先輩の彼女に飲ませたり中出ししたり

この体験談は約 7 分で読めます。

大学を卒業し、就職した先が結構大きな会社だったので研修期間が長く、泊り込みの研修があった。
研修期間中、同期の間でどの女性がタイプかという話で盛り上がり、ほぼ全員が研修の講師だった人事の前田結衣(仮名)の名前を挙げた。
結衣は俺の大学の先輩と付き合っており、大学で先輩から今の就職先を勧められていた俺はこの会社に就職した。

研修3日目に俺は寝坊してしまい、「宮田さんの後輩だからって特別扱い出来ないし、何より社会人として自覚を持って研修に臨んで」と結衣にキツめに注意された。
真剣に結衣の話を聞いてるように思われたのかそのまま解放されたが、実際は短めのスカートを穿いて細く長い足が強調され、何より端正な顔立ち、厚くふっくらしたエロい唇に俺は釘付けだった。

研修も半分過ぎた頃、夜中にふらっと外に出てみると、どこかから車が来て、旅館から人が出てきて、その車に乗った。
何となく気になって様子を見に行くと、あの結衣が先輩と車の中でキスしていた。
先輩は結衣の上着を脱がせると、胸の辺りに顔を埋めて何か話し掛けており、俺はその様子を外から隠れて見ていた。
先輩は結衣の下着を全部取り、愛撫した。
それに興奮した俺は車までの距離を詰めた。

結衣の喘ぎ声は車から漏れていて、先輩はいつの間にか全裸になった。
結衣は先輩の股間に顔を埋めてフェラをし、その後、先輩は結衣を後ろから突いて車は激しく揺れ始めた。

車に近づき過ぎて、結衣と俺の目が合った。
結衣はハッ!って顔をした後、顔を下に向けて見られないようにしていたが、俺は車の揺れが終わるまで見ていた。
車の揺れが終わると結衣は足早に旅館まで戻り、俺も旅館まで戻っていった。

研修の最終日、俺は結衣の方を見ていたが、結衣はその視線を切るように顔を背け、俺と目が合わないようにしていた。
研修も終わってそれぞれの配属先に赴任し、俺は結衣と同じ本社で営業部になった。
人事関係の書類を人事に持っていくと、結衣が恥ずかしそうに俺の書類を受け取った。

それから2ヶ月経ち、1人暮らししている俺に、先輩から飲みに行かないかと誘いがあって飲みに行くことに・・・。
居酒屋に行くと、先輩と結衣がいた。
結衣は恥ずかしそうに顔を赤らめながら挨拶してきた。

「研修、お疲れ様でした」

俺はあの時のことに気づかない感じで、「お世話になりました」と挨拶した。

数時間すると、酒が弱い先輩は寝てしまい、結衣もだいぶ酔っていた。
結衣と向かい合う形で話していた俺は、あの夜のことを吹っかけてみた。
案の定、結衣は恥ずかしそうに言った。

「見てたの?やっぱり・・・」

俺は移動して結衣の隣に座った。

「誰にも言わないですよ」

結衣は恥ずかしくなったのか先輩を連れて帰ろうとしたが、先輩がグッタリしていて運べない様子。
俺は思い切って結衣に触れてみようと思い、結衣のスカートから出てる膝を少し触ってみた。
結衣は驚いた顔をして俺を見てきた。
結衣の膝を円を描くように触り、結衣の顔に俺の顔を近づけて言った。

「結衣さんの・・・思い出すと・・・」

結衣はキツく睨んできたが、すでに俺の手は結衣のスカートの中に入り、ストッキング越しに結衣の下腹部を触る。

「やめて!やめなさいっ!怒るよ!」

無視して口を塞ぐようにキスをし、舌を入れると俺を両手で突き放した。

「言うからね!こんな事して許されると思ってるの?」

俺は無言で力ずくでキスを再開し、口の中に舌を入れ続け、スカート、ストッキング、下着を押しのけて下腹部を直接触った。
結衣の息が俺の唇を避けるように漏れる。

「んあっ・・・いや!」

それでも気の強い結衣は抵抗をやめない。
両手で押して払いのけようとするので、俺は結衣の後ろに回り込み、両手を左手で後ろでに押さえ右手は結衣の下腹部を触る。
結衣の突起物を集中的に触っていると、結衣が体をくねらせて首を垂らすように大きく息を漏らした。

