近所の女の子とお医者さんごっこ

この体験談は約 4 分で読めます。

まだ中学生だった頃、近所に『まき』という仲のいい女の子がいた。
小学4年生で、特に親が仲がいいという訳ではなかったが、その子が小さい頃からなぜか懐かれていた。
お互い親が共働きということもあり、たまに遊んであげることもあったくらいの関係だ。

ある日、学校の帰りに近所でばったり会い、自分の部屋で遊ぶことになった。
いつものようにスマブラなどをやったりして遊んでいたが、お菓子を食べて休憩することにした。

その時は床に寝そべっていたのだが、まきは胸元が緩めの服を着ていたため、乳首が丸見えになっていた。
肌色とピンクが混ざったような色で先端がツンと張っていて円錐状に盛り上がっていたが、全体的にはそこまで成長していなかった。
しかし、初めて見る女の子のおっぱいに、一気に興奮するのを感じた。

そのまま5分ほど話しながらずっと観察していたが、気分は完全にエロい方向に。
どうにかして直接見れないかと頭の中で画策し、お医者さんごっこを提案することにした。

俺「たまにはお医者さんごっこしてみない?」

まき「どんなことするの?」

俺「お互いに診察し合うんだよ。お手本見せるね。こうやって自分の服を持ち上げて相手に診察させるの」

まず自分の着てるシャツをずり上げて、まきの手を胸やお腹に導く。

俺「よくお医者さんでやるでしょ?それで心臓の音とか聞くの」

まき「なるほどね。心臓の音を聞くのはどうするの?」

俺「耳をつければいいんだよ」

まきの頭を寄せ胸につけさせる。

まき「お兄ちゃん心臓の音、すごいね」

エロいことしか考えてなかったので当然だ。

俺「胸だけじゃなくて足とかもやるんだけど、今度はまきちゃんの心臓の音を聞いてみようか。服、捲ってみて」

まきが何の疑いもなく服をずり上げると、ツンと張ったおっぱいが露出した。
興奮のあまり思わず目が眩みそうになる。

俺「それじゃあ診察します」

まき「はい!」

手をお腹に当てる。
ぷにぷにで柔らかい。
女の子の体はこんなにぷにぷにしてるのか。
次に乳首に触れないようおっぱいの間に手を当てる。
心臓の音が伝わってくる。

俺「まきもちょっとドキドキしてる?」

まき「なんか緊張する」

俺「なんで?」

まき「分からないけど・・・」

まきも何かいけないことをしてる感覚があるのだろうか。
なるべく自然に、手のひらで包むように乳首に触れてみる。
初めて触れる感覚だ。
見ただけでは円錐状に張った乳首で、周りも微かに膨らんでいる程度だと思ったが、意外と結構柔らかい。

俺「痛いところはありませんか?」

まき「大丈夫です」

お医者さんぶった口調に合わせてくるまき。

俺「マッサージしていきますね」

まき「はい」

乳首に触れないよう優しくおっぱいを揉む。
想像してたよりもやっぱり柔らかくて頭がクラクラしてくる。
そして、たまたま当たったような振りをして、指で乳首に触れると思ったよりも弾力がある。
それを繰り返していくと先端がさっきよりも硬くなっていた。

俺「痛いところはありませんか?」

まき「ちょっとおっぱいが痛いです」

俺「それは困りましたね。ちょっと吸ってみましょうか」

まき「おっぱい吸うの?赤ちゃんみたい」

俺「今のうちに吸っておくと将来ミルクが出やすくなるんですよ」

まき「そうなの?」

俺「そうですよー、それでは吸っていきますね」

まきの乳首を口に含む。
優しく吸ってみると、「ちょっと待って、くすぐったい」と笑い、俺の頭を離そうとする。
負けじと抱きつき吸い続ける。
そして舌を動かし乳首を転がす。

まき「ちょっと本当にくすぐったいよー」

笑いすぎてちょっと泣きそうになっていた。

俺「ごめんごめん。優しくやるからね」

今度は乳首にかするかかすらないかぐらいの距離で舌を動かす。

まき「んふっ、やっぱ、くすぐったい」

俺「そんなにくすぐったいか?」

まきのおっぱいを改めて見ると、吸った右の乳首の周りだけ少し赤くなっている。
それがエロすぎて、弄ってもないのにちょっと出そうになってしまった。
というかもう我慢汁でベトベトで我慢できる気がしなかった。
すぐにでも出したいが、さすがにそのままは出せないので、まきに目隠しをさせることにした。

俺「今から秘密のクリーム塗ってあげるから目隠ししてもらいまーす」

まき「なにそれ、どんなクリーム?」

俺「あとで教えるから、とりあえずバンダナで目隠ししてください」

掃除の時に使うバンダナがあったのでそれを使って目隠しさせる。
おっぱいを丸出しにさせて、さらに目隠しさせている状況が背徳的すぎて異常に興奮した。
そのまま正座して服をずり上げているまきの目の前に前に膝立ちし、速攻でズボンとパンツを下げた。

俺「今から秘密のクリーム出すから絶対に動かないでね」

まき「クリームってどんなの?」

俺「すぐ出すからちょっと待ってて」

そしてシゴき始める。
あまりにも興奮しすぎていたため、ものの10秒ほどで出た。
思いっきり出た精子は、まきのおっぱいとお腹、そしてスボンにも思いっきり掛かってしまった。

まき「なんか掛かった?」

俺「クリームだよ。まだ動かないでね」

俺が言い終わる前にまきはバンダナを取ってしまった。
勃起したチンコ丸出しの俺を見たまきは、しばらく固まったままだった。