美人OLの車内オナニーショーを覗きながら

この体験談は約 7 分で読めます。

俺はよく仕事帰りに寄り道する場所がある。
そこは元々大きな工場の社宅だった場所で、現在も2軒続きの長屋が10棟ほど残っている。
ちょうど碁盤の目のようになっていて、ちょっと太い道路があり、そこから細い枝道が何本も伸びている。
今は廃墟なのであまり手入れされていなくて、道の両わきは草が伸び放題になっている。
昼間は新聞や雑誌を読む人、シートを倒して昼寝をする人、携帯でゲームをしている人たちの、ちょうどいい車の隠れ場所になっている。
昼間はあまり来たことがないが、夜は仕事帰りに寄って“プライベートな時間”を楽しんでいる。
昼間ほど多くはないが、夜でもあちこちの枝道に車が隠れていて、お互いにプライベートを楽しんでいる。

そんな中、最近になって俺と同じ車種のミニバンが停まっていることに気づいた。
あまり他人の車は気にしないのだが、同じ車だけに、(やっぱり2列目のシートで広々とオナニーしてるのかな?)なんて、つい思ってしまっていた。
そして、しょっちゅう見掛けるようになり、3日間連続で行った時も毎日その車があった。

その隠れ場所のすぐ近くにコンビニがあり、俺は飲み物やティッシュ、たまにエロ本を買ってから行くことがある。
先日もコンビニに寄り、飲み物を買って車を出そうとした時、目の前に例のミニバンが停まっていた。

(どんな人が乗っているんだろう?)

ちょっと興味が湧いてきて、運転手が戻ってくるのを待っていた。
すると間もなく運転席のドアが開き、人が乗るのが見えた。
ルームランプの灯りに照らされていたのは男ではなく女だった。
身長165センチくらい、年齢は30代半ばといった感じの、すらっとした綺麗な熟女だった。
膝丈くらいのグレーのスカート、上は白いブラウスに水色の薄いカーディガンを羽織り、会社の事務員さんというスタイル。
見間違いかと思ったが、その車は俺が向かおうとしている方向に走りだしたのである。

俺は、(ま、まさかな~)と思いながら、少し間隔を置いて、いつもの場所に行ってみた。
ライトを消し、いつものポジションに車を停めて、あの車がいつも停まっている場所を見ると・・・停まっている!
ナンバーもさっきのと同じ!
俺はちょっと興奮してきた。

(あの女性も毎日ここで・・・いやいや、まさか・・・)

どうしても車の中を見たくなった俺は作戦を考えた。
そして、車の構造は同じだから、ミラーの死角になる場所や、車の中からは見えないポジションにそーっと行ってみようと決心した。
その時、俺のチンポは完全に勃起していた!
それでなくとも、本来オナニーをするためにこの場所に来ているのだ。
綺麗な女性が車の中でハアハアしてると思っただけで、一発抜けると思った。

(早く見たい!!)

俺はすぐに行動を起こそうとしたが、今着いたばかりでは、まだ何も始まっていないだろう。
まずは、その車を観察してみることにした。
暗闇に目が慣れてきて、車の様子がだんだん見えるようになってきた。
エンジンは掛かったままだ。
エアコンが必要だからだ。
エンジンの音があれば、足音がかき消されて都合がいい!

(今頃、あの女性はどんな淫らなことをしているんだろう?)

想像するだけで血が滾るのを感じた。
・・・約10分が過ぎ、俺はいよいよ実行することにした。
周りはもう真っ暗だ。
幸い、他には車もない。
姿勢を低くして真後ろから近づいていく。
リヤゲートの真下に辿り着いた。
胸のドキドキが痛いくらいだ。
車の横のガラスから中を見ようとすると、サイドミラーに映ってしまう。
リヤゲートのガラスからそーっと中の様子を窺ってみると、助手席のヘッドレストに取り付けられたモニターが光っていて、韓流ドラマのDVDが流れていた。
で、女性は・・・2列目のシートを倒して横座りになりモニターを観ていた。
時折ペットボトルの飲み物を飲みながら、外の様子を気にするわけでもなく寛いでいる。

