友達だった女子と酔った勢いで成り行きセックス

この体験談は約 3 分で読めます。

先週末の話である。
俺は就職して2年目。
学生時代の2つ下の後輩(K、♀)が就職活動をしているということで、俺とKとKの大学の友達(S)と、就職活動の話なども含めて3人で新宿で飲むことになった。
新宿で待ち合わせをして、西口の飲み屋に入った。
社会人になっていた俺はちょっと見栄を張って学生では行かないような店をチョイスした。

Kとは元々仲が良かった。
といっても2人で飲みに行ってもお互い彼氏彼女がいたから、そういう関係は一切なし。
当時はお互いに彼氏彼女のことが好きであったが、「もし付き合ってなかったら、絶対付き合っていたよね」とか冗談で話したりもしていた。

仕事の関係もあって1年ほどKとは会っていなかった。
バイトの時は私服で幼い感じを受けていたが、リクルートスーツも似合っていて、ずいぶん大人っぽくなった感じを受けた。

Sは次の日も朝早いということで、1次会を終えて早々に帰宅してしまった。
2人だけで2次会、安く飲もうということで赤い看板のチェーン店。
Kは、次の日は久々に何もない日ということと、就職活動のストレスもあってか、あまり強くないのに俺の2杯先のペースで注文していた。
俺は幸い(?)、前の日に後輩の配属の歓迎会で飲み過ぎていたため、あまり進まなかった。

話を聞いていると、Kは俺の入った会社が第一志望であり、内定を取った時にちょっと憧れを抱いたという。
ただし、この頃には随分酔いが回っていたので、その憧れが会社に対してか俺に対してかは不明。

11時半を過ぎて、会計をしようと席を立って戻ると、Kはすでに席でうつ伏せになって寝ようとしていた。
俺は普通に帰るつもりだったのだが、このとき邪鬼が囁いたような気がした。

(もしや、持ち帰り可?)

その期待も虚しく、Kは突然起きて「電車に乗る」と言い、半分抱えながら一緒に出た。
路線が同じで駅がひとつ隣なので送っていくことにした。
駅に着いたと思ったら見事に寝過ごしており、3つ先の駅だった。

ほろ酔いの俺が半分冗談で、「今日は帰るのか?」って聞いたら、「今日はもういい、どっか泊まる。面倒くさい」とKは言った。
前にうちに来たことがあったので、「久々にうちで飲み直すか?」と言うと、「行く行く!」と乗り気。
早速タクシーでアパートで向かう。

部屋に入るなり、Kは上着を脱ぎ捨ててブラウスになってしまった。
水色のブラがいい感じに透けていた。
どうやら彼とは2ヶ月前に別れてしまったらしく、えらく欲求不満なのか下ネタへの食いつきも良かった。
そして会話の切れ目で俺の方に寄りかかってきた。
もう行くしかないなと思い、髪を触りお尻とかを何気なく触ってみた。
拒否されることもないと確信し、揉んでみた。

「・・・っ」

声にならない声を出したので、そのままベッドイン。
つい最近まで友達だった女と成り行きでやることなんてなかったので妙に興奮した。
向うも酔っていたので感度も良く、いい声出すんだわ。

朝になって、気まずいかなと思っていると、そうでもなかった。
それどころか、お互いシラフでもう1発やってしまった。
夜とは違って、恥じらいもあってか喘ぎ声もおとなしめで、これまたギャップがあって良かった。

以上。

今日の夜にまたKと飲むんだか、どうなるんだろうか?
もうないだろうな。