「いやぁ・・・!」

その時、居酒屋の店員が皿を下げに来た。
焦った俺は結衣の両手を離した。
結衣はテーブルに顔をつける形で倒れた。
店員には、「みんな酔っちゃって」みたいなことを言って誤魔化した。

店員が皿を下げ終わり部屋から出て行くと、また結衣の後ろから再開した。
今度は両手は押さえつけてないが、結衣はもう抵抗しない。
結衣の下着を膝まで下げて両手でクリや穴を攻める。
結衣は小さな声で、「もうやめて・・・」と言いながら震えて仰け反り、声を大きめに漏らした。

結衣に、「自分だけ気持ちよくなって」と言い、俺は大きくなったモノを取り出して結衣の顔にそれを近づけた。
結衣は大きく抵抗したが、両頬を右手で押さえ、結衣の口に入れて突きまくった。
このシチュエーションに興奮したことに加え、結衣が抵抗しながらも時おり舌を動かすので、1分ほどで射精した。
結衣の口の中には大量の精子が放出された。

結衣は体を後ろにずらそうとしたが、俺は頭を押さえつけて離さなかった。
すると、結衣の喉が鳴り始めた。
結衣を俺自身から離し、結衣に口を開けさせて、飲んだのか聞いた。
結衣は小さく頷いて、下を向いたまま言った。

「酷い・・・!先輩でしょ!あなたの」

俺は少し怖くなった。
そのまま先輩が起きるのを待ったが、結衣は先に帰ってしまった。
先輩が気付くと結衣の心配をしていたが、そこから1時間ほど話をして解散した。

数日後、会社で内線が鳴り、結衣からだった。
話があるとのことで、近くの喫茶店に行った。

「あの日のこと、言わないでおいてあげるから、あなたも先輩に話すようなことしないで。それに、もう二度とあんなことしないで」

そう言われたが、俺はよく覚えてない体で押し通した。

以来、結衣はだいぶ警戒しているようで俺に近づこうとしなかったが、ある日、先輩が車の修理をするので帰りの足がないから、一緒に車屋まで来て欲しいと電話があった。
俺は結衣のこともあり、了承して車屋までついて行き、先輩と結衣を乗せて先輩の家へ行った。
結衣は先輩と同棲していた。
当然結衣は、俺が家に上がるのを拒否するようなことを言ってたが、俺は先輩の好意に甘えて先輩の家へお邪魔した。
その流れで酒を飲むことになり、先輩と俺は結衣の手料理で酒盛りした。
先輩が酒に弱いことは知っていたので、先輩に沢山飲ませて潰してやった。
狙い通り先輩はすぐに寝たので、俺は結衣に近づいた。

「いや!来ないで!駄目!」

結衣の手を強引に引いて寝室に転ばせ、結衣の服を剥ぎ取って、ストッキングで結衣を後ろでに拘束した。

「やだ!やだ!何で??もう2度としないって・・・いやっ!やだぁ・・・」

征服感でいっぱいの俺は、抵抗する結衣の乳首を指で弾いた。
結衣は少し仰け反りながらも抵抗した。
さらに俺は結衣の乳首に吸い付き、股間に顔を持っていった。

「いやぁ!嫌だってば!」

舌先でクリをつつきながら指であそこをなぞる様に動かすと、結衣は体をくねらせて抵抗した。
それでも俺はやめない。

「俺のも舐めろよ」

「いや!絶対だめ!」

嫌がる結衣の顔を押さえつけて俺のを口に入れ、結衣のクリに吸い付いた。
結衣は快感からか俺のを口から離そうとするので69の体勢で俺が上になり、俺自身を結衣の口に押し当てて強引に入れた。
抵抗して抜いたり口を閉じたりしていたが、俺が結衣のクリを攻め続けると、やがて結衣も俺のを舐めたり口に含むようになってきた。
抵抗をやめた結衣に興奮した俺はすぐに口に出してしまった。
結衣が吐き出そうとするので、強めの口調で、「飲めよ、この間みたいに」と言って無理やり飲ませた。

