旅先のバンコクで出会ったエッチな女子大生2人組

この体験談は約 5 分で読めます。

昨年夏に、夏休みを利用しバンコクに行った。
学生時代から行き慣れた土地なので一人旅でも十分に楽しめる。
6日間の日程の2日目の夜に、ご飯を食べた後にクラブでも行こうかと思い、バックパッカーが集まる通りへ向かった。

通りを歩き、店を探していると、ガイドブック片手にキョロキョロと周りを見回す若い女2人組を発見!
ダメ元で声をかけると、とりあえず通りに来てみたが、どの店がいいかわからず迷っているとのこと。

「俺、今からご飯行くけど、よかったら案内しようか?」

そう言うと2人は喜んでついて来た。

バンコクに行くたびに寄っている店に連れて行き、とりあえずビールで乾杯!
話をすると、2人は大学の友達で、夏休みを利用して海外旅行でも行こうかと思い、バンコクを選んだらしい。
他愛のない話をしながらご飯を食べ、2人をクラブに案内した。
その別れ際、どこに泊まっているかという話になり、俺が某ホテルのデラックスに泊まっていると言うと、2人が「見てみたい」と言い出した。
というわけで、急遽、俺の部屋で飲み直すことに!
3人でタクシーに乗り、ホテルへ。
ホテルの前の店でお酒を買い、いざ部屋へ!
部屋に入ると2人は、「マジ、広~い」「ベッドでか~い」「お風呂豪華~」などと感想を口にする。

3人でソファに座って飲み始めると、話はだんだん恋愛から下ネタへ。
それぞれの体験人数などの話になり、暴露トークを展開していく。
2人とも、そこそこ経験をしていて、ちょっと自慢気に暴露していた。

酒のペースも上がり、2人とも最初はミニスカからのパンチラを気にしていたが、酔ったせいもあって徐々に足が開き、パンティが見え隠れし始めた!
下ネタトークもだんだんハードになり、おっぱいの形とか勝負下着の話になっていった。
やがて、騎乗位はどっちがうまいか?という話題になり、比べることに!

ミニスカの2人が俺に跨がって腰を振る!
俺としては勝負の結果などどうでも良かったが、2人が俺に跨がって腰を振り終えると、俺のズボンのチャック周辺に薄っすら染みが・・・。
もちろん、俺のではなく、女2人のやつね。

(おいおい)と思っていたら、1人がトイレに向かった!

残った1人とベッドに腰掛ける。
腰に手を回し、目が合うと同時に、どちらからともなくキス!
舌を絡ませ、よだれを絡ませ、押し倒す!
トイレには友人がいるが、お構いなしにキスを楽しむ!
舌を絡ませ、胸を激しく揉みながらパンティに手を伸ばすと、すでにグチョグチョ!
それまでは友人にバレないよう必死に声を我慢していたが、「ン、ン、ンン」と微かに喘ぎ声が漏れている。
そのままパンティに手を入れ、グチョグチョになったマンコを弄ると、我慢できなくなったのか、ついに「アン、アン!」と大きな声が部屋に響いた!
確実にトイレにいる友人にバレる音量で!

それを機に、お互いお構いなしに激しく舐め合い、脱がせ合い、69の体勢に。
お互い音が出るくらい激しく舐め合った!
ものの数分で我慢できなくなり、すぐにナマでぶち込んだ!
バックから始まり、正常位になり、最後はやっぱり騎乗位に!
もうナマであることを忘れ、お互い激しく動き、「ア、ア、ア、ヤバイ、ヤバイ」と女が喘ぎながら、最後は口に出した!
女は出したモノをすべて飲み干し、お掃除フェラまでしてくれた。
お互い何事もなかったようにソファに座り直した時、友達が真っ赤な顔でトイレから出てきた!

