濡れた制服と下着を脱がして激しく求めあった

この体験談は約 7 分で読めます。

一昨年の夏、俺はサッカー部で彼女は部のマネージャーだった。
同い年の子で、高校入って2年目の夏休みに一緒に花火見に行って付き合うことになった。
外見は新垣結衣に似てるって言われるけどあんなに美人ではない。
でも中の上位ではあると思う。

最初は部内っていうこともあって、周りには隠しておいたんだ。
意外と隠し通せるもので、一緒に公園デートするのが定番で、半年後に俺の部屋で童貞と処女を二人で卒業した。
彼女、痛がってたけど我慢してくれた。

「俺のこと大好きだから痛いの我慢する。一気に入れて」って言われたのは一生の思い出になるだろう・・・。

ところでうちの高校の近所にはもう一つ私立高校があって(うちは公立)、そことはダービーマッチみたいな感じで試合をするとすごく盛り上がるんだけど、何度か試合をするうちに相手のキャプテンとも仲良くなった。
仲良くなった頃はお互い平部員だったんだが、3年の頃はお互いキャプテンになってた。
偶然、そいつもマネージャーと付き合ってたっていうのも仲良くなった原因の一つだと思う。
何度か一緒にダブルデートみたいなこともしたし、一緒にディズニーに行ったりもした。

その彼女はうちの彼女と違って幼い感じの子なんだけど、意外としっかりしてるんだ。
外見は宮崎あおいにかなり似てる。
大手プロダクション(?)のスカウトもされたらしい。

サッカーもライバルだし、学校自体も私立と公立で対抗心あるし、お互いの彼女もマネージャ同士ってこともあって、心の中ではライバル心メラメラだった。
普段は仲良いけどサッカーの話になると、彼女同士で「うちは絶対負けない」とか張り合うし。
まあ俺のために言い合いしてくれる彼女はめっちゃ愛おしいんだけど(笑)
男同士はそんなことあんまり気にしないけど、相手の彼女がめちゃ可愛いのが少し妬けてた。

それからは彼女とは家族ぐるみで仲良くなって、まさに猿みたいにやりまくった。
姉ちゃんが帰ってくるの気づかずにドア蹴られたのは良い思い出(爆)。
後で小一時間怒られたけど、親には内緒にしといてくれた。
良い姉を持って幸せ。

で、去年の夏・・・。
部活最後の試合でその私立のサッカー部と試合をすることになった。
引退試合は毎年そことやるのが恒例なんだ。
その前あたりに何度目かのダブルデートの途中、その話になって、やっぱり引退試合っていうことでその話題で盛り上がって。
俺は、またいつもの言い合いしてるよ~とか思ってたんだけど、話がちょっとおかしな方向に。
彼女同士白熱しちゃって、お互い絶対勝てるって主張し合って、俺の彼女が、「それじゃあ負けた方は負けた印にその場でバケツの水かぶることにしようよ。うちは絶対負けないし」とか言い出した。
俺はおいおいと思ったんだが、相手の彼女も、「いいの?俺君の彼女、生き恥さらすことになるよ(笑)」とか言い出してどうしようもない状態に。
相手の彼氏も「それはやりすぎだろ~」って説得したんだけど火に油状態で、負けた方はバケツの水をかぶることに。

そう決まると俺も彼女のためにも負けられないし、友達とか家族も見てる前でそんな可哀想なことさせられない。
彼女も後日ちょっと焦ったみたいで、「絶対勝ってね」って涙目で訴えられるし・・・。

ちなみに実力は相手が上で、勝率は4割くらい。
でも最近は五分五分っていう感じだった。
ポジションは俺が司令塔な感じで相手はFW。
俺は練習にも熱が入った。
その頃には彼女と付き合ってることはバレてたんだが、みんな温かく見守ってくれてた。

で、試合当日・・・。
彼女いつもはマネージャーだから体操着とジャージなんだが、なんと当日制服のまま登場。
ちなみに制服はオーソドックスなセーラー服です。

「いやいや、負けたらどうすんだ、体操着で来いよ」って言ったんだけど、「代えの服も持ってきてないから。絶対負けないっていう意気込みだよ。だから俺も絶対勝ってね」って言われた。

