スパンキングへの飽くなき好奇心と外国人教師

この体験談は約 4 分で読めます。

幼少からMの気がある男です。
小学生の時に川原でSM本を見つけて拍車がかかりました。
特に“ぶたれる”ことへの興味は大きく、中学になった頃に英語の辞書で『スパンキング』という単語を知り、そこには『(罰として子供の)尻を叩くこと』と書かれていました。
こんな単語があるほど海外では一般的なのかと感動すら覚えたのですが、同時に悔しさもありました。
どうして自分はそういった国に産まれなかったのかと、スパンキングへの強い憧れが捨てられず、僕はある行動に出てしまいます。

英語の授業は、海外からメアリー先生という外国人教師を招いて行なっていました。
その先生が帰国するまでの期間に、「必ずひとつ、英語で質問をするように」という課題がありました。
先に質問をしてくれた子のおかげで、先生には子供が2人いることがわかっていました。
僕は思いきって、怒って、子供のお尻を叩いたことがあるかどうか聞いてみようと思ったのです。
ただ授業中に聞くのはどうかと思い、質問の答えを記入するプリントを持って、昼休みに先生のところへ行くと、「う~ん、放課後でもいいかしら?」と職員室を出たところで追い返されてしまいました。

「お尻を叩いたことがありますか?」なんて普通は質問しないし、他の先生に相談されたらどうしよう・・・。

放課後になって、言われた通りに廊下で待っていると、メアリー先生がはなぜか特別教室のカギを持っていました。
不安を覚えつつ後をついて行くと案の定、「どうしてスパンキングなんて単語を知っていたの?」と聞かれてしまったのです。
僕の質問の内容はともかく、普通の中学生がそんな単語を知っているはずがありません。
ところが言い訳を考えていると、先生の方から、「隠さなくていいわ、興味があるのね?」と迫ってきたのです。
僕は思わず、「はい」と答えてしまいました。

すると先生はカウンセラーのように、「そうなのね、私の国でも時々いるの」と優しく相談に乗ってくれただけでなく、子供へのスパンキングについても教えてくれました。
彼女は自分の子供がそういった性癖を持たないよう気をつけていて、先生によれば、それなりに痛くないと子供が快楽だと錯覚してしまうことがあるそうです。
痣が残ったり、皮が剥けたりというのはやりすぎとしても、「可愛いからとか、泣くと可哀想だからと手加減しすぎるのも、逆に愛が足りないのよ」と話していました。

そして先生は子供の話を終えると僕に、「あなたが良ければ叩いてあげるわよ?」と言ってきたのです。
僕はそれまで親にも叩かれた経験がなく、先生にそのことを話すと、実際に痛い思いをすれば興味がなくなるかもしれないとのことでした。

メアリー先生の太ももにお腹を乗せ、学生服のお尻をキュッと上げると、パシィンといい音がして全身が震えるような痛みが走りました。
股間にも熱いものが流れてきているのがわかりました。
このままでは射精してしまいそうだったので目で訴えると、「元気な男のコだし、仕方ないわね、脱ぎなさい」とズボンを脱ぐよう言います。
言われた通りにすると、両手で優しく包み込むように股間に触れてきて、右手の指で擦り上げるように刺激されると、中学生だった僕はすぐに射精してしまいました。

それを綺麗に拭き取ったあと、先生がまた太ももに乗るように言ってきます。
ズボンを穿き直すことは許してくれず、「今度はもっと痛いわよ」と言われ、お尻を直にぶたれることになったのです。
先生の太ももに戻ると、僕の股間はたった今射精したばかりだというのに早くも勃起していました。
それを見た先生は、「スパンキングが終わるまで我慢しなさいね」と言うと、構わず僕のお尻をパァンパァンと叩き始めました。
あまりの快感に、僕は先生の太ももで2度目の射精をしてしまいました。
2度目なのでさほどの量ではありませんでしたが、先生の体を汚してしまったことを気にしていると・・・。

「問題ないわ。でもスパンキングは、そう簡単に終わらないわよ」

そう言って、先生はそのまま叩き続けるのです。
30分ほどは叩かれ続けたでしょうか。
最初は本当に気持ちよかったのですが、10分もしないうちに痛いが勝り、そこからはずっと激痛が続いて、僕は息を荒げるほど泣いてしまいました。

先生は、過度な痛みを与えることで僕の性癖が改善されるかもしれないと考えたそうで、「自分の子供にもここまでしたことはない」と言いながら、すっかり腫れあがった僕のお尻を最後にもう1回、バチンと叩きました。
ズボンを穿き直す間、泣いてしゃくりあげる自分が本当に情けなくて、(もうスパンキングなんて懲り懲りだ・・・)と思っていたのですが、メアリー先生が帰国してしまい、もう叩いてもらえないのかと思うと、残念だし恋しいのです。

大人になった今でも、あの時を超える快感はありません。
もし生まれ変われるなら、メアリー先生の子供として産まれてきたいとさえ思っています。

タイトルとURLをコピーしました