トイレから真っ赤な顔で出てきた友達・・・。
元の場所に座ったものの、下を向いたまま気まずい感じでちょびちょびお酒を飲んでいる。
もう一人(たった今エッチした子)は、開き直ったのか平然としている。
そのまま何事もなかったように飲み続け、1時間ほど経った頃、さっきエッチしたほうの子が座ったままウトウトとし始めた。
2人とも酔っていたし、部屋も気に入ったようだったので、「泊まっていっちゃえば?」と提案すると、「うん、そうさせてもらうー」ということで泊りが決定した。

しばらくして、エッチしたほうの子がソファに横になり完全に寝た。
すると友達のほうが重そうにしていた口を開いた。

「さっき、私がトイレに行ってる時・・・してたよね?」
「うん、聞こえてたよね、ごめんね。なんか興奮してきちゃって」

「◯◯はどうだった?上手だった?」
「うん、上手だったよ、腰の使い方とかもよかったし、すぐイッちゃった!」

「そっかぁ、私、最近してないなぁ」

友達は黙り込んでしまった。

「そうなんだぁ、俺も久しぶりだったし、まさかあんな展開になるなんて思ってなくて」
「・・・」

「ごめんね、ほんとに、あんな状況にしちゃって、嫌だったよね?」
「ううん、気にしないで、別に嫌じゃなかったよ、ただちょっと・・・」

「もしかして、聞きながら興奮しちゃった?」
「うん、ちょっとだけ」

「じゃあ」

そう言って俺は友達を抱き寄せキスをした。

「ん、ん、まっ、待って。ここだとバレちゃうし、◯◯が起きたら・・・」

「わかった、じゃああっちは?」

俺は友達をバスルームへ連れて行った。

「えっ、ここで?」

そう言いながらも満更でもない様子。

「うん、ここで。ね、いいでしょ?俺またしたくなってきちゃったし」と押してみると、「しょうがないなぁ」と言って続きが始まった。

ミニスカにワンピ姿の友達と向かい合い、抱き締め何度もキスをする。
背中、腰、お尻の順にボディラインを確認していく。
背中が弱いのか、背筋を指でスーっと撫でると「ア、アーン」と弱々しく喘ぎ始める。
俺は友達を後ろから抱き締め、キャミの上からおっぱいを鷲掴みにして激しく揉んでいく。
と同時に、うなじ、首筋に舌を滑らせた。
友達は目を半開きにして、「ウ、ウン、ア、アーン、ア」などと喘いでいる。

「鏡、見てごらん、いっぱい攻められてる姿が丸見えだよ」

言葉責をしてみると、みるみる耳や顔が赤くなっていく様子がはっきりとわかった。
今度はおっぱいを外側から乳首に向かって搾るように揉んでいく。
乳首に向かって手は進んでいくが、乳首には触れないようにして焦らしていく。
そして背中のホックを外し、一気にキャミを下ろすと、鏡にはおっぱい丸出しになった友達の姿が!

「恥ずかしいよ、見ないで」

と言いながらも感じている様子の友達。

「乳首こんなになって、すごいじゃん」と言って俺は乳首をコリコリ弄り始めた。

「ア、ア、ア、アーン、アン」

喘ぎながら友達は俺のモノに手を伸ばし、「こんなおっきくなってる」と・・・。
俺も友達のスカートに手を入れ、一気にパンティの中に突っ込むと、入れた瞬間から指が滑るくらいグショグショに濡れていた。

「ア、待って、ズルイ、アン」

お互い触りあう。
やがて友達のスカートを下ろし、俺もパンツを脱いで直接触らせた。

「こんなに、おっきく、ア、ア・・・」

友達を横向きに座らせ、「ほら、パクってしてごらん」と言うと、「うん、おっきい」と言って座り、仁王立ちの俺にフェラをし始めた。

「鏡に映って、いやらしいね」

「もっと◯◯してごらん」

そんな調教めいた言葉でいじめながら、もう一人の女が起きるまでフェラをさせ続けた。