結衣への攻めを再開し、俺のを再度口で大きくさせ、結衣に入れようとすると、結衣は体をずらして少し抵抗したが、俺がまた強めに、「動くな!自分で入れろよ」と後ろ手に縛った手を解くと、結衣は自分自身で俺を導いて入れ、声を大きく漏らした。

「うはぁぁ・・・!」
「聞こえるぞ。俺は見つかっても構わないけど」

「いや!」
「自分から入れたんだからな!お前が入れたんだよ」

「ちがっ・・・」

結衣が何か言う前に俺は激しく腰を動かして結衣の奥を突いた。
1分程度突くと、結衣は弓のように体を反らして果て、俺の首に両腕を絡めてきた。

「嫌じゃないだろ?気持ちいいんだろ?」

「違うぅぅ!駄目あぁぁぁっ!」

2度目の絶頂を迎えてグッタリしている結衣に、「後ろ向けよ」と言うと、結衣は無言でバックの体勢になり、尻を突き出した。

「また自分で入れてみろ。もっと突いてやるから」

結衣は無言で俺自身を掴み、自分の穴に導いて入れた。
後ろから突きながら結衣に言った。

「中に出してやるから受け止めろよ」

結衣は無言だったが、その息遣いは先輩に聞こえそうなほどに激しかった。
俺が限界になり、結衣の腰を思いきり掴んで、腰を押し付けるようにして射精した。
結衣は泣きながら受け止めていた。
先輩の寝てる横で結衣を犯したことに興奮した俺は、またチンコが大きくなり、泣いている結衣を仰向けにすると覆いかぶさった。

「いやだ!もう嫌だ!」

抵抗する結衣に正常位で入れ、正常位からガンガン突いてやると、結衣は大きな声で喘ぎ、俺の両腕に爪を立てながら頭を仰け反らせてイッていた。

「おい、先輩と別れろよ」

そう結衣に命令すると結衣は頭を左右に振って拒否した。

「お前が好きなんだよ」

「それは出来な・・・」

言いかけた結衣を激しく突いて、中で出してやった。

「いやぁ!駄目!ああうっ!」

事が終わると、結衣は泣きながら俺の精子をかき出していた。
その姿に腹が立った俺は、再度結衣を犯し、また結衣の中に出してやった。
今度はかき出せないように、射精後も結衣から抜かず、抱き締めたまま離さなかった。
結衣は小さな声で泣きながら言った。

「別れたらいいの・・・?」

「別れろ」

結衣は体を小さくして泣いているようだった。

翌朝、結衣は俺の家から足早に出て行き、その日は会社も休んでいた。
1週間後に内線でまた結衣を呼び出し、家に入れた。
結衣は、抵抗することもなく俺の家に来て、俺の玩具になった。
結衣に足を開くように命令すると、拒否せず足を広げるようになった。
クリを激しく舐めると、結衣はすぐに腰を浮かせては足を閉じようとする。

「閉じるな!広げておけよ!」

「はい・・・」

完全に結衣はこの命令に快感を覚えてるようだった。

「先輩とは別れたのか?」

「わ、別れました・・・」

小さな声で結衣が答えた。

「じゃ、これからは俺のだな」

「そうです・・・」

俺は嬉しくなり、正常位からガンガン突いてやった。
結衣はあの日のように、大きな声で俺の両腕に爪を立てながら頭を仰け反らせてイッていた。

「今日も飲めよ、溜まってるから凄いけど、全部飲めよ」

頷く結衣を見て、さらに言った。

「飲めって言ったら、『はい』だろ」

「は、はい」

結衣から抜き、結衣の口に大量に精子を出して、舌先で綺麗にさせて飲ませた。
2人で風呂に入り、結衣に食事を作らせた。
結衣は完全にドMになり、俺の命令1つで下半身を濡らし、最近では自慰行為まで俺の前で見せてくれるようになった。