(こんな所でDVD鑑賞・・・)

ちょっと諦めモードの俺。
しかも厄介なことに、ここは草ボーボーの土地だから、蚊が何匹も飛んでいる。
黙って立っていると蚊の餌食になってしまう。
俺はそーっと自分の車に戻って虫除けスプレーを身体中にふりかけ、再び女性の車に近づいた。

さっきはシートの上に横座りしていたが、この時は足を下ろしていた。
相変わらずDVDを観ているが、さっきのように飲み物を手にしたりはしていない。
車内は暗く、モニターの明るさだけが女性の様子を知る手掛かりだ。
プライバシーガラスで中は見辛いが、目が慣れてくると、これだけの明るさでも充分見えてくる。
女性が体の向きを変えたり、手や足を動かす度に、(いよいよか!)と期待と興奮が高まった。

真後ろからだと気付かれることはないが、肝心の女性の体や、何をしてるのか?がほとんど見えない。
ちょっと視線を左後ろのガラスに向けてみると、ガラスの内側に遮光性の高いシェードが吸盤で付けられていて、その周りは結構すき間があるのを見つけた。
彼女が何かアクションを起こしたら、そのすき間から中を覗くことにした。

覗いているのが気付かれでもしたら大変なので、しゃがんで少し時間が経つのを待った。
すると車体がユサユサと揺れた。
中を覗くと女性がシートから腰を浮かせているのが分かった。
頭と足で体を支えている状態だ。
DVDは観たままだ。
そしてゆっくりとグレーのスカートを捲り上げ、下半身が丸見えになるくらいの所まで上げた。
シートに座り直した女性はゆっくりと両手で太ももや下腹部あたりを擦り始めた。

(来たー!!)

韓流ドラマをオカズにしながらのオナニーショーの始まりだー!
それからはもう手の動きは止まることなく、ゆっくりとだが自分の感じやすい部分に指を這わせていた。
息遣いや喘ぎ声こそ聞こえてはこないが、エロDVDなんかで見るヤラセのオナニーではなく、生身の女性のオナニーが目の前で行われている。
しかも覗かれているとは知らずに、本能のままオナニーしている。
俺の興奮はMAXだった。
すでに手でチンポを擦り始めていた。

女性はじっとモニターを見ていた。
脚を大きく開いたりはせず、軽く閉じていて、膝下が開いている。
よくフィギュアなんかで見る、エロいポーズのような感じだ。
俺はもっと彼女を見たくなり、いよいよ左側のガラスの方に移動した。
ここからは中腰で覗かなくてはならない。

腰まで捲り上げたスカート・・・薄いベージュのパンストに包まれた白いパンティー。
横が少し細くなっていて前側には飾りのレースがある。
細くて綺麗な脚だ。
ゆっくりと触れるか触れないかくらいの力で太もも、お尻、おへそあたりの下腹部、そして時々バストの下を触っている。
決して胸を強く揉んだりはしない。
ブラウスのボタンも外してはいない。
服は整ったままだ。
ゆっくりゆっくり時間をかける・・・。

やがてDVDを観ていた眼を閉じ、切ない表情をするようになってきた。
口元が少し開き、眉間にもシワを寄せ、とても淫らな顔。
あまり体を動かすことはなく、手だけが動いている。
性感帯で感じた時に体がピクン!となると両足を閉じ、モジモジと擦り合わせている姿がとても官能的でいやらしく、見ている俺も腰がムズムズしてきてしまう。
さっきから握ってシコシコやってるチンポも、このままでは早くに限界が来てしまいそうだ。
少しセーブして擦らなければ!

彼女が、また腰を浮かせた。
そして今度はパンストとパンティーを太ももの真ん中あたりまで下げた。
シートに座っているので陰毛は見えるが、マンコは見えない。
形よく生えた陰毛がとても上品に見え、さらにこの美脚である。

もうそれだけで十分だった。
彼女がオナニーして乱れた姿を見る前に俺は射精感を抑えることが出来ず、ズボンからチンポを出して思いっきり射精した。
その精液は車の左後ろのボディーに勢いよく掛かってしまい、当たって音が出てしまったほど。
二度三度と精液が出て快感が頂点に達した時、いよいよ立っていられなくなり、音を立てないように細心の注意を払い、地面に膝をつき、四つん這いの姿勢になった。
そしてその姿勢のまま地面に向かって射精した・・・。
すごく気持ちよくて長い射精だった。

射精し終えた俺はそれでもまだ彼女の淫らな姿を見たくて、チンポを出したままもう一度車内を覗き込んだ。
彼女はまだイッていないのか、まだオナニー中だった。
真っ暗な中、モニターの光に映し出される卑猥な姿がとてもいい。
右手がクリトリスを弄び、左手はボディーの感じる場所に這わせているだけ。
時折右手の動きが少し速くなり、体が仰け反ってきて、(イクのかな?)と思ったら動きを止めている。
そしてまたゆっくり右手を動かして、体が仰け反ってきてイキそうになると止める・・・。
まるで自分自身を焦らしているようだ。
何度も何度も焦らしてイクのを拒んでいる。

俺は早々に射精してしまったことを後悔した。
こんなに綺麗な女性が目の前でオナニーをずっとしているのだ。
女性はまだ最後の声を上げていない。
エクスタシーに達した時の姿をまだ見ていない・・・。

(俺も一緒にイキたい!)

そうしようと頑張ってみた・・・が、今さっき大量に射精した俺のチンポは萎えたままで、さっきのしずくで先がまだ濡れたままでもあった。
それでも俺は彼女を覗き続けた。
イキそうになると焦らしていたが、7~8回目位の時、ついに絶頂の波が彼女を飲み込んだ!

「んあっ!あっ!あっ!あぁーん・・・あっ!」

今まで聞こえてこなかった声まで出し、大きく仰け反っている。
ほんとはまだイキたくないのだろう。
イヤイヤをするように顔を横に振っている。

「ぁあ~っ!イヤ!イヤっ!・・・あっ!あっ!」

仰け反りながら体を固くし、最後の絶頂から逃れようとしているのが分かる。
脚も固く閉じ、快感を与え続ける右手の動きを止めようとしている。
腰を後ろに引き右手から逃げようとしている・・・が、右手は止まらない!

「あぁーん・・・うっ!うぅーん!イヤっ!あっ・・・あっ!イクっ!イクっ!あぁーん・・・うぅーん・・・」

彼女は本当に切なそうな声を上げ、体をビクン!ビクン!と痙攣させながら果てた・・・。
その様子を見ていた俺は、チクショー!と思いながらも勃起せず萎えたままのチンポを擦りながら見ていて、彼女が昇り詰めた姿を見た時、勃起していないないのに、また射精した!
この時の射精は下腹部がむず痒くなるような・・・なんとも切ない感じだった・・・。

彼女は体の痙攣が収まるとティッシュでアソコを拭き、ウェットティッシュを取り出して右手の指を拭いていた。
そのティッシュは車内のゴミ箱に捨てたようだったが、窓を開けて外に捨てたなら、速攻で拾って車に持帰り、口に詰め込んでまたオナニーしただろう。

その後もまだモニターで韓流ドラマを観ている彼女だったが、飲み物を飲んだり横にあったティッシュの箱を片付けたりしている間もパンストとパンティーは上げずにそのままだった。
捲り上げたスカートは下がってきていたが、それでもまだパンストとパンティーは見えている。
彼女がシートの上に立ち膝になる・・・そのエロい姿にまた興奮した。
ようやく彼女が身支度を整えて、モニターのスイッチが切られ、車内が真っ暗になり覗きは終了した。
俺は体を低くして、その場から去った。