相手の彼女はもちろん体操着、夏なのに上下ジャージ。
試合前にちょっと話したんだけど相手もびっくりしてた。
でも相手の彼女に、「負けても許してあげないからね」って釘を刺された。
正直、どんだけプレッシャーかけんだよ、と思った。
制服薄手だし、水なんてかぶったら透けまくりだろ・・・。
チームメイトも事の成り行きは知っていて、彼女の格好にはびっくりしてたけどモチベーションは上がって、彼女のために絶対勝とうって士気はめちゃ上がった。

で、試合開始。
相手は冷静だけど、こっちはやる気満々でみんな攻めまくり。
前半すぐに俺の華麗なドリブル&パスから点を取って盛り上がった。
彼女も超喜んで、点取ったやつは彼女とハイタッチしてる。

(俺の彼女だぞ、殺すぞ!)と思ったけど、まあ許してやろう。

俺も興奮して相手のキャプテンを潰しにかかる。
前半は試合を完全に支配して、フリーキックで俺がさらに追加点。
みんなの前で彼女と抱き合っちゃったよ。
やりすぎた。

で、ハーフタイム。
相手のベンチを見ると相手の彼女、完全に顔がこわばってるのがわかった。
チームメイトも勝ったら相手の彼女が水かぶるのは知ってたし、めちゃ美人なのも知ってる。
視線が痛かっただろうなあ。

で、後半、相手の勢いが全然違う。
後で聞いた話では、相手の彼女が泣いて訴えたらしい。
相手のキャプテンも俺が潰しにかかってたのもあったせいか、あり得ないくらい激しいアタックしてくるし。
逆にうちらは2点リードっていうこともあって浮足立ってた。
立て続けに相手のキャプテンに2点決められて絶体絶命。
俺唖然。

(DF何やってんだよ、帰れ)って思った。

サッカーは追いついてきた方が断然有利。
1点目は余裕があった彼女も、2点目が決まった時はもう完全に真剣な顔になってた。
声張り上げて応援してくれて、みんなで守ってなんとか失点を防ぐ。
こうなると防戦一方。
相手は馬鹿みたいにシュート打ってくるし、何度も危ない場面を切り抜けた。
逆に相手の彼女はノリノリでめちゃ応援してる。
彼女同士は応援合戦、うちらは死に物狂いで攻撃を防ぐ。
応援してる人たちも久しぶりの熱戦に大興奮してた。
後半終了間際、俺らは全力で守りきり、カウンターで数少ないチャンス、チームメイトがドリブルでペナルティエリアに持ち込んだところで相手キーバーが足引っ掛けてファウル!
PK!!
やった!勝った!!と思った。
はよ決めろと思いながら彼女にウインク。
ところがうちのFWがPK嫌だとか言い出して、俺にボールを渡された。

(いやいや、お前FWだろ、人に譲ってどうすんだ)と思ったが、ボール返すわけにもいかず呆然。

俺、実はプレッシャーに弱いんだ・・・。
でも彼女の前でいいところ見せるチャンスだし、彼女も「決めて~」って叫んでる。
周囲の目もあって、やるしかない。
心臓めっちゃバクバク。
こんなに緊張したのは初めてエッチした時以来か。
そのエッチの相手が見守る中、シュート!
見事に外しました。
しかもあり得ないくらい大きく外して・・・死にたい。
彼女は「馬鹿ー!!」って叫んでるし、みんなの目が痛い・・・。
会場中に溜め息漏れるし。
全く俺のせいじゃねーよ!って思ったんだけど、俺のせいだよね・・・。

そのまま試合は終了。
PK戦へ。
PK戦相手はキャプテンが1番手、普通にゴールを決め、そのあとお互い1点ずつ外しあって5番手が俺。
メンタル弱いのわかってるから後に回されたんだが回ってきた・・・。
こうなると会場は大盛り上がりで、彼女も相手の彼女も立ち上がって応援してる。
相手の彼女は見ていられないらしく、手を組んで祈ってる。
彼女は大声で応援してくれてる。
さっきは大幅に外したから慎重に枠を狙って打った。
でもボールはキーパーに阻まれ・・・。
緊張して狙った方向見つめてたのが悪かったんだと思う。
彼女は呆然、相手の彼女は狂喜乱舞。
俺は頭真っ白になった。
PK2回も外すなんてほとんど初めての体験。
しかもこんな大事な試合で大好きな彼女がかかってる試合で外すなんて・・・。
心底自分が嫌になった。

もう彼女と目も合わせられず、後は相手が外してくれるのを待つばかり。
相手のキッカーは普通に決め、試合終了。
俺のせいで負けました。
彼女の方を見ると完全に睨んでる・・・。
相手のキャプテンは彼女と大喜び。
相手のサポーターもすごい盛り上がってた。

