近ウチのせがれが寂しがってるから、ちょっとお前の母ちゃんに一緒に遊んでもらってるんだって!」

男は僕の方を見もせず、面倒くさそうにそう言いました。

「遊ぶんだったら・・・僕が一緒に遊んであげるけど・・・、なんでお母さんなの?」

僕は素朴な疑問を男に投げかけました。
普通にゲームなどで遊ぶだけなら、なぜ同じ子供である僕ではなく、大人である母を選ぶのか意味が分かりませんでした。

「あぁ・・・あいつは少~し変わっていてなぁ。お前のような同年代のガキと一緒に遊ぶより、お前の母ちゃんみたいな綺麗な大人の女と一緒に遊ぶのが大好きなんだぁ~」

男はニヤニヤしながら、そう答えました。

「ふ~ん、変なの・・・」

僕は疑問に思いながらも、結局それ以上その男に何も聞くことなくアイスを食べていました。

しばらく経った時です。
母と少年がいる部屋から何やら声が聞こえてきました。

(えっ・・・何・・・?)

よく聞くと、それは母と少年が何やら大声で言い争ってるような声でした。
僕のいるリビングと母たちがいる部屋とはやや離れているため、ハッキリとは聞こえませんが・・・。

「何をするのっ!!!やめなさいっ!!!」

母の怒っているような声と・・・。

「ぎゃはははっ!なんだよぉ~いいじゃん~!」

少年がふざけて笑っている声でした。
母の怒鳴り声と少年の笑い声はしばらく続きました。
そして何やらバタンバタンという物音まで聞こえてきました。

「あいつ、もう我慢できずに始めやがったのか。まぁあの奥さん、かなりいい女だから無理もないか」

男はそう言ってニヤニヤと笑っていました。

「ねえ、おじちゃんっ!!!お母さんたち、さっきから何しているの?」

「あぁ!?だからお前の母ちゃんに一緒に遊んでもらってるんだろ。ほらぁ~オレのせがれ、嬉しそうにゲラゲラ笑ってるじゃんかよ」

男はまた面倒くさそうに僕の方を見て、そう言いました。

「・・・お母さんの方は何かすごく怒ってるみたいなんだけど・・・」

その声はしばらく続きました。
何を言い合ってるのかは断片的にしか分かりません。
ただ少年のほうのセリフを聞くと、「そんなことオレに言っていいのぉ~?弁償させちゃうぞぉ~」とか「ほらほらぁ~どうしたのさぁ、姉ちゃんっ!!」などと言って、怒っている母を逆にからかってるような感じでした。
しかし、終いには少年が何やらとても興奮しているような、大きな声が聞こえました。

「ほらぁ、姉ちゃん。脱がすぞぉ~。でへっでへへへへへ。オレが、ぬ、脱がせちゃうぞぉ~!!!」

(脱がす?何言ってるんだ?あいつ・・・)

まだ子供だった僕は、少年が母と何をしているのかさっぱり見当がつきませんでした。
それから少し経って、先ほどまであれほど言い争っていた母と少年の声もバタンバタンいっていた物音もピタッと止みました。
僕が疑問に思っていると、男はまたニヤニヤ笑いながら、「ふふふ、あの奥さん、とうとう観念しちまったみたいだな」と呟きました。
なんとなく嫌な予感がした僕は男に言いました。

「お母さんたちの様子を見に行ってもいい?」

「あぁ~?だめだ、だめだ!邪魔するなって言ってるだろ!」

男は即座に却下してきましたが、僕は「でも僕・・・トイレ行きたい。トイレは行ってもいいでしょ?漏らしちゃうよぉ~」と食い下がりました。
トイレに行きたかったのは本当です。
すると男は「ちっ」と舌打ちして、「分かった分かった!トイレは奥の部屋だっ!行ってこいっ!」と言いました。
僕が急いでリビングを出ようとした時です、男は僕の方を向きました。

「言っとくがな、坊主。あいつの部屋の前を通った時、部屋の中からお前の母ちゃんの変な声が聞こえてくると思うが、覗こうとするなよ。これはお前のために言ってんだからな」

「変な声?何それ?」

僕がそう尋ねましたが、男は何も言わず、「ほれ、行って来い」と言いました。

僕は廊下に出て、奥にあるトイレに向かいました。
ちょうど途中に母たちがいる部屋もあります。
先ほどまでは母と少年の激しく言い争う大声と激しい物音がしていましたが、今は特に聞こえてきません。
しかし部屋に近づくにつれ、微かにまた何かの物音と母と少年の声が聞こえてくるのが分かりました。

ジュル・・・ジュルジュチュ・・・。

「あっ・・・ンっ・・・んぅっ・・・ンっ・・・ンっ・・・あっ・・・あァっ・・・あァはぁっ・・・」

「はぁはぁ・・・でへっでへへへへ・・・」

ズチュ!・・・ジュルッジュルルルル・・・。

何かに吸い付く音と少年の激しく興奮してるような息遣い、そして僕がこれまで聞いたこともないような母の声でした・・・。
部屋の中からは止め処なく僕が聞いたことのない母の声が聞こえてきました。
それはまるで鳴いているかのような甲高い声でした。
僕はその音に吸い込まれるようにその部屋のドアを開け、隙間から中を覗きました。
その部屋は少年の子供部屋のようです。
僕の部屋よりはるかに広い部屋でした。
床には服が脱ぎ捨てられていました。
一目見て、それが先ほどまで母が着ていた服だと思いました。
その母の鳴いているかのような声を辿ると、それは子供部屋の大半を占めているベッドの上でした。
僕は視線をそちらに向けました。

(えっ?お母さん・・・裸だ・・・)

ベッドの上には、服を脱いで完全に裸になっている母の姿がいました。
その全裸の母はベッドの上で脚をM字に大きく広げた状態で座っていました。
母の表情を見ると目をぎゅっと閉じており、赤く紅潮しています。
そして体はビクンビクンと反応し、そのたびに剥き出しになっている母の大きな胸がプルプルと震えているのが見えました。

「んっ・・・あっ・・・ンっ!・・・だめっ・・・あぁ・・・あっ・・・あ!!!」

母の口からは僕が聞いたことのない、泣いているかのような声が出ていました。
僕は母にそのような声を出させているものを探しました。
それはすぐに見つかりました。
視線を下に向けると、母の開いている脚の間に何やら激しく蠢いている物がありました。
少年の後頭部でした・・・。
そいつは母の脚の間に頭を突っ込み、先ほどからジュルジュルと豪快な音を立てて、母の股間に吸いついていました。
母はイヤイヤをするように首を振り、手でそいつの頭を押しのけようとしたり、広げた脚をくねらせたりして、なんとかそいつの頭を引き剥がそうとするのですが、そいつはまるでスッポンのように母の股間から離れません。
それどころか母の脚の間で頭を激しく振って、ジュルジュウルルルルと吸い付いてました。

(あいつ、お母さんのあんな所に顔を突っ込んで何をしているんだ?)

当時の子供だった僕は少年のしている行為がさっぱり分かりませんでした。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました