弟の勃起を嗅ぎつける姉を電マで撃退

この体験談は約 3 分で読めます。

俺の姉は21歳。
どちらかと言えば美人の部類。
身長は166センチでCカップ。

俺は性欲に悶え苦しむ高校生だ。
普段は姉に対してそれほど性欲は感じないが、夢の中で姉に手コキされて夢精をしてしまったことが何回かある。

その原因は、姉の特技が俺の勃起にすぐに気づくことだ。
たとえばテレビのエッチなシーンで俺が思わず勃起すると、そっと近寄ってきてペニスを掴み・・・。

「やっぱりね。あんたはわかりやすいわ」と。

姉は俺の顔を見ているだけで勃起がわかるらしい。

おまけに姉は、俺の嗜好をほぼ完全に掴んでいる。
例えばインターネットで裸族の女の子のワレメが写っている写真を見つけ、「ちょっと、これ見てごらん」と俺に見せる。
俺は人種に関わらず、胸が少し膨らんだ少女のワレメを見ると勃起してしまう。
姉の企みがわかっていても、女の子のワレメから目を離せず勃起してしまい、姉にペニスを握られる。

また姉は俺を勃起させるために体をくっつけてきたりする。
俺が部屋で勉強しているところへ入ってきて、「あれ、ちゃんと勉強してるじゃん。感心感心」とか言いながら椅子に座っている俺の背後から腕を回して抱きつき、オッパイを押し付けたりする。
オッパイの膨らみを感じると、俺はやっぱり勃起してしまう。

姉は、俺がすぐに勃起させるのが面白いみたいだが、俺の勃起を確認するためにペニスを握るだけで、それ以上は何もしない。
(握るなら最後まで面倒見てくれ!)というのが俺の正直な気持ちだ。
心中密かに姉の手コキを望んでいるので、姉の夢を見て夢精してしまうのだろう。

つい数ヶ月前まではそんな感じだったのだが、先月、俺は家の納戸の掃除をさせられて、その時偶然、電マを見つけた。
動くのかなと思ってコンセントに差しスイッチを入れると、ぶぃぃ~んと動きだした。
俺は閃いた。
それはこの電マを姉の股間に当てて、いつもの仕返しをすることだ。

姉は、Tシャツに短パン姿で居間のソファに寝転んで雑誌を読んでいた。
俺に対して全然注意を払っていなかったので、姉にさりげなく近寄り、素早くスイッチを入れて電マを姉の股間に当てた。
俺の乏しい性知識をフル稼働させて姉のクリトリスの位置だと思われるところに当てたのだが、効果はテキメン。

姉は、「何するの!やめて!やめて!」とは言うものの、あまりの快感で手で電マを払いのけることもできない様子。

そのうち腰をビクビクと反応させはじめ、股間からはオシッコか何かわからない液体が滲み出てきて短パンを濡らし、最後は白目を剥いて失神してしまった。

俺は電マの威力にビックリすると同時に、姉がこのまま死んでしまうのではないかと心配になった。
しかし姉はしばらくすると正気に戻り、目を開けて俺を見て、「今のこと、誰かに言ったら殺す!」と言って、呆然としている俺の手から電マを取り上げて立ち上がった。
そのとき初めて、姉は自分の短パンを見て、粗相をしていることに気づいた。

「お願いだから誰にも言わないで」

姉は涙目だった。

「大丈夫だよ、お姉ちゃん。誰にも言わないよ」

俺は優しく言ってやった。
それ以来、姉は俺に優しくなり、勃起を指摘することもなくなった。

しかし、時々触ってもらえてた頃のことを思い出して、少し残念に思うこともある。

タイトルとURLをコピーしました