合わせる顔なんてなかったけど、とぼとぼ歩いて行った。

「ごめん・・・」って謝った。

彼女は絶対怒ってる。
振られるかな?って思ったけど、「俺君、プレッシャー弱いもんね(笑)。ごめんね、プレッシャーかけちゃって、よく頑張ったよ」って言ってくれた。
なんていい奴なんだ・・・でも目が半泣きだったけど。

「じゃあ約束してくるね」って言ってバケツを手に・・・。

本当は相手にかぶせるバケツに水を汲んでる。
相手のベンチを見ると、相手の彼女も自分のバケツに水汲んでる。
彼女の背中、すごい悲しそうで、俺はやめようよとも言えず突っ立って見てるだけだった。
水を汲み終わると相手の彼女がバケツ持って、彼女に何か言ってから置いた。
彼女はしばらくバケツの中を見てたけど、意を決したように急にバケツを持って頭からかぶりました。

その光景は今も目に焼き付いてる。
バケツの水が彼女の髪の毛から、制服から全部びしょびしょにしていく。
足元には水溜りを作って、まるでお漏らししたみたい。
水は茶色く濁っていて、相手の彼女が透けると可哀想だからって砂を入れたみたい。
半分嫌がらせなんじゃないかと思うが、彼女と彼女の制服は茶色に。
当然、髪の毛や顔も砂まみれ。
本当に敗者っていう感じで、俺が悪いんだけど、見ていて惨めだった。

観客はびっくり。
いきなりマネージャーが泥水をかぶりだすんだから。
わーっと彼女の方に人が向かっていく。
写メも撮られる。
彼女は間髪入れずに自分で汲んだ水を浴びる。
2回も被るともうずぶ濡れで、一度目では制服が弾いてくれた分もあったんだけど、2回目でまるでプールに入ったような状態になった。
しかもせっかくの砂も効果を出さずにスポーツブラが丸透けだった。
制服は体に張り付いて灼熱の太陽の下で体のラインが露わになった。
相手の部員は超盛り上がって、「かっこいいよ~」とか叫んでる。
観客もひゅーって歓声を上げる。
俺は大好きな彼女が目の前で晒し者になっていくのを止められなかった。
相手の彼女は申し訳なさそうな顔でハンカチを渡そうとしてたけど、彼女はずぶ濡れのまま更衣室に走って行った。
一瞬目が合ったけど泣いていたように見えた。

彼女はすぐに出てきて(本当に着替えもなくタオルで拭いただけ)、それを見た俺は走って追いかけた。
彼女は自転車で引き離されたが、いつもの公園にいると踏んで走った。
やっぱり彼女はいた。
彼女は俺を見つけると駆けてきて、「ばかばか!」と言って俺の胸で泣いてた。
俺は「応援してくれたのにごめんな・・・」としか言えず、ただ抱いてあげるしかできなかった。

彼女はまだびしょびしょだったが制服の下の肌の暖かさが際立つように感じられた。
俺は泣きやむまで待って優しくキスをして、体を触ろうとしたが拒否られた。
公園なのにやりすぎた・・・。

俺は彼女を自転車に2ケツして自分の部屋に連れて行き、そこで結ばれた。
濡れたままエッチするのは初めてだったが、なぜか濡れた制服と下着を脱がすのは興奮した。
彼女もなぜか今までで一番って言うくらい濡れていて、俺も汗まみれで、2人で狂ったように求めあった。
あれが今までで一番気持ちよかったセックスだと思う。
俺は姉ちゃんの部屋から勝手に服を持ち出して彼女に着せ、ずっと抱き合っていた。

後日談。
写メは後から友達に見せられたけど、水をかぶった時間が短かったようで、水をかぶった決定的瞬間はなかったようで安心した。
ちょっと残念だったけど・・・。
でも、それからしばらくは彼女の水かぶり事件は学校中の噂だった。

相手のキャプテンとはそれ以来もっと仲良くなったかな。
彼女たちはもう争ったりしなくなった。
彼女にはしばらく野次られたけど、彼女とも乗り越えた感からか仲良くなりました。
でも彼女は悔しいらしく、「絶対リベンジしてやる!」と言っています。
今は受験中なんだが、彼氏同士で、合格した偏差値の低かった方は2人で公園で水をかぶることになっている。
しかも制服姿で(笑)
その話は需要があったら書きます。
まだやってないけど。